6001.ドル基軸通貨制度の衰退



月曜日有料版0章、1章はじめをお送りします。

米トランプ大統領は、中国との取引外交で中国に負けて、その腹い
せに同盟国をいじめ始めた。この代償は大きいことをそのうちに知
ることになる。ドル基軸通貨から人民元・ドル並立基軸通貨へと、
変化することになる。その推移を検討しよう。  津田より

0.トランプ取引外交で得する中国、損する同盟国
中国に20兆円の貿易赤字削減を要求したが、中国は3つのカード
を出してきた。
1つ目は、北朝鮮の段階的非核化を支援して置きながら、北朝鮮へ
の制裁継続を持ち出している。米朝対立が持続した方が、中国にと
って得になる。
2つ目には大豆などの農産物への25%報復関税、3つ目にはトラ
ンプ会社が計画している開発案件に資金提供と、トランプ大統領の
多方面での弱みを交渉カード化している。

このため、ZTEに対する制裁緩和、中国の20兆円貿易赤字解消策を
見てから中国への制裁へと条件緩和している。このように、中国へ
の制裁は実質なくなってしまった。トランプ大統領も中国に対して
は、違う方法で制裁を考えるしかないと、お手上げ状態であること
を告白している。

トランプ大統領は、中間選挙への準備として米朝首脳会談での非核
化合意と中国への制裁という2つの成果を元に支持を強固にする予
定が、どちらも成果が出ないことになりそうであり、一番取引外交
をし易い、同盟国への制裁へと針路を変えたのである。

米朝首脳会談の中止を発表する前日に、自動車への25%関税を指
示したのは、そのためである。中国との交渉で負けて、取引外交で
確実に勝てる日独韓を標的にしてきた。

1.米朝首脳会談の非核化で紛糾
米国と北朝鮮の非核化の方法が違うことに尽きる。米国は一括核放
棄であり、北朝鮮は段階的な非核化であるので、両方の主張には、
大きな隔たりがある。中国も北朝鮮の段階的非核化を支持したので
、米国としては準備交渉中断せざるを得ないことになった。

以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る