FT8愛好家の皆様へ

FT8運用中にこの様な高調波に悩まされたことありませんか? もしかしたら設定次第では貴方自身も高調波を発射している可能性があります。設定を見直してみましょう。
高調波はソフトウェアの設定で発生を防ぐことができます。



ただしリグをCAT制御している必要があります。

WSJT-X / JTDX の設定方法はほぼ一緒です。



MSHVも画像のとおりにしてください。


この設定によって高調波の発生を防ぐことができます。
どうぞご友人の方々と情報を共有されてください。
また一部の局では、リグに対してオーディオ入力レベルが高すぎるように思える場合があります。スプリアスが伴っている場合があります。

調整方法は次のとおりです。この方法は、JTDX / WSJT-X / MSHVで共通です。出力調整スライダーを使用します。JTDXは右上、WSJT-XとMSHVは右下のスライダーです。

1.リグの出力を100%にセットします。
2.出力調整スライダーを最大に設定します。
3.リグのディスプレイにALCを表示させます。
4.適当な周波数で送信してみます。CQでもVVV 自局コールでも何でもOK。実際の交信中に調整するのもありです。
5.リグのALCのメーターの表示を確認します。ほとんどの場合ALCが振れているはずです。
6.出力調整スライダーを少しずつ下げます。
7.ALCスイング幅がどんどん小さくなっていくか確認してください。ほとんどの場合出力自体は下がりません。
8.出力が減少する位置の直前に出力調整スライダーを設定します。
9.リグによってはバンド毎にスライダーの位置が異なる場合があります。
10.以後出力はリグではなく、このスライダーによって調整するようにします。

WSJT-X / JTDX ではバンド毎の出力を記憶させることができます。チューンボタンで出力を調整した場合はそのスライダーの位置は「FT8運用」時のスライダーの位置には反映されません。
チューンの時のスライダーの位置を覚えておいて運用時それに合わせるか、チューンを使わずFT8信号を出しながら調整を行ってください。マイナス何dBという表示がスライダーを動かした時に表示されます。

FT8信号はシングルトーンであり、単位時間あたりのCW信号と同じです。したがって本来はALCを振らせても問題はありません。(もちろん過大すぎるオーディオ入力レベルで、ALCのメーターが適正範囲を大幅に超えてしまう状態では、シングルトーンと言えども信号が歪んでしまいがちです。)ただしPCからの音声信号自体が歪んでいるとシングルトーンではなくなり、電波が歪んでしまいます。これを防ぐにはALCを振らないようにするのが最善です。
リグへの過大なオーディオ入力が防げますので「予防措置」としての設定です。

de JP1LRT Yoshiharu

カウンター カウンター