ABC-2 22の子音字の読み方

問題のリセットは、キーボードの「F5」か、ブラウザの上の rtn.jpg か

← ここをクリックしてください

右の問題をくり返しやって憶えましょう。

基礎を憶えよう

◆ 英語のアルファベットの読み方と同じでよいのは、次の5つです。

(エフ)(エル)(エム)(エン)(エス)

聞いてみる> 

◆ 次の5つは、英語のアルファベットの読み方の、伸ばす部分の[イー]を、少しゆるめて[エー]に近づけるとよいです。(ただし「G」は「ジェー」でなく「ゲー」)

(ベーとビーの中間)(デー/ディー)(ゲー/ギー)(ペー/ピー)(テー/ティー)

聞いてみる> 

◆ 次は比較的覚えやすい7文字です。

は ハ行の「ハー」 は カ行の「カー」

「ツィー/ツェー」「クー」

は仮名で書くと、「エル」で L と同じになりますが、「ル」の部分を、喉や舌先を震わせて出します。

は「ゼッド」でなく「ツェット」です。これは「ザ行」でなく「ツァ」行を表すためです。実際に発音するときは「ッ」を省いて「ツェト」とした方がいよいです。

は「エックス」ではなく「イクス」です。

聞いてみる> 

◆ 最後は覚えにくい5文字です。

は「ヤ行」で使い、ヤ行の中にある「ヨ」にちなみ「ヨト/ヨット」

は「ファ行」で使い、ファ行の中にある「ファ」にちなみ「ファオ/ファウ」

は「ヴァ行」で使い、ヴァ行の中にある「ヴェ」にちなみ「ヴェー/ヴィー」となります。

は、「イュプシロン(イュのところは ü の音)」です。

ß は、いつも「ス」の音を表すのですが、S と Z が合わさった文字からできたので「エス・ツェト/ツェット」と読みます。アクセントは「ツェト」のところにおいてください。

ß はスイスでは使われません(代わりに ss と綴ります)。ss と ß は同じものと覚えてください。前に短い母音が来るときのみ ß を使います。また ß には大文字はありません。

聞いてみる> 

それでは最後にABC……を通しで言ってみましょう。

声を合わせて> 
A, aアー
B, b
C, c
D, d
E, eエー(イー)
F, f
G, g
H, h
I, iイー
J, j
K, k
L, l
M, m
N, n
O, oオー
P, p
Q, q
R, r
S, s
T, t
U, uウー
V, v
w, w
X, x
Y, y
Z, z
Ä, äアー・ウムラウト
Ö, öオー・ウムラウト
Ü, üウー・ウムラウト
ß