朝鮮半島にあった高麗時代の石塔

    朝鮮半島中西部京畿道利川市の利川郷校付近の小高い丘に立っていたとされる双塔のうちの1基が、1910年代に朝鮮から日本へ移送された。高さ6.48mの五重石塔で、利川五重石塔と呼ばれ、高麗時代初期のものとされている。

 この五重石塔は、20世紀初頭に、植民地政府であった朝鮮総督府から、私設博物館の大倉集古館に下付(下げ渡す)された。現在、東京虎ノ門ホテル・オークラの前にある大倉集古館の敷地内に置かれている。

移送の経緯

 日本の移送先は、東京虎ノ門のホテル・オークラの前にある大倉集古館であった。大倉集古館とは、大倉財閥の創始者である大倉喜八郎が創設した私設博物館で、1917年に財団法人大倉集古館が設立され、財団に喜八郎の古美術コレクションが寄付されて、翌年開館となった。

 朝鮮王宮の景福宮にあった李朝王室皇太子の使用していた資善堂が、1914年に解体されて大倉邸に移された。さらに1917年に集古館へ移築されて「朝鮮 館」となった。この資善堂に相応する朝鮮の名塔を入手しようと、集古館は朝鮮総督府に働きかけ、交渉の結果、利川五重石塔を取得したのである。
(移送経緯の資料)

返還運動

 その約100年後の21世紀になって、韓国の地元利川の市民が中心となって返還運動が起きた。

 まず2003年12月に利川文化院発行の『雪峰文化』誌に五重 石塔の収奪経緯が紹介された。2006年5月に石塔がテレビで放映され、2007年10月には石塔返還のための第一回市民討論会が開かれた。2008年8 月には22団体が参加して汎市民運動推進委員会が創立された。

 2009年8月から翌年5月まで署名運動が実施され、約10万筆の署名が集まった。利川市の 人口が約20万人というから、その半数に匹敵するほどの署名が集まったことになる。

 現在、汎市民運動推進委員会には、利川文化院、利川YMCA、地域元老 会議、女性団体協議会、在郷軍人会、大韓赤十字社利川地区協議会、利川市教員総連合会、利川市仏教連合会、韓国小企業小商売人連合会利川市支会、利川市 庁、利川市議会、利川市公務員労働組合など、教育・宗教・経営・労働の各界さまざまな団体が33も結集して、全市あげての返還組織となっている。

 2010 年8月27日に第一回文化財返還問題・日韓共同シンポジウムが、韓国の利川市市庁ホールで開催された。また同年11月20日に東京水道橋のYMCAホール で開催された第二回文化財返還問題・日韓共同シンポジウムにも、多数の利川市民が駆けつけた。利川市民たちは、返還後の設置場所まで用意して、返還運動に 力を入れている。

 
 返還後の設置場所


汎市民運動推進委員会のパンフ

韓国・利川五重石塔の韓国への返還について
宗教者九条の和(2011/12/19)



利川五重石塔の取り戻し汎市民運動推進経過

2003年
2003年12月:文化院発行<雪峰文化>誌に、利川郷校方五重石塔の収奪経緯の紹介を通し問題提起

2005年
2005年12月:在日韓国人金昌鎮氏利川文化院を訪問、石塔還収運動の提議

2006年
2006年5月:MBC放送局<偉大な文化遺産>プログラムで利川五重石塔の紹介(韓国文化遺産政策研究所 黄平雨 所長)
2006年10月:利川議題21が主催する文化政策教育プログラムで石塔の還収運動公式提案(韓国文化遺産政策研究所 黄平雨 所長)

2007年
2007年10月:第1回利川郷校方五重石塔の返還のための市民討論会 開催(利川議題21主催)

