0から始める手作りおもちゃ2 


                   
虹の変化 紙飛行機の発射台 紙飛行域の発射台  木のキューブのパズル   キューブを簡単に作る 立体コマ      
CDの虹色コマの木のタイプ  紙飛行機の発射台 工作用紙の紙飛行機発射台 木のキューブパズル キューブを簡単に作る方法    立体コマ       
                   
 ダイヤ型のグニャグニャ凧  紙飛行機の円形タイプ  1分で作れる太鼓  傘袋で作るロケット  安全なクラッカー 音の静かなタイプ   自作のカイト タンポポ
ダイヤ型のグニャグニャ凧 紙飛行機の円形タイプ 1分で作れる太鼓 傘袋のロケット  安全なクラッカー 紙コップのクラッカー2 紙コップのクラッカー3(音静か) 投扇興   ゲイラカイト タンポポ 
                   
アクリル板で作ったもの プラスチックボードを使った見本 中東の楽器:ズルナ 折り紙の凧 下敷き立体コマ
立体コマの羽切りの補助具 コマの模様  ステンドグラス風の飾り1 ステンドグラス風の飾り2  ステンドグラス風の飾り3 中東の楽器:ズルナ 折り紙の凧 下敷き立体コマ カラスのグニャグニャ凧  おはじきの飾り2 
                   
紙の箱の楽器 洗濯ばさみの綱引き 洗濯ばさみの綱引き紙バージョン 洗濯ばさみリレー 紙コップコマ 紙コップのアナラポス 迷路 もしもしホーン 虫笛:改
  どんぐりの顔 紙箱の楽器  洗濯ばさみの綱引き 洗濯ばさみの綱引き:紙バージョン 洗濯ばさみリレー 紙コップの立体コマ 紙コップのアナラポス 迷 路  もしもしホーン   虫 笛:改
                   
竹返し 折り染めで作る箱 スパゲッティメジャーのけん玉 ビーズのペンダント 葉っぱのこすり絵 くるくる回り棒 ピンホールカメラ レンズつきのピンホールカメラ
竹返し 折り染めで作るきれいな箱 スパゲッティメジャーのけん玉  ビーズのペンダント 落ち葉のこすり絵 クリスマスリース2  紙コップ釣り くるくる回りん棒 カラー段ボールで作るピンホールカメラ  レンズつきのピンホールカメラ 
                   
紙コップのボウリング 洗濯ばさみの塔 簡単輪投げ 割り箸のけん玉 折り紙のピーク
おはじきの飾り  紙コップのボウリング  ケーキ3  新CD虹色円盤 洗濯ばさみの塔 簡単輪投げ  おはじきの飾り3 割り箸のけん玉  紙のピーク  でっかいピーク 
                   
 苔の盆栽    ミニミニ空気砲   紙の花 紙コップの星空 リンリンラケット ドングリのコマ
ミニ盆栽 CDを並べやすくする☆  ミニミニ空気砲  野菜のスタンプツリー お花畑  紙コップの星空 リンリンラケット どんぐりのこま  ピチカート  ミニ石庭
                   


写真
掲示板
『青い空』
 

 作り方のご質問等はこちらからどうぞ。
  



イラスト    立体コマ
コマの様子回転した時上から見るとシールを貼る回転すると立体コマ3立体コマ3立体コマ4立体コマ4立体コマ5立体コマ5  
 (道具・材料)
厚画用紙、楊枝、はさみ、鉛筆等、ラベルシール、定規、セロテープ  ※コマ自体はどんな材料で作ってもOKです。
切り方の一例(制作の手順)
①厚画用紙にコンパスで適当な大きさの円を描くか、CDを厚画用紙に置いてCDの縁を鉛筆等でなぞり円を描きます。

②はさみで円を切り取ります。中心のところに印をつけておきます。コンパスで円を描くと中心がわかっているので楽です。

③切り取った円に左の例のように線を引いて、はさみで切り込みを入れます。この例の場合は、上側に2つの羽のような見え方になります。線を増やして切り方や折り曲げ方を変えていけば、コマの上下に上の写真のような形が表れます。この部分は、工夫次第でしょう。色づけは、絵の具やラベルシートを使います。

