6090.日本経済をどう維持するか?



月曜日有料版0章をお送りします。

日本の人口は減少し、物作りでも日本の若者が関心なく、AIとソ
フト開発には論理力が必要であるが、日本人はあまり数学が得意で
はない。日本経済の今後を検討しよう。   津田より

0.米国株価
NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが
、製造業ISMが50割れ、かつ米欧貿易戦争も始まり大きく下落したが
、ステルスQE4と3回の利下げと、雇用統計もよく米中貿易協議も、部
分合意の方向と報道で、大きく上昇。

リスクオン相場で連日最高値更新になっているが、10年国債の金利
は1.6%に上昇してきたし、米中通商交渉が12月に延期したことや中
国が関税下げの一段の拡大を要求するが、トランプ大統領は、それ
を合意していないとしたのに、6ドル高の11月8日27,681ドルになる。

トランプ大統領は、米中通商交渉を株価のコントロールに使ってい
るが、現時点の株価上昇は行き過ぎであり、少し止めたいと思って
いるが、市場は熱狂に包まれて、株価は上昇している。このため、
中国との12月部分合意の調印もなくなる可能性が出てきた。

IMFは、世界全体で、188兆ドルの債務が政府と民間であり、この
債務は返せないと警告し、同じく19兆ドルの社債が発行されている
が、半分はデフォルトの危険があると、言っている。

ガン・ドラック氏は重大な局面にあると述べている。バブル絶頂期
は株価も猛然と上がり、熱狂の中にいるので、その相場に巻き込ま
れてしまうことになる。しかし、実体経済を見ると、企業の収益は
減少して、資産と借金を増やす両建経営は行き詰まり、そろそろ限
界に近い可能性がある。

景気のピークは、2018年でそれから下り坂になっている。雇用統計
で雇用が増加しているが、低賃金労働者だけである。中間層以上の
雇用は減少している。投資家は、次の不況に備える行動を取ること
だと、ガン・ドラック氏は警告している。

バブル崩壊は、そこに踊った金の量に比例するので、中央銀行がバ
ブルを作ったので、今までの10倍以上のお金が踊っているので、今
までの10倍の衝撃になるとガン・ドラックは言っている。次のバブ
ル崩壊で米国経済は崩壊することになると見ている。

ここで、米中通商交渉が破綻すると、そのトリガーになりかねない
と見るが、トランプ大統領の9月1日分の関税引き上げを元に戻すこ
とは了承しないことで、中国の農産物輸入500億ドルも宙に浮くこと
になる。しかし、悪いニュースで株価が下がると、押し目買いが入
り、株価は落ちない。

トランプ大統領は、2020年6月に株価を最大値にしたので、現地点で
の爆上げは危ないと感じて、12月の合意が危ぶまれる状況にするこ
とで、株価を少し下げたいようである。しかし、今の熱狂相場で、
悪いニュースを相場が無視してしなう傾向が出てきた。

中国も米国の世論調査を見ていて、バイデン候補の支持率が復活し
てきたことで、様子見のムードが漂い始めている。しかし、中国の
輸出が9月1日の関税引き上げで16%の減少しているので、これ以上の
関税UPは阻止して、できれば9月1日実施分の関税UPも元に戻したい
ようである。

1.日本の株価

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る