2008年
2008年3月:汎市民運動推進のための関連団体 代表者会議(利川文化院,議題21,YMCA,李元会,芸総,環境運動連合)
2008年4月:第2回利川郷校方五重石塔 返還のための市民討論会 開催
2008年5月:第1回、第2回 掠奪文化財 写真展示会の開催
2008年5月〜7月:石塔返還運動に関連した言論(ハンギョレ連合ニュース等)報道 ならびに 推進団 現地調査 実施
2008年6月:大田(テジョン)文化財庁訪問、文化財庁政策局長 面談、支援約束
2008年6月:汎市民運動準備委員会の構成、李相九 院長が準備委員長
2008年8月:利川五重石塔取り戻し汎市民運動推進委員会 創立会議 開催 ならびに 記念セミナー 開催(22団体の参加)
2008年9月:李相九 推進委員長 訪日 ならびに 大倉文化財団 関係者と面談
2008年9月:石塔名称“利川五重石塔”に 公式訂正(臨時総会)

2009年
2009年4月:李相九 委員長 訪日、大倉集古館の関係者と面談
2009年5月:利川五重石塔の移転設置の敷地を造成(利川アートホールの広場)ならびに 標識石の設置
2009年7月:学校に巡回教育・展示会の開催 ならびに 朴菖照教授 諮問委員委嘱,日本から菊池さん 利川訪問
2009年8月〜2010年5月:石塔還収念願 汎市民署名運動の展開
2009年8月:趙炳敦 利川市長が推進委員など日本現地の支援勢力の構築のための現地訪問 ならびに 交流推進
2009年8月:日本国内 利川五重石塔の実測および調査のための石塔関係専門家 現地に派遣(檀国大 朴慶植 教授,黄平雨 諮問委員ほか 6名)
2009年8月:利川五重石塔の映像 制作完了
2009年9月:インターネットホームページ開設(http://cafe.daum.net/2000pagoda
2009年9月:広報パンフレットの日本語版 制作
2009年10月:東国大史学科 徐仁範 教授 合流
2009年11月:KBS放送局に資料提供−印刷物,映像物
2009年11月:倉前洞住民自治委員会の訪問団、愛知県瀬戸市に利川五重石塔の広報物 持参し 現地訪問
2009年11月:利川の作家31人の“利川アートフェア”収益金の一部 支援
2009年11月:利川市役所の公務員30名、利川五重石塔の現場を視察

2010年
2010年3月:文化財庁に 利川五重石塔の還収委員会の活動報告
2010年4年20日:大倉集古館 副館長と面談、公式要望害を提出
2010年5年7日:京畿道庁 文化政策局長 訪問 ならびに 石塔還収委員会との懇談会を実施、京畿道庁が支援の約束
2010年5年13日:文化財庁の主管 第5回 民官文化財還収委員会で利川五重石塔の還収運動 事例発表
2010年5月:KBS1ラジオ放送のインタビュー、原州MBC放送局の創社40周年記念であるドキュメント<文化財の受難史>制作のための撮影 2回
2010年6年2日:公式要望書に対する大倉財団の立場を確認(電話通話)
2010年6年4日:石塔の搬出経緯と関連した総督府と大倉集古館の間の書信往来原本の資料を確保(国立中央博物館)
2010年6月:署名の公式集計 108,919名 参与
2010年6年14日:ユネスコ 英文 報告資料 作成
2010年6月20日:毎日新聞社ソウル支局長 石塔還収運動の取材 ならびに インタビュー
2010年6年24日:毎日新聞 8面に 利川五重石塔 関連の記事 紹介
2010年6年28日:文化財庁長 懇談会、朝日新聞社 記者 石塔還収運動の取材 ならびに 懇談会
2010年6年30日:日本 NHK放送局 取材
2010年7年5日:宗団 曹渓宗 総務院 訪問、協力の要請
2010年7年21日:大倉財団との2次公式協商 ならびに 日本での記者会見
2010年8年7日:京都市民社会団体 開催 シンポジウム参加、利川五重石塔の還収運動の紹介 ならびに 文化交流(パンソリの公演)
2010年8年27日:利川五重石塔の還収と新しい韓日関係のための第一回国際シンポジウムの開催(京畿道利川)
2010年11年20日:利川五重石塔の還収と新しい韓日関係のための第二回国際シンポジウムの開催(日本東京)

2011年
2011年3年11日
:東日本大震災で利川五重石塔が破損
2011年6年17日:趙炳敦(チョ・ビョンドン)利川市長が大倉集古館に、石塔の返還と破損状態を調べる共同調査の実施を要求