Junglegym

ノラクロたちのジャングルジム



   ますなりさんちは、目下、外装の化粧直しをしていて、家を囲んでジャングルジムのように足場が組まれている。窓や出入口の前にも迫っていて、にんげんにとってはうっとうしい。
 しかし、ねこさんたちにとっては、楽しいジャングルジム。軽やかに昇り降りしたり(もっとも、昇るだけ昇って、降りてこれなくて、われわれが救出、という場面も何度か・・・)、好きな高さでのんびりしたり、大いにエンジョイしている。
 それを眺めていると、ねこさんたちのように軽々と昇ることができれば、また世界観もちがってくるのではないか、と感じる。にんげんがむやみに(?)天上に憧れてきたのも、にんげんが地上にへばりついて暮らす生活形態を宿命づけられていることと関係があるかもしれない。 (1996年6月25日) 
 

初めのページに戻る