6078.トランプ・ディールの不調で変わる世界情勢



月曜日有料版0章途中までをお送りします。

トランプ・ディールがうまくいっていない。このため、韓国、トル
コなどが離米してきた。今後を検討しよう。    津田より

0.日米株価
NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが
、中国の対抗関税と米国の追加関税UPで株価は、8月23日25,507ドル
まで下がったが、その後、トランプ大統領のツイードで米中交渉を
29日に行うとしたことと、景気指標がよかったことで逆イールドで
なくなり、NY株価は8月30日26,403ドルまで戻している。

日経平均株価は、2018年10月2日24,448円になったが、以後低調で、
12月26日18,948円と暴落し、米国利下げ観測で、7月25日に21,823円
まで戻したが、、その後一進一退で8月30日20,701円になっている。
10月の消費税増税ができるように、2万円死守とPKOが株価を支えて
いるような雰囲気である。また、26日は104円台に突入したが、30日
は106円台になり、株価も上昇したが、市場参加者が少ない。

日経株価は、レンジ相場になって20,400円から20,700円の狭いレン
ジで株価が動いている。今までは、1998年と似た株動向であったが
、9月2日からの値動きが上昇になると、1998年とは違うことになる。

米国は、トランプ大統領の強気の対中強硬策と、それを打ち消すツ
イードで、株価は大きく上下している。この原因がAIの機械取引が
主流になり、トランプ発言の重みが大きいことによる。しかし、こ
のアルゴリズムで、ほとんどの投資アプリが損を出しているので、
徐々にトランプ発言の重みが少なくなったようだ。このため、良い
方向のツイードに反応しなくなっている。

そして、トランプ大統領は、FRBには利下げを要求している。しかし
、個人消費が旺盛で米GDPは2%成長と、景気はまだ好調であり、この
ため、株価は戻しているが、FRBは景気が良く利下げの理由がない。
FRBの利下げなしを予想してか、ムニューシン財務長官は、100年債
など超長期債の発行を検討するとした。

中国は、対抗関税で米国のすべての輸入品に関税を掛け、自動車に
は50%の関税がかかることになった。このため、米企業は追加の関税
に反対である。このため、トランプ大統領は、中国と29日に電話会
談をするとしたが、中国政府は電話会談を確認できないとした。
また、トランプ大統領は、追加関税に反対する企業を批判している。

日本は消費者性向指数と実質賃金の伸びが、両方ともにマイナスで
あり、景気は良くないし、飲食店を中心に赤字になる企業が増えて
いる。消費税前の駆け込み需要もない状況で、株価は2万円を維持し
ているのに、市場参加者が少なく、閑散相場になっている。

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る