6063.米中対決と中東戦争



月曜日有料版0章途中までをお送りします。

米国の中国攻撃がエスカレートしてきて、中国・習近平の権威をつ
ぶしにかかっている。これでは、メンツから交渉もできない状態で
ある。今後を検討しよう。  津田より

0.日米株価
NYダウは、2018年10月3日26,951ドルで過去最高株価であるが、12月
26日21,712ドルと暴落したが、その後は上昇して4月23日26,695ドル
になったが、米中貿易戦争激化で、5月23日25,490ドルになったが、
5月24日25,585ドルで引けている。トランプ大統領がNY時間23日夕に
米中貿易交渉について「(中国政府が)多くの企業が中国から出てい
くのを喜ぶとは思えないし、ファーウェイ問題も中国と取引する」と
述べたことで、悲観視が少し改善した。

日経平均株価も、同様に2018年10月2日24,448円になり、12月26日
18,948円と暴落したが、4月24日22,362円に上昇したが、5月24日
21,117円になっている。朝方は20,950円まで下げたが、日本時間24
日昼のトランプ発言で和らいだ。

トランプ大統領は、5月5日に中国からの輸入品2000億ドル分の関税
を10%UPから25%UPに引き上げ発言し、それに対抗すべく5月13日に中
国が米国から輸入品600億ドル分の関税を5~10%UPから25%UPにした。
トランプ大統領は、それに対して、第4弾として関税を掛けていない
3200億ドル分の輸入品に対しても25%UPするとした。この実施は6月
末になる。

5月15日には、米国企業に対して、ファーウェイとの取引禁止を宣言
し、米国技術を使う他国企業も同様の処置にするとした。その後、
取引禁止を5社に拡大している。この時点で、米中ハイテク戦争に変
化した。携帯通信5Gの技術覇権がかかってきた。5G用の半導体
を作れる企業は、世界的にもファーウェイとクアルコムしかない。

このため、4月に高い賠償金を払うことになってもアップルは、特許
問題でクアルコムと和解する必要があったようだ。このため、開発
が間に合わずに、今だに5G携帯をアップルは販売できずにいる。
それまではファーウェイ半導体を使った開発をしていたからである。

そして、中国へ米国の農産品が売れなくなったことで、米農務省は
、160億ドルの米農産物を買い取る支援策を打ち出した。

しかし、株価が大きく下落したためかどうか、日本時間5月24日昼ト
ランプ大統領は、6月末に予定されている米中首脳会談で、貿易問題
とファーウェイの取引禁止の問題などをすべて交渉の遡上に乗せる
と言い、中国は妥協するとして、米中関係悪化を緩和させようとし
ている。

しかし、米中の事務レベルの通商交渉は6月末まで行わないとしてい
るので、ムニューシン財務長官も首脳会談が行われるか、どうかわ
からないとした。

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る