6021.欧米中の三つ巴の思惑



月曜日有料版0章をお送りします。

世界的な勢力図の変更が起きている。米国の孤立化が明確になり、
次の世界システムをどうするのか、三つ巴の思惑が交差している。
その分析。             津田より

0.中東情勢
シリアのイドリブは、最後の反政府勢力の拠点であり、このイドリ
ブにシリア軍とイラン軍、ロシア軍が総攻撃を近々に仕掛ける。

トルコはトルコ系住民が多数いるイドリブの攻撃を中止させようと
米軍の協力も得て、ロシアと協議をしているが、ロシアは攻撃準備
を着々と進めている。ロシア海軍の艦艇が15隻もシリア近海に展
開させ、シリア内にS400を配備して、米軍ミサイル攻撃を広範
囲で阻止している。

その上に、イドリブ攻撃の演習をシベリアでロシア軍と中国軍、モ
ンゴル軍で行う。30万人以上が参加した大規模演習「ボストーク
」であり、その意図の1つは、米軍やトルコ軍が反政府勢力を支援
しても無理と思わせるためのイドリブ総攻撃の演習という。もう1
つが日本に対して、中露は一体で日本を攻撃できるということを示
すことである。

トランプ大統領は、早期にシリアのクルド人地域に展開する米軍を
撤退するように指示したが、マティス国防長官がクルド人に対して
、トルコとシリアが攻撃を仕掛けるとして、反対して今も在留して
いる。

しかし、イドリブが陥落すると、シリアの次の目標はクルド人地域
の制圧となる。トルコ軍もその時はシリア・ロシア軍側に着くこと
になる。この時には、中国軍も参加する可能性がある。

米国のイラン、トルコやロシアへの制裁が、この3ケ国の結束を高
めて、その上に中国にも制裁を掛けることで、冷戦時代と同じよう
な独裁国の結束になっている。

このため、日本が進めてきた「中国包囲網」戦略が破綻した。日本
は、非常に苦しい状況になってしまった。米国の孤立化と中露結束
という冷戦構造で、日本の立ち位置は不安定になっている。

一方、北朝鮮と中国は結束して、9月には習近平国家主席も北朝鮮
を訪問するなど、アジア地域での紛争の可能性が高まってきている。
北朝鮮は非核化を行わないので、次の米韓合同演習は大規模に行う
とトランプ大統領はいうが、これでは中東とアジアの2正面作戦に
なってしまう。米軍の軍装備と人員が回らない。軍産学の影の政府
への対抗策として、トランプ大統領は感覚的に軍に2正面作戦を強
いているようだ。

今までは、このような2正面作戦を避けるように米国は戦術行動を
してきたが、トランプ大統領は、その戦術を覆して軍産学の陣営を
慌てさせている。その意味でトランプ大統領は戦術的には大成功に
なっている。しかし、戦略的には大失敗であるが。

このような状況になり、政権内に唯一残る国際協調を重視するマテ
ィス国防長官の立場が危うくなっている。

この対抗として、影の政府が目指しているのが、中間選挙で民主党
を下院で勝利させ、共和党上院の反トランプ議員と協力して、トラ
ンプ大統領を弾劾裁判に掛けて辞任させることである。そして、ペ
ンス副大統領を大統領にすることだ。

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る