6087.米国株強し



月曜日有料版0章をお送りします。

バブル崩壊の危険があると有名なトレーダーが警告するが、米株価
のナスダック、SP500は最高値を更新し、NYダウも高い。この原因と
今後を検討しよう。          津田より

0.米国株価
NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが
、その後下落して、製造業ISMが50割れ、かつ米欧貿易戦争も始まり
大きく下落したが、ステルスQE4と3回目の利下げ、10月新規雇用12.8
万人で事前予測7.5万人より強く、9月も18万人と8月も21.9万人に
上方修正。

その上に、米中貿易協議も、部分合意で署名できるレベルになったと
米中当局同時発表。このようなことで11月1日に27,347ドルと最高値
まで51ドルに迫っている。

米国FRBがPOMOで、月600億ドルの短期国債を買い、資金を市場に大
量供給したことで、株価は上昇し始めているが、その上にFRBは0.25%
の利下げで適温相場になって、雇用統計や米中貿易交渉の合意もなり
、SP500:3,066とNasdaq:8,386と史上最高値を更新した。そして、JP
モルガンは、SP500が3200まで上昇すると言っている。

しかし、株価は、現時点でも50%も高い水準にあるとバフット氏は、
言っているようだ。それでも上がるのは、資金がジャブジャブで、
かつ金利が低いことによる。

ドイツ銀行の倒産なども起こりえない状況であり、合意なきブレク
ジットも起こらないし、米中貿易戦争も一服して、経済の問題点が
すべてなくなり、投資家心理が改善したことも大きい。

そして、完全にリスクオン相場になってきた。有名なトレーダーは
、バブル相場であり官製相場に注意が必要と述べているが、景気の
底割れを回避したと、米経済評論家は述べている。というように総
楽観相場になっている。

この総楽観相場は、強引な金融政策による株高・債券高であり、ト
ランプ大統領が再選されたら、どこかで正常な金融政策に戻す必要
がある。しかし、アマゾンとアップルなどGAFA株は、2019年9月
をピークに株価は下げているので、現時点で株価上昇を支えている
のは、多くのバリュー株である。

トランプ大統領は、2020年6月当りをピークにしたいのかもしれない
が、このような早期の株価上昇をさせると、2020年6月まで持つのだ
ろうかと不安になる。しかし、今の所、トランプ大統領の株価コン
トロールは、大成功をしている。

1.日本株価

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る