TOP > その他 > 平日、20時の開演



晴れた日はNRで。
 今日は良い天気だなぁ〜。クライアント先での商談を終え、ふと空を見上げて呟く。時計に目をやると18時を過ぎている。標準退勤時間はとうに過ぎているものの、定時で帰宅できるなんてそうそうありゃしない。このまま事務所に戻っていつも通りの残業タイム開始か・・・と気が重くなる。こんな晴れた日、走りに行けたらなぁ〜、なんていつも思ってしまう。・・・ええい!もうイイや!このまま遊びにいってしまえ!就業規則上の拘束時間はとうに過ぎてるんだ。誰に文句を言われる筋合いじゃぁ無い!携帯片手に弾む声で事務所に連絡。「クライアント先から直帰しますわ。よろしく!」。サラリーマンにとって伝家の宝刀、魔法の呪文「直帰(NR=No Return)」。ああ、なんて魅力的なコトバなのかしら!(笑)。
 タイを外し、スーツを脱ぎ捨て、「走り」に行こう!空がとっても青いから!



いざ、ワインディングへ。
 そうと決まれば即行動開始!高まるキモチを抑えつつ、いつもより早足で帰宅。サクッとラフな普段着に着替え、駐車場へ。盗難警報装置の解除を知らせる”キュッキュッ”という、その音さえいつもより軽快に聞こえるもんですわ(笑)。イグニッションを捻り、キモチを落ち着かせアクセルオン!VQ型エンジンと等長エキマニが奏でる小気味良い排気音を引き連れて、いつものワインディングに繰り出します。
 市街地の帰宅ラッシュを抜け、滝野線〜支笏湖のワインディングロードへと抜けます。平日のこんな時間に行くような場所じゃぁ無いので、道路はバカ空き。まるで私有専用道路状態ですわ。でも油断は禁物、ココは地元でも有名な取り締まりが厳しい場所。安全マージンを十分にとってマターリ行きましょうや。



沈む陽、ゆっくり眺めてみませんか?
 迫り来るワインディングを抜け、折り返し地点と決めていた湖畔につく頃にはオートライトのキセノンも点灯する程に、すっかり暗くなっておりました。ふと時計に目をやると・・・うむ〜、随分とトバシてしまった(笑)。予想以上に速く着いてビックリ。そしていつもなら事務所でまさに仕事をしている最中の時間。今頃、職場では皆、残業してるのかなぁ〜なんて思うとニヤニヤと口元が弛んでしまいますわ(笑)。ワタシ、仕事は大キライです。でも、その仕事があるから、この素晴らしいV35スカイラインが買えたのであるし、日々の糧も得られるワケだし。だから仕事は大切です。でも、たまには、こーゆー生き抜き必要でしょ。
 湖畔に腰掛け、日が沈む様子をマターリ眺めて過ごす。思えば最近、こんなに沈む陽をゆっくり眺めたことなんて無かったなぁ・・・なんてフト思ったりもして。平日20時って微妙で絶妙な時間。走り屋小僧たちの出没にはまだ早いし、多くの家庭ではゆっくりテレビでも観ている頃。だから、とっても空いてるんですよ、道が。深夜や早朝に走り込む人が多いですが、平日20時もなかなか趣きがあってオススメですよ(笑)。


↓Google AdSense↓


 


 2004年5月