養老(小倉山841m・三方山730m)

11/13、お天気がよさそうなこの時期、山歩きしない手はない。どこか近場で・・・ということで、主人と養老へ出かけた。何度も訪れているが、今回は、山頂遊歩道をぐるりと回ってみることにした。
自宅を8時に出発。9時過ぎに滝の上の駐車場に到着。すでに何台もの車の数。身支度を整えて林道を歩き出す。青い空に色付き始めの黄葉がまぶしい。
山頂遊歩道の案内板
この分岐を左へ行くと三方山。今回は、右の林道を登る
林道から稜線を見上げる。色付きは、いまひとつ?
林道の途中にある古道の入り口
小さな案内板があった
古道は、落ち葉の絨毯。途中道が切れ落ちて
細くなっている箇所もあるが、雰囲気のある道だった
古道を抜けるともみじ峠に出る。ちょうどベンチとテーブルがある。お腹も空いてきたので、ここで早めのお弁当にする。
イタヤカエデの黄葉
落葉の絨毯
笹原峠・・・小倉山へ向かう
小倉山へと登りはじめると濃尾平野が広がる。
小倉山山頂
もみじ峠からは、丸太の階段もあるが、気持ちのいい落葉の絨毯を踏みしめながら歩く。ツゲ、アセビ、リョウブ、ブナ、などの道。[養老山頂遊歩道」と言うだけあって快適なハイキングコースだ。お天気のいいこんな秋の日は最高!
笹原峠を経て小倉山に向かう。
小倉山の山頂にはベンチとテーブル。もう少し先には東屋もあって、休憩には最適。この日は、霊仙山も見えている。
眺めを楽しんでいると10人ほどのグループが到着。我々は、東屋を出てベンチに移動。山々の景色を楽しみながら、しばしコーヒータイム。
養老山の山頂は、以前にも訪れているし、展望もよくないのでパスして、三方山へ向かう。
小倉山山頂から霊仙山方面を望む。右に見えているのは笙ヶ岳
三方山山頂。この頃にはかなり曇ってきて濃尾平野も霞んできた
三方山に着く頃には、雲が広がってきた。木曽三川の眺めもいまひとつ。
早々に下山にかかる。ドウダンツツジの紅葉が鮮やかだ。
ここから河原まで、一時間ほどの下り。途中、ベンチのある休憩ポイントから先は、ジグザグの道を下る。丸太の階段道はあまり好きではない。けっこう勾配があるが、慣れた道なので、一気に下る。河原に下りて、再び林道に出る。駐車場に戻ると、これから入ろうという車の列にびっくり。山頂の静けさが嘘のよう・・・養老の滝をお目当ての観光客の車だ。
我々も、せっかくだからというので滝を見物して帰路に着いた。
ドウダンツツジの紅葉
クサギの実
養老の滝:ここの紅葉はまだこれから・・・
山アルバムに戻る
河原に咲いていた
コウヤボウキの実
何きのこ?