④円の中心に楊枝等をさしてコマの完成です。楊枝はすぐにくるくる回ってしまうので、セロテープで表と裏に貼って固定します。



  立体コマのはねの部分を描く補助具
全体図溝の様子溝を鉛筆でなぞる大量に羽を切る印を作れる  たくさんの数のコマを作る際には、羽になる部分の線を引くのがとても大変です。そこで元になる円盤に線を引き、はさみで線の部分を1㎜くらいの幅で切ります。これを何も書いていない円盤に乗せ、溝になった線の部分をなぞれば、簡単にたくさんのコマにはさみで切る羽の部分の印を描けます。1個か2個しか作らないのならば必要有りませんが、コマの羽の線を数十枚描く際には使えます。



    下敷き立体コマ
3層に羽が見える横から見たところ羽を折る前の状態2種類 研修会に持って行く立体コマの見本用に作ったものです。紙だと移動中に形が崩れてしまうことがあるので。

(材料・道具)
100円ショップで売っている下敷き。CD(コンパスですと下敷きに円を描けないので・・。)、サインペン、はさみ、100円ショップで売っているペグ
ガムテープ



イラスト  紙コップの立体コマ
紙コップの立体コマ回転中  立体コマを紙コップで作ったものです。作って見て羽の部分は等分にきらなくても大丈夫そうですが、厚紙で普通に作る方が、少々手間はかかるものいいものができる感じです。
 (道具・材料)紙コップ、はさみ、コマの軸になるもの(楊枝、ダボなど)、千枚通しかドライバー
はさみで切る切ったところを広げる軸を通す穴をあける羽は上下に折り曲げる (制作の手順)
①紙コップの周囲を8等分にはさみで切ります。

②切った部分をひろげます。

③紙コップの底の中心にドライバーか千枚通しで穴を開けます。

④楊枝かダボなどでコマの軸にします。

⑤羽になる部分を折り曲げて回転した時に上下に羽が回り立体的に見えるようにします。(ラベルシートなどを貼ると色がついてきれいです。)



イラスト  コマの模様
 手作りのコマやCDを利用したコマ作りをする際に、どんな色合いが楽しめるかが一番重要になります。そこで色々な色や形を試してみたものが下にあげるコマの模様です。まだ、試してみた数が少ないのですが、色と模様を考える際の参考になればと思い載せました。 
 左側が模様で、その右側にあるのが、そのコマを回転させた場合の色の見え方になります。
 黄色は強い色なのか、コマを回転させると他の色が殆ど見えなくなってしまいます。



 色を塗るのが大変な場合は、左のコマのようにラベルシールを貼るのが簡単です。 



  新・CD虹色コマ
新・CD虹色コマ新・CD虹色コマ2虹色の見え方コマの軸の上から虹色が 虹色CDコマは最低4枚のCDがナイトできないのですが、それを1枚でなんとかできないかと考えたものです。4枚のCDを使ったコマには到底及びませんが、写真のように小さな羽のような虹色が見られることがわかりました。
円を切るカッターダボ(道具・材料) 100円ショップかホームセンターで売っているダボ(コマの軸になります。)、CD、工作用の厚紙(写真のものは3㎜圧のベニヤ板)、円を切る道具(文房具店やホームセンターに売っています。100円ショップにもあります。)、はさみ、ボンド 
(制作の手順)
①厚画用紙(工作用紙)の上にCDを乗せて円を描き、はさみで円を切り取ります。または、コンパスでCDの大きさの円を描きます。(コンパスで円を描くと中心がわかるので、こちらの方法がおすすめです。)

