6052.三尊天井の形成



月曜日有料版0章途中までをお送りします。

NY株も日経平均も高値圏での暴落サインである三尊天井を形成した
。このため、今後株価は大暴落になる可能性が出てきた。今後を検
討しよう。   津田より

0.日米株価
NYダウは、三尊天井を形成した。第1の山が、2018年01月22日26,616
ドル、谷が2018年3月26日23,344ドル、第2の山が2018年10月01日で
26,951ドル、谷が2018年12月24日21,712ドル、第3の山が2019年2月
28日26,241ドルで、3月8日25,450ドルと下落で三尊天井が形成され
た。

日経平均株価も、三尊天井を形成した。第1に山が、2018年01月22
日24,129円、谷が2018年3月26日20,347円、第2の山が2018年10月01
日24,448円、谷が2018年12月24日18,948円、第3の山が2019年3月4
日21,860円、3月8日21,025円と430円安で三尊天井が形成された。

日米株価ともに三尊天井を形成したが、第1の山で高値トライ、第2
の山で高値トライして更新できたものの力尽き、第3の山で越えられ
ないことが、確定してショートやロングの利食いで大幅に下がる事
になる。

ECBのドラギ総裁が早期の利上げをしないと宣言し、金融緩和の方向
も示唆したことで景況感が大きく転換した。世界の主要国中銀の全
「ハト派化」の裏には世界経済減速懸念がある。

そして日本も景況感が下がったが、株価の維持をNY株価上昇期待と
日銀のETF買いでしたが、中国経済の減速で、ルネサンスが半導体工
場を2ケ月間も操業停止というし、外食産業も赤字に転落や減収減
益になり、全般的に企業業績が落ちている。それを中央銀行が買い
支えても無理がある。

米国は日本とは違い、景況感が悪くない。雇用統計でも2万人増と
予測値18万人増より大きく悪いが、賃金上昇が3.4%増になり、労働
参加率も63.2%で高水準維持している。

製造業の景況感もよく、米貿易赤字が過去最大8787億ドルと増大し
たが、米中貿易戦争の良い面も出ている。その分、NY株価の下落も
小さい。

その上で、NY株価を高値維持しているのは、FRBの利上げ停止と米政
府の強力なPKOと自社株買いであり、官製相場であることは間違いな
い。米政府の強力なPKOでNY株価もピーク株価の近くまで来た。

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る