伊吹山(初秋)
9/4、低徘ミニオフで初秋の伊吹山に登った。
近江長岡の駅で待ち合わせた。私が着いた時には、すでに関西のメンバーは、到着していて、呉春さん、Mさん、もぐもぐさんの3人にお出迎えしていただいた。早速Mさんの運転でゴンドラ乗り場へ。山頂を見ると、ガスがかかっている。お天気の崩れを心配しながら、8時30分、ゴンドラが動き出すのを待って3合目に向かう。3合目のスキー場は、ススキの原に変身していた。
ハクサンフウロ、赤や白のゲンノショウコ・・・あやめの季節に来たきりで、夏をのがした今年・・・山は秋を迎えていた。3合目を少し散策してから、ゆっくりと登山道へ向かう。おおむね曇ってはいたものの、時折青空ものぞく、まずまずのコンディション。
伊吹山は、いつ来ても季節の花々が目を楽しませてくれる。センニンソウ、クサボタン、コイブキアザミ、クサフジ、キリンソウ、タムラソウ、ヤマハッカ、ワレモコウ・・・夏の花が終わり、秋の花にバトンタッチ・・・
三合目のハクサンフウロ
登山道の花々
山頂〜東遊歩道〜西遊歩道
ヤマハッカは、登山道のあちらこちらに咲いています
コイブキアザミ
アキノノゲシ
レイジンソウ
アケボノソウは一株だけ、もぐもぐさん発見
なんておしゃれな模様でしょう
霊仙山もうっすら墨絵のように
カワラナデシコも少ないが、まだ残っていました。
ニセイブキゼリ?
ワレモコウ
クサボタン・・・花の終わった後、こんな風に変化します・・・
そして、ふわふわになったクサボタン
9合目から山頂への道には、2年前のこの時期、サラシナショウマとイブキトリカブトの群生が出迎えてくれたが、今年は、花の時期が少し早いのだろうか・・・台風のせいだろうか・・・数が少なかった。そのかわり、リンドウが最盛期のようだった。
山頂近くで、後から登って来た、低徘の、友ちゃんとすみれさんが追いついた。ヤマトタケルの像の近くの草むらに腰をおろして、お弁当を開く。Mさんが、早々と済ませて撮影に行く。続いて、もぐもぐさんと呉春さん。そして私も・・・コゴメグサを見つける。今が最盛期のようだった。その近くには、ヒメフウロ。台風のせいもあるのか、サラシナショウマは少し盛りを過ぎているようだ。遊歩道にも、トリカブトは、少なかった。フジテンニンソウ、タムラソウ、リンドウは最盛期。
リンドウは最盛期
コゴメグサ・・・うっすらと紫がかっています
タムラソウとヒメアカタテハ?
登山道のもぐもぐさんと呉春さん
やっと見つけたサラシナショウマとトリカブトの
2ショット
サラシナショウマの群生・・・もう終わりかな・・・?
クサフジも花期が長い
東遊歩道から西遊歩道を回る。中央遊歩道は、工事中で通れなかった。
山頂に戻って、ヤマトタケルの像のところで記念写真を撮り、再び登山道を下り始める。
ついついお花に呼び止められて道草をする。
5合目で休憩中に追いつき、空が暗くなってきたので先を急いだ。
3合目少し手前で、ポツリ、ポツリ・・・傘をさしてゴンドラ乗り場へ。ともちゃんと、すみれさんは、下まで歩きたいというのでここでお別れした。

伊吹の花の季節も、そろそろ終盤。
参加の皆さん、のんびり楽しい山歩き、ありがとうございました。
ガガイモ
ノダケ?
イワアカバナ
ヨメナ?
山アルバムに戻る
ヒルガオ
3合目付近まで戻ったら黒い雲が出てきて、遠くに雷の音も聞こえる
見渡すと琵琶湖の周辺の風景が、シルエットのように幻想的に見えた
帰り道
こんな花見つけました・・・ナスビ?
ツマグロヒョウモンの雌
2002,9/1の伊吹山