6097.2019年を振り返る



月曜日有料版0、1章をお送りします。

2019年初めに、予測したことを検証するとともに、2019年
の最後に日本で起きた出来事を検討しよう。   津田より

0.米国株価
NYダウは、連日の高値更新継続で、12月27日に史上最高値28,645ド
ルとなった。FRBが年末年初に短期レポ市場安定のために53兆円もの
資金供給をするということで、リスクオンになっている。PERは20倍
以上で、割高な水準である。

米国産の大豆を大量に中国が買い始めて、米国の農家は一息ついた
状態であり、またクリスマス商戦も順調であり、この面からも株価
は上昇しているようである。

江戸時代、日本のコメ相場は、今あるオプション取引などの最先端
な手法を開発し、それを明治維新後、欧米は真似をしたが、その中
で相場の神様といわれる存在もいた。

その中で、牛田権三郎と言う人がいるが、格言「万人があきれはて
る値が出れば、それが高下の界なりけり」と言っている。米国の株
式市場は、「あきれる値」まで行きそうであるが、どこが「あきれ
る値」なのかはわからないので、まだドンドン上がっている。

今の政府や中央銀行は相場介入をしているが、「将軍が買い上げる
なら、いつにても、米にむかうて買の種蒔」と政府が買いなら、自
分も買いに回れと言う。そして、「将軍の金づまりは、いつにても
、米に随ひ売の種撒」と政府が買いを止めたら、自分は売りに回れ
と言う。

ということで、米国は、皆が買いに回っているので、株価の上昇が
止まらない。皆が「あきれる値」になるまで行くしかないようであ
る。そして、米政府の株価対策チーム(PPT)もそこまで買いに回るよ
うである。

しかし、皆が「あきれる値」になったら、大暴落になることも、こ
の格言は言っている。

1.日本の株価
日経平均株価は、12月17日に年初来高値24,091円になったが、以後
消費税増税などで景気後退から横ばいで、1週間で見ると、12月27日
23,837円とほとんど動かない状態である。

海外投資家の買いが優勢で、市場は楽観的な見方であるのは変わら
ない。PER14.5倍とNYダウに比べても低いが、高値警戒感も強い。

景気後退で、1月の企業決算は悪いことになるはずで、日本経済の弱
さは、そう簡単に解決できない。しかし、経済状況と相反した形で
、株価が上がっている。ファンダメンタルズと株の相関がなくなっ
ている。

金価格も債権も株も不動産価格も上がるというすべての資産価値が
上昇しているが、給与などは上がっていない。非常に歪な状態にな
っている。リスクオンと同時に、リスクオフの行動も皆が行ってい
る。このため、全資産価格が上昇することになる。

しかし、なぜ、2019年の日本の量的緩和では日本の株価が上昇しな
かったのでしょうか?
これは、2019年分の緩和資金は多くなく、かつ日本国内に投資され
ずに、米国株に投資されてしまい、日本株は買われずで、米国株を
上げたようですが、年末の米FRBの巨大な量的緩和資金は、米国だけ
では使いきれずに、日本株にも回ってきたことによるからでしょう
ね。

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る