石巻山(358m)
2/8、アーリーバードさん、Kさんご夫妻の仲間に入れていただき、5人で、三河のオフに出かけた。
春の花を探して・・・というのがこの日の目的。三河なら、そろそろ春の花も目を覚ましているのでは・・・という期待のもとに、まずは、葦毛湿原から。駐車場に車を置き、葦毛湿原入口へ。木道は、霜で白くなっている。滑らないように進む。花たちはさすがに、この時期、まだ眠っている様子。シラタマホシクサが、ドライフラワーになっている。あっという間に木道を一周する。森の中にも花は見つけられなかった。早々に諦めて車に戻り、石巻山へ向かう。本当は、葦毛湿原から、神石山経由で石巻山へ縦走できるのだが、5時間くらいかかるようなので、これは、次の機会にしたいと思う。
しばらく走ると、石巻山が、その特徴ある姿を見せる。けっこう上のほうまで車が入れる。料理旅館が何軒かある。駐車場に車を置き、石巻神社に参拝してから登り始める。ここは、独特の植物群落があり、天然記念物にも指定されているという。なるほど、この時期でも、豊かな植生を感じる。もう少し暖かくなったらまた来て見たいと思う。日当たりのいい所に、ハコベ、オオイヌノフグリ、ホトケノザが咲いている。ありふれた花たちだが、カメラを向ける。頂上に近づくにつれ、勾配が急になる。クサリのついた、鉄の階段を登ると、山頂。あまり広くない山頂には先客が二グループほどくつろいでいる。お天気もよく、360度の素晴らしい展望だ。
葦毛湿原・霜の降りた木道
石巻山
石巻山山頂からの展望
北側
南側
山頂を後にして、春の花を探しながら駐車場まで下る。しかし、まだ2月のはじめ。日当たりのいい場所にオオイヌノフグリとハコベが少し、可愛い花を咲かせているのみだった。神社の境内には、ミツマタの蕾があった。一人遅れて駐車場に戻るとアーリーバードさんがカメラを構えて撮影中。ホトケノザだった。さっそく私も・・・ありふれた花たちだが、確実に、春の訪れを感じさせてくれる。石巻山は、豊かな植生を感じさせる山。春本番になったら、様々な花が咲くことだろう。そんな頃にまたぜひ来て見たい山だ。今度は、本当に、ここから葦毛湿原まで縦走してみよう。
早春の三河に春の花を探して・・・石巻山・冨幕山・そしてセツブンソウ
ミツマタの蕾
オオイヌノフグリ
石巻山蛇穴・・・こうした石灰岩の岩山だ
冨幕山・セツブンソウへ
山アルバムへ戻る
ホトケノザ