『モップス/1969〜1973』

(MOPS/'69〜'73)

《1973年6月5日発売》
(曲目)1.晴れ時々にわか雨/2.傘がない/3.永久運動/4.消えない想い/5.
 たどりついたらいつも雨ふり
 6.朝まで待てない/7.歌いたい魂/8.すずきひろみつの気楽に行こう/9.
 御意見無用(いいじゃないか)/10.何処へ(世界歌謡音楽祭入賞曲)
 /11.今日の終わりに(エンドテーマ)

僕が最初に聞いたモップスのアルバム。 残念ながら現在では廃盤になっている。 ベスト・アルバムではあるが、ここでしか聞けないバージョンや曲も多く、 選曲もちょっと変則的なアルバム。 モップスは初期は海外の曲のカバーがが中心でサイケデリック色やハード ロック色が強く、後期は日本語のオリジナルが増えフォーク・ロック色が 強くなった。 このアルバムは、日本語のオリジナルのみで構成され、なおかつコミック ソングとしてヒットした「月光仮面」を排除しているあたり、「俺達は正 統的なロックバンドだぜ」と言いたげな彼等のこだわりの現れといえる。 こうしたことから、ベスト・アルバムでありながらも非常にトータル・ア ルバム的な仕上がりになっている。 全体的なトーンとしては、1960年代後半から70年代初頭にかけてのヒッピー 文化とそれを引きずりつつも肯定的に生きようとしていた'70年代前半の 時代性を強く感じる。 「何処へ」などの大仰さは今聞くと滑稽でさえあるが、いい時代だったんだ なあ、という想いも起こさせてくれる。 ぜひ、CD化してほしい1枚だ。                     1996年11月3日 小林アツシ

●筆者へのメールはこちら
●筆者のホームページへ

●ディスクレビュー・メニュー(登録順)
●ディスクレビュー・メニュー(アーチスト名索引)
●ディスクレビュー・メニュー(発売年順索引)

●「JARA!」トップページに戻る