6033.米中間選挙後でどうなるか?



月曜日有料版0章をお送りします。

11月第2週は、中間選挙の結果も予想通りで、FOMCの結果は12
月利上げ確定となり、円安の割に株が高くない状態で引けた。それ
と「ねじれ」議会でどうなるか予想しよう?  津田より

0.中間選挙結果
中間選挙は、民主党が下院で多数、共和党は上院で多数になり、予
想ほど民主党が強くなくブルーウエーブとはいかなかったが、予想
通りの結果になり、それほどには株価の波乱はなかった。

トランプ大統領の再選を考えると、40%程度の支持率でフロリダ
、アイオワなど州知事が取れ良い結果だし、下院過半数を取られた
ことで、景気が悪化した場合でも下院のせいにできると考えたのか
、トランプ大統領は「勝利宣言」をしている。

しかし、これで議会が「ねじれ」になり、不法移民への対策強化や
中間層への減税は無くなるが、しかし、インフラ整備は民主党も推
進であるし、対中強硬は民主党も賛成であり、トランプ大統領は進
めることができる。また、外交・通商問題は大統領権限が大きく、
議会の力は限定的であるので、トランプ大統領は大いに自分の考え
を推し進めて、2020年の大統領選挙での実績としたいようであ
る。

民主党も共和党も大きな政府の政策となり、少し昔の共和党茶会派
などの赤字予算を止める勢力がいなくなり、大きな政府の方向に米
国は行くことになる。中間層への減税がなくなるので、少し赤字幅
は少なくなるが、国債の発行量が増えて、10年国債の金利は上昇
することになる。金利が3.26%を越えると株価下落は10月に証明さ
れている。

その上、当分、FRBが短期金利を上げるとそれにつれて長期金利も上
がる可能性あるので、早期に金利が3.26%になる可能性もある。

FRBは12月の利上げは行うとしたが、中間層向け減税がなくなり、景
気過熱感が少し薄れて、景気の腰折れが少し先に延びた可能性もあ
る。景気過熱でのインフレがないなら利上げも急いでする必要がな
くなり、来年の利上げ間隔が広がるか停止すると見る。これにより
景気後退は、来年後半かもしれない。

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る