6080.中東戦争の可能性が出てきた



月曜日有料版0章をお送りします。
米中交渉は暫定合意の方向ということで、日経平均株価が20,400円
台から22,000円直前と大幅高になっているが、イエメンのフーシ派
よるサウジ石油施設爆撃で状況は一変した。今後を検討しよう。
                    津田より

0.日米株価
NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが
、その後下落して、9月3日26,000ドルになっていたが、中国と米国
共に米中協議を10月に始め、かつ暫定合意を目指すとしたことで、
9月13日27,219ドルと最高株価まで180ドルになっている。景気後退
の兆候は大きくなく消費も伸び、リスクオン相場になっている。ナ
スダックは横バイであり、大型株の買いが目立っている。

リスクオン相場になり、10年米国国債の金利は、1.4%から1.9%に上
昇したことで、逆イールドも解消している。そして、バブルが一段
と膨らんだ状態になっている。日経のPERは12倍であるが、NYダウの
PERは17倍を超えている。非常に高い水準にある。

日経平均株価は、2018年10月2日24,448円になったが、以後低調で、
12月26日18,948円と暴落し、8月26日20,173円までになってしたが、
その後、10月始めに米中閣僚級通商交渉で暫定合意すると報道され
て、1ドル108円と円安に振れて、9月13日には9日続伸で21,988円に
なった。

しかし、日本の場合は、空売りの買戻しのような気がする。海外投
資家も空売りをしていたが、その巻き戻しが中心であるが、週後半
は、買いが入ったようだ。このため、想定外の大幅な株高になった
。特に配当利回りがよい銀行株などの大型株の値上がりが顕著であ
る。

その上に、ECBは、12日マイナス金利での利下げを行い、金利を-0.5%
にし、量的緩和の行うとした。そして、米国は、このような最高株
価水準にあるにもかかわらず、17ー18日のFOMCでは、-0.25%の利下げ
を行う方向である。しかし、トランプ大統領は、FRBに対して、株価
が最高水準でもQE4を要求している。

今までの想定する株動向シナリオは、2019年半ばに一度株価を下げ
て、QE4を行い、2020年後半に株価を最高値にするという方向と見て
いたが、トランプ大統領の株価シナリオは、このまま株価を高いま
まで2020年11月を迎えるようだ。

そして、イエメン・フーシ派のドローン攻撃でサウジの石油施設が
爆撃された。このため、石油高騰により、月曜日のNYダウは値上が
りし、火曜日の東京市場は、大暴落することになる。突然の地政学
リスクが起きて、月曜日の世界市場は大混乱が起き、東京市場は、
火曜日になり、より一層の暴落が起きる。1,000円程度の暴落もあり
得る。しかし、石油高騰は米国にとっては良いことである。

1.米中通商交渉

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る