目次へ:

元 素 名 陽イオン イオン半径 配位数 イオン化傾向 水に対する反応性 酸化物の融点
水  素
硼  素
珪  素
ベリリウム
アルミニウム

チ タ ン
鉄 (3価)
ニッケル
ジルコニウム
マグネシウム
リチウム
鉄 (2価)
ナトリウム
カルシウム
カリウム
 H +
 B 3+
 Si 4+
 Be 2+
 Al 3+
  〃
 Ti 4+
 Fe 3+
 Ni 2+
 Zr 4+
 Mg 2+
 Li +
 Fe 2+
 Na +
 Ca 2+
 K +
  0.0Å
  0.2
  0.4
  0.4
  0.5
  0.6
  0.7
  0.7
  0.8
  0.8
  0.8
  0.8
  0.9
  1.1
  1.2
  1.6















12
注1) 12
  −−−
  −−−
     6
     7
     〃
  −−−
    11
    10
     8
 〔5〕
 〔1〕
     9
 〔3〕
 〔4〕
 〔2〕
−−−
−−−
赤熱+水蒸気⇒H2
高温水蒸気⇒H2
過熱水蒸気⇒H2

−−−
赤熱+水蒸気⇒H2
−−−
−−−
熱水⇒H2 発生
水⇒H2 発生
赤熱+水蒸気⇒H2
水⇒H2 (発火)
水⇒H2 (ゆっくり)
水⇒H2 (激、発火)
注2)  0℃
   450
  1713
  2550
  2054
    〃
  1843
  1565
  1984
  2715
  2826
  1400
  1350
  (318)
  2572
  (360)
注1)水素分子(H2)に対するイオン化傾向を表すが〔 〕内は水素原子(H)より大きいもの。
注2)( )内は水酸化物としての融点。
表 3-2 主な元素(陽イオン)のイオン半径と諸特性