②切り取った円状の厚紙に、直径が24㎜くらいの小さな円を8個円を切るカッターで切り取ります。

③厚紙は特に色を塗らなくてもOKです。厚紙の中心にカッターで十字に線を切ります。長さは1㎝くらいでOK。

④CDの上に厚紙の円をのせ、円の中心にダボを差し込みます。ダボの表側と裏側(コマの裏側)にボンドをつけて固定します。完成。

※部屋を暗くしてコマを回し、懐中電灯でコマの上から光をあてます。
 



イラスト  ミニ盆栽
(道具・材料) 
100円ショップで売っている植木鉢・土、苔、石
 
植木鉢土を入れる苔を獲ってくる苔と石をのせる(制作の手順)
①植木鉢に100円ショップの園芸コーナーで売っている土を入れる。

②苔と石をのせて完成。

※ミニ盆栽の作り方の載っているホームページを参考にする。
 



イラスト    お花畑
(道具・材料) 
100円ショップで売ってい小さい紙コップ・大きめの紙皿、のり、色紙(折り紙)、ボンド、はさみ
 
紙コップに色紙を入れます。赤い花(制作の手順)
①小さい紙コップをはさみで底から2~3㎝のところまで切ります。

②紙コップに長方形に折った色紙(折り紙)をぐるりと巻くように入れます。

全体像③巻くように入れた色紙の中側にくしゃっとつぶした別の色の色紙を入れます。これで花が完成。

④大きな紙皿に折り紙をちぎって貼り付けます。

⑤紙コップの底にボンドを塗ってお皿に貼り付けて完成です。



イラスト    タンポポ
(道具・材料) 
折り紙、ストロー、両面テープかのり、はさみ
折り紙を半分に折ります。はさみで切れr込みを入れます。はさみで切り込みを入れます。(制作の手順)
①黄色の折り紙を横に半分に折ります。

②はさみで切れ込みをいれます。(ストローの軸に貼る部分を考えて2㎝幅位は切らないで残します。あらかじめ折って折り目をつけておけば、ここまではさみで切るという目安になって良いです。)

2種類のタンポポ2種類のタンポポ③はさみで切れ込みを入れるとき、折った山側からはさみを入れると写真左側のタンポポになります。折った折り紙の下側(谷側)から切り込みを入れると写真の右側のたんぽぽになります。

④切り込みの入っていないところをストローに両面テープで貼り付けます。

⑤花を広げれば完成です。



イラスト  どんぐりの顔
ボールペン:油性(道具・材料) 
100円ショップで売っている油性のボールペン、修正液(ペンタイプが使いやすいです。)、どんぐり
どんぐりと修正液修正液を塗ります修正液を乾かす。顔ができました。色々な顔(制作の手順)
①どんぐりに修正液を塗ります。ここが顔の部分になります。

②30分くらいして修正液が乾いたら、油性のボールペン等で目や鼻・口・髪の毛等を自由に描けば、もう完成です。
 



イラスト  ミニ石庭
(道具・材料) 
100円ショップで売っている四角のケース・園芸コーナーで売っているカラーゼオライト、ハンマー、石、苔、砂
 、くぎ
ケースに砂を入れる。カラーゼオライトをハンマーで砕く (制作の手順)
①ケースの中に砂を入れます。

②ゼオライトをハンマーで砕いて砂状にします。(ビニール袋を何枚か重ねた中に入れて叩きます。)

砂の上にゼオライトをまく苔と石を配置する。③砂の上にゼオライトをまきます。

④苔と石を配置します。くぎでゼオライトの上に円や波状の線を引いて完成。



イラスト  折り紙の凧
(道具・材料) 
100円ショップで売っている折り紙・ミシン糸、はさみ、セロテープる
 
折り紙を半分に折ります。写真のように折ります。写真のように折ります。(制作の手順)
①折り紙を2つに折ります。(ダイヤ型になります。)

②ダイヤの向きを変えて、真ん中の写真のように折ります。

③折った所を写真のように上に折ります。

裏側も折ります。折り紙を広げます。④裏返して、まだ折っていない反対側も同じ手順で折っていきます。

⑤折り紙を広げます。

⑥写真の位置にに糸をセロテープで留めます。左右同じようにとめます。糸目糸の長さは各20㎝

糸をセロテープで貼ります。しっぽをつけます。糸目糸の長さは20㎝。⑦幅1㎝位のしっぽで、長さが1m~2mをセロテープで貼ります。風が弱いときは1m・風が強いときは2mです。

⑧糸目糸の真ん中に糸を結びつけたら完成です。



イラスト  ダイヤ型のグニャグニャ凧
(道具・材料) 
ゴミ袋(ここでは黒いゴミ袋を使っていますが、線を引くときにわかりずらいので、透明化半透明の袋の方がお勧めです。黒い袋の場合は、修正液で線を引くようにします。)、はさみ、定規、たこ糸、楊枝1本、やや太めのひご
 
