心穏やかに/エッセイ

おすすめ犬用サプリメント

徒然エッセイ
管理人室トップ管理人プロフィールぽえむコーナー徒然エッセイ展示室

 ■第75話/かなりおすすめの犬用サプリメント■

天然酵母+こうじ菌+乳酸菌 保険はもちろん、今や犬や猫でも専用のサプリメントが発売されていて、まさに家族の一員として、昔に比べると大切に扱われるようになったものである。もちろん、未だに悲しい殺処分という実態は存在し、このことに関しては激しい怒りを覚えるのだが、少なくとも大切に犬を飼っている愛犬家にとっては、家族の一員として犬の健康にはかなり気を使っていることだろう。

 かくいう筆者も愛犬Qちゃんとポコちゃんには、それなりに愛情を注いでいるつもりである。さて、今回は少々商品PRになってしまうが、これはあくまでも商品ユーザーとしての率直な感想であり、発売元からの依頼やお礼目当ての意図ではないことをまず断っておきたい。

 ネットでいろいろと調べていると、ペット用サプリメントも多種多様である。(※じつは、筆者はペットという表現が非常に嫌いなのだが、一般的にこう表記した方がわかりやすいし、代わりになる単語も見当たらないのでやむなく使うことにする)人間のサプリメントでもいわゆる「お試し」サプリがたくさんあるが、同様にペット用サプリでも「お試し」として安価に購入できる商品が多い。

 しかし、「お試し」サプリというものは、人間のサプリも同様だが、例えば1週間分程度の場合が多いから、サプリメントという商品の性質上、その効果が目に見えてこないうちに多くの場合はなくなってしまうものである。つまり、サプリメントはほとんどの場合、即効性はなく、数ヶ月以上は継続して徐々にその効果を実感することが多いからである。

 筆者はもう数年になるが、某老舗のローヤルゼリーを飲んでいるが、このサプリメントとて、それに至るまでにはいろいろなサプリメントを飲んでみた。多くの場合、やはり数ヶ月以上継続して、何となくそれ以前よりは改善が感じられるかな…という感じで、ある意味では「飲んでいる」という安心感も後押ししての改善という面もなきにしもあらずだったかもしれないと思える部分も多々ある。それが、今継続しているローヤルゼリーの場合は、相性が良かったのかどうか、わからないが、わずか数日でその効果を実感でき、驚嘆し、それ以来継続している。

天然酵母+こうじ菌+乳酸菌粉末 そういう即効的な実感というのは、まずほとんどの場合は期待できないのが現実ではないかと思うが、今回紹介するペット用サプリメントは、そうした即効性という点でも飼い主として実感できたからこそ、あえてPRっぽくなることを承知の上で、紹介する次第である。その商品は「天然酵母+こうじ菌+乳酸菌」サプリメント(rashiku-rashiku 総販売元株式会社:ThreeB)というものである。

 この商品に出会ったきっかけは、サンプルモニターサイトに応募し、偶然にもそのモニターに当選したことがきっかけだった。それまでにもペット用お試し品には何度か応募したことがあり、特にドッグフードなどは店頭での試供品も含め、いろいろと応募してみては試したものである。ただ、残念なことにほぼ全てが継続に至るものではなく、単発で終わってしまった。何せドッグフードゆえ、美味しいかどう本人たちに確認することもできないからその食べっぷりを見て判断するしかないのだが…。

 今回紹介のサプリメントは、使い方としては非常に簡単で、毎日あげているドッグフードにふりかけのようにかけてあげるだけでいいのだ。ただ、ふりかけだって、人によっては好みがあるように、犬にだって好みがあるだろうから、ものすごい食いしん坊のQちゃんだが、結構神経質な面もある子だから、果たして正体不明のふりかけをかけたら、普段ならまるで掃除機のようにあっという間に食べてしまうフードも躊躇するのでは?という懸念があった。

 案の定、最初は普段とは違ったものがかかっていることに疑念を抱いたか、まずは臭いをかいで、すぐにはバクバクとは行かなかった。しかし、このサプリは味にも工夫がされているようで、Qちゃんは一口食べたら、その後はいつものように一気に食べてしまった。そして、粉だからお皿に残ってしまっていた部分もあったが、それまでもきれいに舐めて、お皿はピカピカ状態となった。この時点で、まず食べるということに関しては大丈夫ということがわかった。

Qちゃん あとは、果たしてそれなりの効果が期待できるか?という点だったが、ここで実は非常に困った問題があった。それは、筆者の家では基本的にはQちゃんやポコちゃんの食事に関しては妻が実権を持っていることである。ドライフードもいくつか品を変え、その中でどれがいいのか最終判断を下すのは、日常的に2人の様子を見ている妻なのである。まして、Qちゃんは去勢手術を受けたこともあり、比較的太る体質ゆえ、イタグレとしての理想的体型を望む妻にしては、ただでさえ大食いのQちゃんの体重管理にはうるさいのである。

 となると、いかに筆者がこのお試しサプリメントが良さそうだから、と薦めても、毎日の食事に使ってくれるとは限らない。さらに、妻はどちらかというとペット用サプリメントにはあまり興味もなく、率先して与えようという気持ちはあまりなさそうだから、ますますお試しサプリの常用は困難と容易に推測できた。

 筆者は昨年12月末から夜勤仕事についていて、日常的な勤務時間は夕方18時から夜中というか早朝というか午前3時までで、車通勤で残業等がなければ午前3時半過ぎに帰宅する。

