6013.米トランプ戦略とは?



月曜日有料版0章途中までをお送りします。

米トランプ大統領は広範囲に貿易戦争を仕掛けていたが、目標を収
斂させ始めたように見える。それを検討しよう。   津田より

0.中東戦争近し
米国のトランプ大統領の戦略が見えてきた。というより、いろいろ
と広範囲に攻撃してきたが、相手が折れてきたことで、攻撃する相
手が少なくなり、その相手を打ち負かすために、米国の攻撃目標が
収斂した結果である。最初から戦略を立てて、そうしたわけではな
いが、結果的にポイントが絞られてきて、戦略的な行動になってき
たようだ。もう1つが、共和党内からの批判をある程度は取り入れ
ないと、身の危険を察知したことによる。

1つが、欧州との貿易戦争を終結させて中国だけに対する貿易戦争
にすることと、もう1つが米国が優位にあるエネルギー輸出を進め
ることの2つであり、対中貿易戦争で打撃を受けた農業支援も、そ
れに加わる。

ここでは、エネルギー輸出戦略を見てみたい。ヘルシンキでのプー
チンとの米ロ首脳会議とその後の展開を見ると、1つには中東地域
の破壊を起こして、米ロで石油LNGを輸出独占することが主要な
議題ではなかったかと疑う展開になっている。

イランの核合意を破棄して、イラン石油禁輸を世界に米国が行い、
これに対して、イランはホルムズ海峡封鎖、マンダブ海峡封鎖で中
東の石油の積み出しができない事態にすると脅しを掛けている。

トランプ大統領は、イランのロウハニ大統領が米国を非難したこと
に対して、イランとの戦争も辞さないと述べ、それに対してイラン
軍幹部は、戦争に応じる用意があると述べて、米・イランの摩擦が
増大している。

その結果として、サウジは、イランの支援を受けるイエメンのフー
シ派からのタンカー攻撃で、マンダブ海峡を経由する石油積み出し
を一時停止した。中国も反対するホルムズ海峡封鎖は影響が大きい
ので、まずは欧州への航路であるマンダブ海峡のタンカー攻撃を行
ったとも見える。

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る