凧の寸法図黒いビニールの時は、修正液で線を引きます。はさみで切ります。骨組みのひごとしっぽをつけて完成。(制作の手順)
①ゴミ袋は、左の寸法図のように縦60㎝・横48㎝にはさみで切ります。ゴミ袋は透明か半透明がマジックで線を引いたときにわかりやすいです。黒いゴミ袋の場合は、修正液で線を引けば白い線になってわかりやすくなります。

②図のように線を引いたら、ダイヤ型にはさみで切ります。

③太めのひごをセロテープで真ん中に貼ります。(図の竹ひごと描いてあるように)

④楊枝(1本)を真ん中で折って2本意します。普通のグニャグニャ凧と同じように糸目糸をつける所に楊枝をセロテープで貼り付けます。糸目糸の長さは各60㎝。

⑤糸目糸の真ん中にたこ糸を結びます。

⑥しっぽはひごの下側にセロテープで貼ります。しっぽの長さは5~10mと長いものをつけます。
 



イラスト  カラスのグニャグニャ凧
鳥よけイーグル(道具・材料) 
100円ショップ(ダイソー)の園芸コーナーに売っていた「鳥よけイーグル」
100円ショップで売っている90ℓのゴミ袋・竹ひご、たこ糸、幅が広めのセロテープ、はさみ、定規、きりか千枚通し、ペン(サインペンかマジック)
グニャグニャ凧にカラスを貼るセロテープで貼る下から見るとたこ糸をつけて完成(制作の手順)
①凧の部分は、グニャグニャ凧です。

②グニャグニャ凧の手前側(揚げるための糸がついているほう)にセロテープで鳥よけイーグルを貼ると完成です。
 



イラスト  ゲイラカイト
(道具・材料)
100円ショップで売っている90ℓのゴミ袋・竹ひご、たこ糸、幅が広めのセロテープ、はさみ、定規、きりか千枚通し、ペン(サインペンかマジック)、布ガムテープかビニールテープ 
カイトの寸法図表側のたこ糸をつける三角の部分ビニールテープで凧本体に貼る。ビニールテープを反対側にも貼る。(制作の手順)
①ビニール袋の側面と底の部分をはさみで切り、袋を1枚の大きな面にします。

②左の図面の寸法のようにペン(サインペンかマジック)で印をつけて線を引きます。

③はさみで大きな三角(カイトの本体)と小さな三角(たこ糸をつなげるもので、左から2番目の写真)を作ります。

③小さな三角の角にビニールテープを表と裏に貼って補強します。きりで穴をあけます。この穴にたこ糸が結ばれます。

④竹ひごを大きな三角(本体)の真ん中に十字になるようにセロテープで貼り付けます。位置は図面を見てください。

⑤大きな三角(本体)の左右の側面に竹ひごをセロテープで貼り付けます。

⑥小さな三角の穴にたこ糸を結びつければ完成です。



イラスト  折り紙のピーク
(道具・材料) 
100円ショップで売っている折り紙(普通の折り紙)、セロテープ
 
1㎝幅で折っていく幅が5㎝位になるまで折ります。指でしごいて丸みをつけます。(制作の手順)
①折り紙を幅1㎝位に折っていきます。(繰り返し折っていくので、幅は1㎝で織り出しても、最後には1㎝以上の幅になりますが、それでもOKです。)

②残りが5㎝位になるまで折ります。

セロテープで貼ります。完成できるだけ円になるように整えます。③手でしごいて折り紙に丸みを持たせます。

④セロテープで貼って完成です。




イラスト   でっかいピーク
(道具・材料) 新聞の広告の紙、カッターナイフかはさみ、セロハンテープ
新聞の広告折って正方形を作ります。切りやすいように余分の所を折ります。(制作の手順)
①広告を正方形にするため、右下から左側に向けて折ります。(左下から右側でも同じです。)



②余分な部分を切りやすいように折ります。折ることでカッターナイフやハサミが切りやすくなります。
余分な部分を切ります。1.5~2㎝幅位で折っていきます。折っていったら10㎝位残します。
③広告を広げて正方形にします。

④下側から幅1.5~2㎝幅位に折っていきます。


⑤何回か折り、幅が10~11㎝位になったら折るのをやめます。(もとになる広告指でしごいて丸みをつけていきます。端にセロテープを貼ります。投げるときの持ち方の大きさによって残す幅は変わると思います。初めに折る幅1.5~2㎝の5~6倍の幅を残すのを目安にすればいいでしょう。)

