藤原岳(1120m)’03
2003,3/23、長山さんのグループの方と低徘のメンバーで藤原岳に登った。朝、5時半、いつものように、アーリーバードさんにピックアップしていただいた。今日は、関東からつむぎさんも参加。東名阪から養老の山々がくっきりと見える。山日和になりそう。桑名で下りて、藤原町へ。半分斜面を削り取られた藤原岳の姿が近づいてくる。2年前に比べると、駐車場も増えていた。観光駐車場に車を止めて聖宝寺の登山口まで歩く。関西からのグループは、藤原山荘辺りで合流できれば・・・という予定。朝、7:10分、我々先発隊が出発。長命水を過ぎ、4合目辺りまではひたすら登る。ネコノメソウの他には花は見られないようだ。一時間ほど歩いたところで休憩。植林帯を過ぎて、潅木帯に出る頃、5合目辺り、斜面に福寿草を見つけた。可憐な黄色の花が、あちらにもこちらにも・・・しばし、撮影タイム。今日のテーマの一つは、雪の中の福寿草だが、この辺りには雪はまだまだ見られない。再び出発して、谷側が切れ落ちている斜面に入ると、見覚えのある顔。C-NAさんだ。やっと会えた。でも、我々の方が先に出たのに、撮影タイムの間に追い抜かれたのだろう。地面が凍っていて、滑りやすくなる。注意をしながら慎重に歩く。登り始めて2時間ほどで大貝戸ルートの分岐に出る。ここで、2度目の休憩をしようかと迷っているときに、下から大きな声。関西組の二人が追いついた。ここまで、我々の半分くらいのコースタイム。ここから、雪が増えてくる。アイゼンを着けた方がよさそうだが、そのまま、用心しながら登り続ける。20分ほどで9合目。また、福寿草の群生を見つけて撮影タイム。雪が溶けだして、どろどろになった道を登って、10:05藤原山荘に到着。
ネコノメソウと福寿草
藤原山荘で、早い昼食。なんと、アーリーバードさんの白ワインまで登場。おにぎりにカップヌードルとワインのランチ。
昼食後、展望丘(頂上)に向かう。下りはアイゼンが必要だろうと、早めにアイゼンを着ける。展望丘への道は、普段なら背の高い笹の道だが、この時期はまだ雪が残っていて、かえって歩きやすかった。これが溶けだしたら大変だろう。所々、落とし穴のように、足をとられた跡がある。気をつけながら進む。20分ほどで、頂上へ到着。素晴らしい眺望に感激。ここで記念撮影をして早々と頂上を後にする。11時30分頃山荘に戻る。
山頂にて
展望丘へ出発
山頂にて・・・鈴鹿の山並みが一望。遙か、能郷白山も
御池岳方面
山荘から、今度は、天狗岩を目指す。小屋の横から北へ向かう。平らに広がった雪原を進む。ここにも福寿草がたくさんあるが、雪の中から顔を出しているものは見つからない。天狗岩に近づくに連れ、雪の中に雑木林が広がる。林の中の道を進むと、天狗岩に到着。眼下に広がる、雄大な眺め。もぐさんが、「ヤッホー、ヤッホー」と何度も叫ぶ。目の前には御池岳、南方に藤原岳が三角形に見える。鳶だろうか・・・二羽の大きな鳥がゆうゆうと大空を舞っている。風もなく、ポカポカと暖かい。ずっと眺めていたい景色・・・岩に腰掛けてしばし、放心状態。
再び、出発。今度は、さらに、白瀬峠へ向かう。
8合目を過ぎると雪の道
天狗岩付近の雑木林
天狗岩からの眺め・・・ずっと眺めていたくなる
藤原岳山頂
天狗岩から30分ほどで白瀬峠に着く。ここでしばらく休憩。
こちらは、大貝戸道や、聖宝寺道と違って人も少なく、静かで、のんびりしている。いよいよ下り。
雪の道が続く。左側が急斜面になっているので歩きづらいが、アイゼンがしっかり効いていて問題はないが。20分ほどで雪がなくなる。右側が涸れた沢になっている。バイケイソウが芽を出している。セツブンソウも見られる。そのうちに福寿草がどんどん数を増してくる。あちらにもこちらにも、足下にも踏んでしまいそうなくらい。「すごいすごい」と撮影をしながら崩れやすい足下に注意をしながら進む。
突然、前方を行くグループの大きな声と共に、落石の音。後から後から崩落しているようだ。戻ってくる人を先に沢に降りてもらって、その後に続く。ここは今でも崩落が進んでいる。落石に注意しながら慎重に岩の上を進む。カメラもザックにしまい込む。1時間半ほどこんな状態で進むと、ようやく砂防ダムに出る。これを乗り越えて、ようやく、4時半をまわった頃下山終了。9時間半の山行だった。
私のような初心者でも、今日は、しっかり指示してくれる人たちと一緒で心強かった。みなさん、お世話になりありがとうございました。貴重な体験でした。
福寿草の咲き乱れる道
バイケイソウが頭を出している
セツブンソウ
最後に、見つけたのは、すみれでした
山アルバムに戻る
コースタイム
  聖宝寺登山口(7:10)−5合目(8:20)−8合目分岐(9:00)−9合目(9:25)−藤原山荘(10:00)−昼食(11:00)−山頂(11:20)−藤原山荘(11:35)−天狗岩(12:20)−白瀬峠(13:00)−沢入り口(14:20)−砂防ダム(16:20)−下山(16:45)
山頂へ
マルミノウルシ(トウダイグサ科)