6075.リセッションで、どうのようなショックが来るか?



月曜日有料版0章をお送りします。

米中貿易・金融戦争になり景気後退局面で、日韓紛争が起きた。次
の心配は、今の景気後退から大恐慌へ、どのようなことが起きるか
である。検討しよう。  津田より

0.日米株価
NYダウは、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新したが
、トランプ大統領が中国への追加関税UPと為替操作国認定で、8月7日
25,440ドルまで下げ、8月9日26,287ドルになっている。

日経平均株価は、2018年10月2日24,448円になったが、以後低調で、
12月26日18,948円と暴落し、米国で今年利下げ観測で、7月25日に、
21,823円まで戻したが、米国の追加関税UPで8月6日20,110円と大幅
な下落になり、8月9日20,684円になっている。

1ドル=7元以上になり、中国への追加関税の上に、為替操作国認定
と米国は、対中政策が過激化してきた。このような過激な政策を提
案したのが、ナバロ通商局長であり、他の側近はすべて反対したが
、トランプ大統領は、ナバロの提案を採用した。中国を為替操作国
にしたことで、貿易戦争は通貨戦争に拡大した。米国は、9月もFRB
は利下げになる方向だが、トランプ大統領は1%の利下げをFRBに要求
している。

このため、世界は通貨安競争になり、新興国などが利下げを加速し
たことで、利下げができない日本の円は、105円台になっている。こ
の円高と米国の対中政策で、空売り比率が50%以上になり、日経平均
株価もPBRが1倍(20,252円)に近づき、日本企業の現状は最高益より
落ちたが、最高益付近であり企業価値がそこまでは低くないと、空
売りの買戻しが入っている。2万円台前半で買戻しが入り、膠着状態
になっている。

しかし、貿易摩擦から通貨安競争となり、世界的な金利水準が問題
として大きくなり、また、貿易摩擦で貿易量が減ってきている。
今週は、お盆で企業の多くがお休みで、実需の円売りがないので、
投機筋が円買いを仕掛ける可能性がある。そうすると、1月のフラッ
シュ・クラッシュの104円台を越えた円高になる可能性もある。しか
し、企業利益は減益とはいえ、過去最高レベルにある現状では、株
価の大幅な下落を起こせない。PBRが0.6倍になったリーマンショク
のような大きな世界的なショックが起きないと買戻しが出て、株価
の下落は限定的である。2万円の攻防が当分続くことになる。

現状の株価動向は、1998年の株価動向と非常によく似ているが、こ
の年は、8月と10月に底がなっているダブルボトムを形成している。
このため、当分、もみ合った後、再度大幅な下落が起きる可能性が
高い。


以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る