⑥指でしごいて折った部分に丸みをつけていきます。

⑦セロテープで貼って円にします。これで完成。

※投げ方は、ピークが大きいので、片手では投げられません。写真のように両手でそっと押さえて、前に押し出すように投げます。
 



 イラスト カラー段ボールで作るピンホールカメラ
カラー段ボール3枚入り(道具・材料) 
100円ショップで売っているカラー段ボール(3枚入り)、ボンド、はさみ、定規、布ガムテープ(セロテープよりも布ガムテープのほうがお勧めです。)、トレーシングペーパー(100円ショップでも売っていますが、手に入るのなら文具店やホームセンターで売っているトレーシングペーパー)、針か千枚通し
 
カラー段ボールを幅18㎝で切ります。ガムテープを貼って筒状にする。内側に入れる筒の大きさを決めます。ガムテープを貼って内側の筒を作ります。(制作の手順)
①カラー段ボールを幅18㎝ではさみで切ります。段ボール板の真ん中で切るので、これで外側と内側の筒が作れます。

②切った段ボールをまるめて布ガムテープを貼り筒を作ります。これは外側の筒になります。

外側の筒の蓋を作ります。ボンドを塗ります。手で押しつけて貼ります。③内側の筒は、外側の筒より細くしないと外側の筒の中に入りませんので、段ボール板を丸めて外側の筒の中に入れ、ガムテープで仮止めします。段ボール板は中側が黒い方にします。外側の筒から出して布ガムテープを貼り、筒状にします。これで内側の筒も完成。

④外側の筒に蓋をするので、その蓋を作ります。段ボール板に外側の筒の先を当てて円を描き、大体の大きさで段ボールを切ります。ボンドを外側の筒の周囲に塗り、手で押さえて貼り付けます。30本ほどおいて感想させます。

トレーシングペーパーを用意します。トレーシングペーパーの周囲に切り込みを入れます。⑤内側の筒をトレーシングペーパーにあてて円を描き、その円よりも大きめにハサミで切ります。

⑥ボンドで内側の筒の先にトレーシングペーパーを貼り付けます。トレーシングペーパーを貼った筒を下にして押しつけるとしっかり貼れます。


外側の筒の蓋の余分な部分を切ります。蓋に貼りで穴をあけて完成。⑦外側の筒に貼った蓋が乾いたら、余分な部分をはさみで切って丸くします。

⑧蓋の中央辺りに針か千枚通しで穴をあければ完成です。



イラスト  レンズ付きのピンホールカメラ
(道具・材料) 
100円ショップで売っているカラー段ボール・双眼鏡か虫眼鏡(100円ショップで売っているのは大体倍率は2倍です。虫眼鏡でレンズが2個付いているものは大きいレンズが倍率2倍で小さいレンズが倍率3~6倍です。)ボンド、はさみ、マイナスのドライバー、カッターナイフ、布ガムテープ
 
外側と内側の筒を作ります。双眼鏡のレンズをはずします。レンズをつける蓋を用意します。(制作の手順)
①筒の作り方は上のピンホールカメラと同じです。外側の筒の穴はレンズの円の大きさより少し小さい円にします。カッターナイフで切ります。

②100円ショップ(ダイソー)で買ってきた双眼鏡のレンズをはずします。レンズの付いている部分の下側に穴の部分があるので、底にドライバーの先端を差し込んで上にもちあげるととれます。

レンズの容器の周囲にボンドを塗ります。蓋の段ボールにレンズをボンドで貼ります。蓋の余分な部分をハサミで切って完成です。建物が逆さまに映っています。
③レンズの周囲にボンドを塗り外側の筒の蓋になる所に貼ります。

④レンズを下向きにして押さえつけるとしっかり貼れます。これで完成です。



  1分で作れる太鼓
(道具・材料) 
100円ショップで売っている万能キャップ(直径22.3㎝のもの。ラップの代わりになる商品です。)・この万能キャップに合ったゴミ箱(チャイルドゴミ箱カラーライフという商品)
 
万能キャップ万能キャップを裏返しにしてゴミ箱に押し込む(制作の手順)
①万能キャップを裏返しにして、ゴミ箱の口に押し込んで入れるだけです。これだけでぴったり収まりキャップははずれません。

