11/13、14の両日、同窓会の友人たちと、曽爾方面に、ハイキングに出かけた。
一日目は、赤目四十八滝。名古屋組と大阪組が、赤目口の駅で待ち合わせ、一路四十八滝へ。私たちは、入り口から終点まで歩くことにして、一台の車を、四十八滝終点の赤目出合茶屋の駐車スペースにデポして、もう一台の車で入り口の駐車場へ・・・行こうとしたら、茶屋の女性に呼び止められ・・・駐車するかわりに、ここで入場券を購入してほしいとのこと。一人300円也。一台の車に乗り合わせて入り口へと、道を下って行く。サンショウウオセンターの入り口周辺は紅葉のシーズンとあって、、けっこう混みあっている。
不動滝から始まって、いくつかの滝を眺めながら、遡って行く。人が多くて所々渋滞するが、見上げると所々紅葉が目を楽しませてくれる。
赤目四十八滝
まず、ここから始まる・・不動滝
渓谷の紅葉
布曳の滝
朝が早かったせいで、お腹が空いてきた。時計を見るともう11時半。途中、適当な岩場で渓流を眺めながら、 お弁当にする。それぞれに買ってきたお弁当をj開く。今回は、少人数だが久しぶりの同窓会。
おしゃべりをしながら、和やかな時が過ぎる。
荷担滝
途中で引き返す人も多く、徐々に人の数も減って静かになって行く。
時折日が差して、黄色や赤に色づいた木々を美しく照らす。色付きは、まだ、ほんの少し早いような気もするが、今年は、台風で多くの葉が、散ってしまったのかもしれない。それでも、紅葉と渓流のコントラストは、美しい。
「マイナスイオンいっぱいだね!」と皆の笑顔ともども癒される。
比較的平坦な笹の道に出ると、終点も近い。
2時間あまりが、あっという間に過ぎた。最後に、ひと登りすると、赤目出合茶屋に到着。
霊蛇滝
雛壇滝
山アルバムに戻る
二日目へ