心穏やかに/エッセイ

複合ワークのツケ?

徒然エッセイ
管理人室トップ管理人プロフィールぽえむコーナー徒然エッセイ展示室

 ■第80話/複合ワークのツケ?■

 相変わらず複合ワークを余儀なくされ、継続しているが、人間はやはり「寝だめ」ができない生き物であるためか、いろいろな失態を演じてしまい、自分のことながら思い出すと情けないやら自己同情するやらの日々である。以前、睡魔から食事中にどんぶりとお箸を持ったまま10分程度そのままの姿勢で寝ていた話を記したが、今回はちょっと異なるがやはり何んともはや…という失態の話である。

 筆者の本業は夜勤仕事であり、昼間のサラリーマンの昼食にあたる食事はだいたい深夜12時過ぎにとることが多いのだが、しっかりと食堂などで1時間というのではなく、パソコンで作業しながら手製のサンドイッチを食べるというパターンである。手製といってもそんな手の混んだサンドイッチなどではなく、市販のソーセージをできる限り薄くスライスして油で焼いて、食パンにマヨネーズを塗り、挟むといういたって簡単なものである。

 これは食費節減の一環で、菓子パンなどを購入するよりはるかに安上がりで済むからである。分量は決まって食パン3枚にしてえいる。食パン4辺のうち、2辺は愛犬Qちゃん、ポコちゃんのサプリメント付臨時食事のために使うゆえ、2辺のみ耳がついた食パンを半分に切って、それを重ね合わせているものである。

 今まで何度かあったことであるが、3枚のサンドイッチを食べていて、あれっ?もう全部食べてしまったんだっけ?ということがあった。夜勤仕事も出勤時の18時からだいたい深夜24時くらいまでは、ほとんど吹き晒しの受付業務ゆえ、いかに眠くなろうが、そこでウトウトするわけにはいかないし、今の季節など寒くて逆に眠気も覚めてしまうような状態なのだが、資料作成やデータ集計などの事務作業のため、事務所内に入ると、その暖かさのためもあって、ついウトウトしてしまう。

 そんな状態でパソコン画面を見ながら食事をしているから暖かさプラス徐々に感じる満腹感から自分の意志に反していつの間にか寝ている…ということもある。そんな状態だから自分が何枚パンを食べたのかもわからなくなってしまうのであろうか。

 はて?もう全部食べてしまったのか?何か早いというか物足りないなぁ、と思って自分の足元を見ると…何と食べかけが落ちているではないか!途中まで食べた状態のパンをいつの間にかウトウトして落としてしまい、それに気づかず次のパンをかじっているということである。今までに記憶にあるだけでも3度は実行している失態である。確かに2時間弱の睡眠時間では仕方ない失態なのだろうが、何とも当然というか同情すべき情けない失敗談であった。


徒然エッセイ扉へ戻る

| トップページ | What's New&サイトマップ | ともだち絵本館 | リレー絵本 | 折り紙教室 | ミニゲームコーナー | ともだちギャラリー | Flashムービー館 | 独断でおすすめの1冊 | ともだちリンク | 絵本作家リンク | 全国の絵本館紹介 | 掲示板 | 管理人室 |

TOMODACHI MUSEUM Copyright(C)SADAO MARUYAMA All Rights Reserved.