東京山の手空襲

 

昭和20年5月25日夜間、米爆撃機B29 502機が東京の山の手地域に来襲し、うち470機が無差別に

焼夷弾を投弾する絨毯爆撃を行った。皇居も含め赤坂・青山・中野などが標的になり、投下された焼夷弾は

3月10日の東京大空襲の倍近い3,258トンで、「東京空襲の総仕上げ」とも言われている。

この空襲での死者数は3,651人で、特に表参道周辺には逃げ遅れた人々が殺到し、多数の犠牲者を出

した。安田銀行 (現:みずほ銀行)の扉の前には黒こげの遺体が山となった。

死者数が東京大空襲での死者数10万人を下回っているが、これは疎開が進んだことや、消火活動より避

難を優先するようになった為だとされている。

 

表参道交差点

東京都港区

和をのぞむ(写真右の石柱)

碑文

太平洋戦争の末期、昭和二十年五月、山の手地域に大空襲があり、赤坂・青山地域の大半が焦土と化しま

した。表参道では、ケヤキが燃え、青山通りの交差点付近は、火と熱風により逃げ場を失った多くの人々が

亡くなりました。

戦災により亡くなった人々を慰霊するとともに、心から戦争のない世界の平和を祈ります。

港区制六十周年にあたり、この地に平和を願う記念碑を建立します。

平成十九年一月 港区赤坂地区総合支所 区制六十周年記念事業実行委員会

 

善光寺 東京別院

東京都港区

戦災殉難者諸精霊供養塔

碑文

昭和二十年五月二十五日 為大東亜戦争青山周辺戦災殉難者

昭和四十一年五月二十五日  有志一同建立

 

都市空襲

更新日:2010/11/13