 そしてその後、朝食というのか夕食というのかわからないが、食事をするのだが、ほぼ決まってまず食パンをトーストして2枚程度食べてから、目玉焼きを1個作って、それをご飯の上に乗せて食べるのが習慣である。いつからか、そんな筆者の生活習慣に食いしん坊のQちゃんがかぎつけて、午前3時半過ぎになり、筆者が台所でゴソゴソとやっていると、いつの間にかちゃんとお座りをして、何かを要求する態勢でいるようになった。

 そこで、パンの耳を細かく切って、それにこの粉末サプリを降りかけて食べさせることにした。大食いのQちゃんのことである。あげるパンの耳の量も適当にしないと果てしなく食べてしまうゆえ、そんなことをしたらすぐに太ってしまう。太ってしまったらQちゃんに余分なものを与えたことが妻にばれてしまう。

 正確な体重測定はだいたい1ヶ月周期で動物病院に爪切り&肛門腺絞りに連れていくときに測定するか、もしくは予防注射などで病院に行ったときに測ってもらうが、体重はだいたい抱っこした時の感覚である程度はわかるものである。少なくとも重くなっていれば、細かい数字などはわからなくても「重くなった」ということはわかる。とりあえず、絶対に与えすぎない程度で、この密かな早朝というか深夜というか、Qちゃんと筆者の秘密の食事時間が始まった。

 1週間ほど経過したある日、注射のために病院に行く機会があった。筆者はじつは内心、ドキドキであった。毎日、妻が与えている食事とは別に規則正しく、パンの耳にサプリを降りかけて食べさせているのである。どう考えても体重が増加してしまっているだろう。ところが、何と、その日の体重測定ではほとんど変化がなかったのである。

 これは?明らかに1食分は余分に食べさせているにも関わらず、体重に変化がないとは?こうなると、明らかにこの粉末サプリの効果としか考えられないのではないか?体にも効果的で、しかも体重維持にも効果があるのであれば、これはまさに一石二鳥である。こうして、ほぼ毎日、Qちゃんと筆者の秘密の朝食タイムは継続され、もう3ヶ月以上が経過している。

 前述の「天然酵母+こうじ菌+乳酸菌」サプリメント」も最初に購入した分は使いきり現時点で3度リピートしている。これも前述したが、サプリメントは即効性があるものではない。ある程度、継続して徐々にその効果を実感することが多い。それに最近ではなんとなく毛並みもつやつやしてきたように感じる。これは触感だが、撫でた時に感じることである。確かに体重に関しては、何10gから何100gという範囲で多少は増加があるかもしれない。

 しかし、階級別のボクサーのように厳しい体重制約を厳守するわけでもなし、大幅な体重増でもない限り、そこまで神経質に体重管理を行う必要があるだろうか?と筆者は思っている。もちろん、かつて6kgをオーバーしてしまった時期があったQちゃんゆえ、そこまでいってしまってはいろいろな面でまずいとは思うが、理想体重を5kgとするなら、それが5.2kg前後ならよしとしてもいいのではないかと思っている。

ポコちゃん 少なくとも、その後の何度かの動物病院での体重測定では理想的体重は少々オーバーしているものの、せいぜい2〜300g程度である。それ以上に他の面で見るからに効果が出ていると思えるのであれば、これはやはりサプリメントの効果を優先した方がいいに決まっていると思える。

 もちろん、個体差があるゆえ、全ての犬に効果的なのかどうかはわからない。それは人間のサプリメントにおいても同様である。今回PRしたサプリメントも我が家のQちゃんにはマッチしているということなのかもしれないが、愛犬家の方なら、是非お試しいただいて決して損はないのではないかと思う。何故なら、プラス要素はあっても少なくともマイナス要素はないはずだからである。

このサプリメントは前述したが、rashiku-rashiku(総販売元株式会社:ThreeB)から発売されているが、このサイトをご覧になっていただくと、おわかりいただけるが、現時点では商品アイテムは非常に少ない。しかし、それは1つの商品に対する会社としての思いやりと大切さと熱意の表れと思えるし、逆に信頼感を感じる。

 最後に補足情報として付加すると、この文章を記したのが、少々前だったのだが、つい最近…と言っても10日ほど前になるが、毎月の爪切りと肛門腺絞りで動物病院に行った際に測定したQちゃんの体重は何と5kgを割り、4.96kgだったことを記しておく。そして、毎日欠かさず秘密の朝食会に参加するQちゃんほどではないが、その日の気分でおもむろに参加してくるポコちゃんもパンの耳の分量はQちゃんのほぼ半分くらいだが、同じようにこのサプリメントを振りかけて食べているが、しっかりとお皿がきれいになるまで食べてくれているし、体重に関しても極端な増加もなく、毛並みの艶も良好、いたって元気であることもつけ加えておきたい。

rashiku-rashiku

徒然エッセイ扉へ戻る

| トップページ | What's New&サイトマップ | ともだち絵本館 | リレー絵本 | 折り紙教室 | ミニゲームコーナー | ともだちギャラリー | Flashムービー館 | 独断でおすすめの1冊 | ともだちリンク | 絵本作家リンク | 全国の絵本館紹介 | 掲示板 | 管理人室 |

TOMODACHI MUSEUM Copyright(C)SADAO MARUYAMA All Rights Reserved.