動脈硬化って何?

高田晴子
岐阜女子大学・岐阜大学医学部衛生学教室


動脈硬化とはどんなことをいうのでしょうか。動脈硬化とはそのものずばり、動脈が硬くなることをいいます。血管が硬くて弾力性がなくなりますから、同じ量の血液が流れても、血流による圧力を和らげることができず、動脈の内壁には常により大きな圧力がかかることになります。常に圧力がかかるようになると、動脈の壁がいっそう傷つき、動脈硬化がさらに進むことになります。動脈硬化は、年をとれば誰にでもやってきます。動脈壁のコラーゲンが増えたり、弾性線維が変質して数が減ったりすることによって動脈壁の質が悪くなって、分厚くなるのです。筋細胞も減りますから、やがて動脈は部分的に拡張したりして、蛇行し、その部分の血管壁は、血流の圧力をもっと強く受けることになります。

一方、年齢に関係なく進行する、いわゆる病変としての動脈硬化もあります。何かの原因で(タバコもその一つです)、動脈壁の一番表面の部分の細胞(内皮細胞とよばれる)に傷がつき、その機能が低下しているところに高脂血症があると、LDLというリポタンパクが内皮細胞を通り抜けて内膜にもぐりこみます。こうしてLDLの中にあるコレステロールが、沈着することになります。動脈硬化性病変の進行は、こうした脂質の沈着で始まり、コラーゲンや平滑筋細胞が盛り上がって、壁が分厚くなり、完成します。血液の中の脂質の濃度が高まっていると、この脂質沈着が進みやすくなるのです。
年をとることによって自然に起こる動脈硬化ではなく、アテローム(粥腫)を形成する病変としての動脈硬化は、この血中の脂質濃度の高まりによって進むことになります。川の流れを思い浮かべてください。川底に石や岩が多い場所(動脈硬化病変のあるところ)では、川の流れは激しく、方向は一定ではなくなり、渦を巻くことさえあります。もし、そこに高血圧症で流れに抵抗が加われば、心臓から送り出される血液の勢いは高まり、血流はさらに乱流となります。

こうした血液の乱流は、血管壁にさらなるダメージを与えます。傷ついた血管壁に脂質や血小板がさらに沈着し、血栓ができやすくなるのです。できた血栓は、脳や心臓、腎臓の動脈に詰まります。詰まった血管の周囲の組織は壊死することになります。これが梗塞です。
年をとることによって進行する、いわば自然現象としての動脈硬化と、病変として起こる動脈硬化の区別はつきにくく、種々の検査でも、その程度を正確に表現することはなかなかむずかしいのですが、これらの二つの動脈硬化がどの程度まで進んでいるかによって、血管のもろさや血栓のできやすさが決まります。

動脈硬化を促進する四つ子

肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症は、動脈硬化を促進する四つ子です。
これら四つの状態は、互いに関連しながら、血管の病気を引き起こします。

心筋梗塞で緊急入院してくる患者をみると、壮年の場合、体格にある共通の印象が見られます。男性、短い首、筋肉と脂肪で覆われたがっしりとした肥満体格。職業で言えば、営業、管理職、やり手で勤勉。生活面では、多い外食、不規則な帰宅時間。その他、高脂血症、濃い血液などです。

脳血管の動脈硬化が進むと、血流を調整する機構がおとろえてきます。血圧の変動がすぐに血流に反映してしまい、脳の機能にも影響を及ぼすのです。

もともと人間の脳血流には自動調節能とでもいうべき機能があります。もし、少々の血圧の上がり下がりで、脳血流が多くなったり少なくなったりすれば、少し血圧が下がっただけで頭がぼんやりするでしょうし、逆に、少し上がっても頭ががんがん痛くなったりしてしまいます。そうしたことが起こらないように、少々の血圧の変動に影響されない一定の脳血流が保証されているのですが、動脈硬化が進行すると、この調節機能も怪しくなってくるのです。

脳動脈に血栓が詰まれば脳梗塞になります。厚生省人口動態統計によると、現在、日本人の心疾患による死亡率はガンについで第二位ですが、三位の脳血管死の死亡率とは非常に接近しています。また、心疾患と脳血管による死を合わせると、一位のガンによる死とほぼ同じになります(平成9年:悪性新生物(癌および悪性腫瘍)220.4、心疾患112.2、脳血管疾患111.0/人口10万人あたり)。同じ動脈硬化性疾患といっても、日本ではこのように、脳血管死も多いのが特徴です。

さらに、年をとると脳動脈のいくつかの細い動脈に細かい血栓ができて詰まりやすくなります、脳のあちこちに細かい梗塞部分がたくさんできることもあります。これが日本人に多い多発性脳梗塞です。

多発性脳梗塞は、いわゆる「ぼけ」への近道です。高齢者の痴呆も脳血管性によるものが多い日本の現状は、動脈硬化の予防が私たちの老後の生活の質を高めるのに重要なカギであることを示しています。

肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症の増加はこういう病気を増やしています。若いうちから、体に危険因子を取り込まない生活を送るようにすることが大切です。


波の形で動脈硬化の進み具合が分かります

人によってこんなに変わる波形とは何の波形?

血管老化度を測定しようを読んでください

music by machi
音楽の無断複製を禁じます


タイトルページに戻る

2001/11/14 11:05:17;57274;vk2h-tkd;RETR;ok;/homepage/sclero.html