6081.米中通商交渉と中東紛争の行方



月曜日有料版0章をお送りします。

日経平均株価が22,100円直前まで高騰したのは、米中貿易戦争が収
束する期待からであったが、今度、どうなるのであろうか?
今後を検討しよう。         津田より

0.日米株価
NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが
、その後下落して、9月3日26,000ドルになっていたが、米中通商協
議の期待とFOMCで0.25%利下げから、9月12日27,306ドルと過去最高
値近くまで上昇したが、事務レベルの米中通商協議で難航したこと
で、9月20日26,935ドルと下がった。

トランプ大統領は、FRBの0.25%の利下げだけでは、足りないと、マ
イナス金利にして、量的緩和を行えと要求している。その上に、9月
17日に短期レポ金利が10%にまで上昇して、FRBは数日、1500億ドル
の資金供給をしている。そして、米中の協議が難航している。米国
株式市場の状況は暗転したようだ。

日経平均株価は、2018年10月2日24,448円になったが、以後低調で、
12月26日18,948円と暴落し、8月26日20,173円になってしたが、その
後、米中協議の期待と6兆円の売り残の買戻しで9月20日22,079円に
なった。FRBの利下げで円高になるとしたが、事実は円安状態のまま
であり、10日連騰で強く、連騰前から1400円の上げになっている。
年初来高値の22,360円まで、あと少しのレベルまで来た。そして、
日本経済の何かが変わった感じである。

しかし、中国経済の減速から、日本企業の業績も下がっている。こ
のため、米中貿易戦争が持続するとなると、買戻しが一段落で上昇
は止まる。10月には消費税増税もある。しかし、金利低下と量的緩
和の深堀が世界的に拡散すると、債券の利息低下と通貨価値の縮小
で、債券から株に資金が移り株価は上がる。このため、米中通商交
渉の行方とFRBの量的緩和開始が、今後の株価動向を決めることにな
る。

1.米中通商交渉

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る