ABC-1 5つの母音字と3つのウムラウト付き母音字

問題のリセットは、キーボードの「F5」か、ブラウザの上の rtn.jpg か

← ここをクリックしてください

正しいと思う[?]を選び、答えが出たら[確認]をクリックしてください。
問題は複数あります。正解が出たら、(今の順番) /(問題の数)の右の [=>] を押して、次の問題に進んでください。

基本を押さえよう

まず初めに音声を聞いてみましょう。 

次にいっしょに言ってみましょう。その前に次のことを頭に入れておいてください。ドイツ語の母音のうち英語と同じ母音字を使う5つは、日本語の母音を長くローマ字読みしたものが、その文字の読み方になります。ただし少しは違いがあります。

1) A/a は日本語の[アー]より、少し口を大きく開けて、明るい音を出してください。

2) I/i は日本語の[イー]よりの、はるかに鋭い音です。左右に口が裂けるくらい唇を横に引いてください。

3) U/u は日本語の[ウー]より音が狭まった感じがします。唇を可能な限り丸く尖らせて発音してください。

4) E/e は[イー]のように聞こえることがあるくらい鋭い音です。歯が見えるくらい唇を横に引き、[エー]と言ってみましょう。

5) O/o も u のように唇を丸く尖らせますが、u のように極端にする必要はありません。それ以上極端にすると[オー]の音でなくなる直前でとめてください。

母音字の上に付く・・をウムラウトと言います。この記号が付くと音が変わります。付く前の読み方ではなくなります。

6) Ä/ä日本語の[エー]と発音してください。ベタの日本語でいいです。

7) Ö/ö はウムラウトが付く前の[オー]の口の形を固定して[エー]と発声すると出てくる音です。

8) Ü/ü はウムラウトが付く前の[ウー]の口の形を固定して[イー]と発声すると出てくる音です。
では右の問題で確認してください。そのあとでさらに音声に合わせて練習しましょう。