聖地巡礼(1)

日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)訪問

2010年1月

 

 かつて堅い社風から「銀座通産省」と揶揄された日産自動車。高級商店街・銀座に堂々たる本社を構えていたことからその名が付いたらしい。2兆円に上る有利子負債返済のためには銀座本社ビル売却も避けては通れなかった。しかし、ルノーというパトロンを得た日産は、類い稀なる卓越した技術力を持ち得ていたが故に奇跡の復活を遂げる。そして「日産復活の象徴」として04年6月、総事業費420億円にも上る巨費を投じた新本社ビル計画を発表。09年8月に約2,500名もの従業員が勤務する「グローバル本社」が創業の地である横浜に完成。


 モダニズム建築の巨匠・谷口吉生氏の設計による、その堂々たる姿の新グローバル本社にある日産ギャラリーに行ってきました。

 横浜駅から徒歩5分程。ウォーターフロントに居並ぶ勝ち組企業オフィス群の一角に、日産グローバル本社はあります。船の帆をイメージしたという力強い押し出し感の社屋は一歩足を踏み入れるとSF感漂う近未来的なクリーンな景色に一変。日産のデザインアイデンティティを強く感じさせる統一感あるインテリアが目を惹きます。

 大きな吹き抜けと、開放的な窓から差し込む大量の日差しに照らされるギャラリー内。自然光がSFチックな無機質さを融解し、安心感が溢れる空間となっている点が印象的。

開放的なエントランスから一望できるグローバル本社ギャラリーは通行人の目を惹き付ける

日産グローバル本社のある横浜ウォーターフロント「みなとみない21」。横浜駅から徒歩5分の好アクセス。

Site Topindex.htmlshapeimage_1_link_0
Next ReadingGHQ2.htmlshapeimage_2_link_0