オオヤマレンゲ
モクレン科の花。深山、とくに大峰が有名で、しかも、雨の多いこの時期に咲く花なので、なかなか見られないと半分諦めていた、オオヤマレンゲ。それが、赤沢自然休養林で見られると聞き、ぜひにということで、6/20、お花好きの仲間で出かけました。
折りしも、大型の台風が近づき、天候が気になりましたが、雨も時折ぱらつく程度。時々薄日も差し、ほとんど貸切状態の赤沢自然休養林で、私たちは、念願の、オオヤマレンに出会うことができました。
今年は、花の数が少なめだということでしたが、蕾、咲き始めのもの、ちょうど開いたばかりのもの、それから、少し痛んで色がくすんだものなど、様々な表情を見せてくれました。
蕾・・・
開き始めは、バラのよう・・・
下向きに咲きます
蘂が少しのぞいているのが素敵です。みずみずしい姿。やはり、雨がお似合いなのかも・・・
此花は、開いたらすぐに痛み始めてしまうのでしょうか・・・?
盛りを過ぎ、少し色が変わり始めていますが、それはそれなりに、光を浴びて輝いていました。
開き始めの乙女・・・といったところでしょうか・・・
ヤマボウシ
オオヤマレンゲ同様、ヤマボウシもちょうどピークを迎えていました。
森の中・・・
帰り道・・・
グンバイヅル
タツナミソウ
ヤマオダマキ
ホタルブクロ
ナワシロイチゴ
チダケサシ