6085.英国は合意あるEU離脱ができるのか?



月曜日有料版0章をお送りします。

英国はEU離脱の条件案でEUと合意した。英国議会でこの案が承
認されると、英国は合意あるEU離脱になる。このため、株価とボン
ドが上昇した。今後の株価の動向をを検討しよう。 津田より

0.米国株価
NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが
、その後、製造業ISMが50割れ、かつ米欧貿易戦争も始まり、大きく
下落したがステルスQE4開始で、10月15日27,120ドルまで上昇が、10
月18日26,770ドルと前日比255ドル安になっている。

米国FRBがPOMOというステルスQE4で、月600億ドルの短期国債を買う
ということと、米中貿易摩擦が一服したこと、英国のEU離脱条件で
EUと合意で、27,000ドル台まで上昇してきた。上昇の起点は、FANG
の再始動で、中でもエヌビデアの株価が上昇し始めた。

バブル最終局面での上げのようだが、決算時期になり自社株買い禁
止時期になった上に、当局に虚偽の報告をしたボーイングとベビー
パウダーにアスベスト混入のジョンソン&ジョンソンのショックで、
下げたようである。しかし、10月30日のFOMCも利下げの確率が高く
、再度株価上昇になるかもしれない。政府のPKOが効いているので、
下値も堅い。当分、中央銀行バブルを継続させるのであろう。

しかし、9月の小売り売上高0.3%減になり、鉱工業生産0.4%減と景気
後退懸念もあるが、市場は材料視していない。量的緩和と利下げし
か見ていないで、楽観論が市場を支配しているように見えるが、NY
市場を見ると売買の少ない流動性不足となり、ウォーレン・リスク
もあり、上にも行きにくい状態でもある。その意味では、レンジ相
場の様相だ。

そして、ウォーレン候補は、CLO市場に規制を掛けるというので、も
し大統領になったら、債券バブル崩壊になり、CLO債を大量買いした
日本の地方銀行や農林中金などが大きな損を抱えることになりそう
である。

また、ウォーレン候補は、日本のCLO債の大量買いを非難しているこ
とも考量して、今後、少しづつ売ることで非難をかわすしかない。

もう1つ、ドイツ銀行の破綻を心配したが、ステルスQE4で資金のつ
なぎができて、倒産状況からは改善したようである。このステルス
QE4自体がドイツ銀行救済の処置である可能性が高い。

1.日本株価

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る