6059.日本の衰退をどう食い止めるのか?



月曜日有料版0章、1章途中までをお送りします。

日本の産業力が低下している。中韓の半導体産業に負けて、日本の
半導体は競争力を失っている。残念ながら、パソコンもAVも日本
のメーカーは撤退している。次の産業を育てなかったことが、この
ような状態にしている。さあ、どうするのか?    津田より

0.日米株価
NYダウは、2018年10月3日26,951ドルで過去最高株価であるが、12月
26日21,712ドルと暴落したが、その後は上昇して4月26日26,543ドル
になっている。S&Pやナスダックは過去最高値を抜けている。NYダ
ウは、ここ一週間停滞しているがGDPが3.2%増などと景気が回復
して、強気相場継続である。

日経平均株価も、同様に2018年10月2日24,448円になり、12月26日
18,948円と暴落したが、4月24日22,362円に上昇し、4月26日22,258
円と上昇したが、鉱工業生産高がマイナス0.9%と景気後退方向にあ
り、今後の動向に注意が必要になっている。

自社株買いとPKOの2本立てで株価は上昇維持しているが、ファナッ
クやパナソニックなどの今期業績見込みは大幅な減益になり、日本
株買いの海外勢がいるのに、それほどには上がらないようである。
しかし、54%減益予想でもファナックがあまり下落しないのは、不思
議である。

1.米国の現状
米国のGDP3.2%UPでNYダウは過去最高値を抜けるかというと、
FRBの年内利上げ確率が66%と上がり、こちらも警戒感が出ている。
FRBが利上げしたら、適温相場ではなくなるので、暴落の可能性が出
る。しかし、景気を上げ過ぎると、いつかバブル崩壊になり、2度
もバブル崩壊になると、米国経済自体の崩壊になる可能性が高い。

現時点での米国の負債は、総額72兆ドル(約8033兆円)で、米国民
一人当たり22万ドル(2455万円)の負債があることになる。米国に
はドル基軸通貨制度があり、世界のお金が米国に向かっているので
ドルは高いが、バブル崩壊するとドル安になり米国債売りが出て、
ドル基軸通貨制度自体の崩壊と米国経済の崩壊になる。FRBは、米国
経済の崩壊を予防するためには、バブル拡大をある程度は容認する
が、急拡大は止め巡航速度に戻す必要がある。

トランプ大統領は、米国製造業の脆弱化を意識していて、日本の助
けを必要としている。製造業の技術力が大きく落ちている。米国経
済を支えているのは、バブルを拡大する金融業と中国に負けそうな
IT産業である。そして、経済規模ではサービス産業だ。


以後は、有料版を見てください。



コラム目次に戻る
トップページに戻る