6083.中央銀行バブルの結果



月曜日有料版0章をお送りします。

米製造業ISMが47.8と50割れして、雇用統計は非農業部門13.5万人増
と予想値より悪いので、景気減速が継続している。これにより、10
月FOMCでの利上げが確定的で、ステルレスQE4も始めている。中央銀
行バブルの拡大になる。その後、どうなるかを検討しよう。
                      津田より

0.日米株価
NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが
、その後下落して、製造業ISMが50割れ、かつ米欧貿易戦争も始まり
、大きく下落で10月3日場中25,743ドルに、しかし、FOMCでの利下げ
確定と雇用統計が悪いわけではなく、10月4日26,573ドルまで戻した。

欧州航空機エアバス社への補助金に対する対抗処置として、米国は
欧州の輸入8100億円相当に関税最大25%UPする。欧州も対抗処置を発
動する方向で、検討すると表明して、米中、米欧の貿易戦争が同時
進行する事態になっている。このような中、貿易戦争を受けて米国
でも米製造ISMが47.8と悪く、米非製造業ISMも52.6となり、雇用統
計も非農業雇用増加が13.6万人増と悪化している。

日経平均株価は、2018年10月2日24,448円になったが、以後低調で、
12月26日18,948円と暴落し、その後、売り残の買戻しで9月19日には
22,255円になったが、米国の景気減速と株価下落を受けて、10月4日
21,410円になっている。

円高も進み、106円後半まで進んだが、日本株はそれほどには落ちな
い。日本は、TPPや日欧FTAなどと自由貿易を推進しているし、米国
との通商交渉でも関税UPになっていない。中国や欧州から米国への
製品輸出ができないことでの部品需要がなくなり、この影響を受け
ている。しかし、今の所、中国やドイツなどのような大きな影響に
はなってはいない。

1.中央銀行バブルの今後

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る