6062.米中文明戦争に発展



月曜日有料版0章途中までをお送りします。

中国の習近平は、文明論を持ち出して米国を非難してきた。文化戦
争の様相を帯びてきた。今後の米中関係を検討したい。 津田より

0.日米株価
NYダウは、2018年10月3日26,951ドルで過去最高株価であるが、12月
26日21,712ドルと暴落したが、その後は上昇して4月23日26,695ドル
になったが、米中貿易戦争再熱で、5月13日25,222ドルまで下落して
5月17日25,764ドルで引けている。米中通商交渉の悲観、楽観の見方
が出て、株価は上下している。

日経平均株価も、同様に2018年10月2日24,448円になり、12月26日
18,948円と暴落したが、4月24日22,362円に上昇し、5月5日のトラン
プツイードで、5月7日から5日続落して5月14日20,751円になり、5月
17日21,250円で、令和に入って2回しか株価が上昇していない。

米中通商交渉は、6月下旬の首脳会談で解決するという期待値があ
り戻してきたが、トランプ大統領が対中強硬策を取り、それに中国
が対応策を取ったことで、米中通商交渉解決のめどが立たなくなっ
ている。

トランプ大統領は、EUと日本に対する自動車関税UPを180日猶予する
としたが、その代わりに数量制限をするとしたことで、東京市場は
失望した。同時に、カナダとメキシコへの鉄鋼製品の関税上乗せ分
は撤回することで、合意した。

中国は人民元を下げて、関税UPに対応する可能性があり、為替差益
と値下げをして、米国の輸出価格を抑える方向で対処すると見たが
、トランプ大統領の数段の強硬策を見て、中国の態度が硬化してき
た。

このように米中貿易戦争の今後は益々見通せなくなっている。今後
しばらくの間、株価は、トランプ大統領と中国の政策を見て上下す
るが、米中の供給ラインの分離が完成したら、日本企業の復活にな
ると見ている。

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る