目次へ:

a)最密充填型
(a-1)カンラン石など
 (奇数番のみで連結無し)
b)高圧cis-型 (b-1)輝石,角閃石,雲母
c)高圧cis-
  高温trans-
(c-1)中間体 (実線)
     ↓〔降圧〕
(c-2)トリジマイト(点線)
   Mix (c-1)中間体 (点線)
     ↓〔降温〕
(c-3)長 石 (実線)
d)中温
   trans-型
(d-1)中間体 (点線)
     ↓〔水分濃縮〕
(d-2)β-石英(実線)
e)高温
   trans-型
(e-1)クリストバライト
     ↓〔降温〕
(e-2)トリジマイト(点線)
図 3-6 単鎖状SiO4連結体をモデルとした珪酸塩鉱物の進化と基本構造の変化