※キャップをはめ込む際には、ゴミ箱の口に真上から押し込むのではなく、キャップをまずは斜め横からゴミ箱の口にひっかけ、徐々にゴミ箱の口に入れていきます。入れずらい時には、ゴミ箱を両手で持ってゆがませてキャップをはめ込んでいきます。 



  中東の楽器:ズルナ
(道具・材料) 
100円ショップで売っているバット・ストロー・メガホンの大きいやつ・はさみ・カッターナイフ・ビニールテープ(2~3色)、木工やすりの半丸形か丸形(ヤスリがない場合は、小さめのカッターナイフ)
 
バットをカッターで切るバットの先端を切った様子メガホンにバットをかぶせる(制作の手順)
①バットの先端部分をカッターナイフ(大きいカッターナイフが刃が硬くていいです。)で切り落とします。

②切り口がきれいになるうようにはさみで切ります。


4カ所ほどテープで固定するビニールテープを巻くビニールテープを巻いて装飾③先端部分を切り落としたバットをメガホンの口の方に差し込んでみます。

④ビニールテープをバットの周囲に巻く前に、ずれないように4カ所ほどテープを貼って仮固定します。



⑤バットとメガホンが真っすぐになっているか確かめてOKなら、ビニールテープをぐるバットの底の穴ストローの先端を2㎝位つぶすこの形にはさみで切るりと巻いていきます。


⑥バットの底に小さな穴が空いていますので、その穴の大きさがストローがぎりぎり入る程度の大きさになるように半丸形か丸形の木工ヤスリでゆっくり穴を削って広げます。(ヤスリがない場合は、小さめのカッターナイフでゆっくり穴を広げます)

ストローをバットの穴に差し込むこれで完成⑦吹き口をストローで作ります。作り方は「ストロー笛」と同じです。ストローの先端の2~3㎝を指で押しつぶし、写真のような台形の形になるようにはさみで切ります。台形の形は数種類作って拭いてみるといいでしょう。吹き方は、ストローを口に入れて唇と歯で軽く噛むようにして吹きます。

⑧ストローをバットの底の穴に差し込んで完成です。 



  ピチカート
(道具・材料) 
100円ショップで売っているプラスチックのコップ(大きいものの方が工作はしやすいです。)、ガムテープかセロファンテープ・たこ糸、きりか千枚通し、ガムテープ、ハサミ・クリップ
 
プラ宇チックコップの底の中央に穴をあけます穴にひもを通しますひもの先端にクリップを結びます(制作の手順)
①コップの底の中央に千枚通しか切りで穴をあけます。穴の大きさはたこ糸が通る程度にし、余り大きくならないようにします。

②穴にたこ糸を通します。

ガムテープでクリップをコップの底に固定ひもの片方の先端に輪っかをつけます③たこ糸の先端にクリップを結びつけます。糸がはずれないようにするためです。

④クリップをガムテープでコップの底に貼り付けます。

⑤たこ糸ももう片方の先端を丸い輪っかにするか大きなビーズ等をしばりつけて、糸が手から抜けないようにします。これで完成です。

※音の出し方は、コップを片方の手で軽く握り、もう片方の手でピント糸を張らせて親指で糸を弾けば音が出ます。糸の長さやはじき方を変えると音が変わっていきます。
 



イラスト  虫笛:改
(道具・材料) 
フィルムケース(フィルムケースがない場合は、100円ショップで売っている同じような容器)、サインペン、たこ糸、ハサミ、寸米通しかきり、楊枝、ガムテープ
フィルムケースに切り口をサインペンで描くハサミで切るフィルムケースの底に穴をあける(制作の手順)
①フィルムケースにスリット(切れ込み)を入れる印をサインペン等で書きます。スリットの幅は  ・長さは ㎝。

②フィルムケースの底の中央に千枚通しか切りで穴をあけ、たこ糸を通します。


ケースに糸を通す糸に楊枝を結んで抜けないようにする完成蓋をはめて完成③糸の先端に糸が抜けないように楊枝を結んで入れます。

④楊枝がとれないようにガムテープで底に固定します。

⑤指を入れられるようにたこ糸の反対側の端に輪っかを作り、フイルムケースの蓋をしたら完成。
※音の出し方は、ケースをぐるぐると回転させるだけです。



イラスト リンリンラケット
材料(道具・材料) 
100円ショップのおもちゃのラケット・アルミの針金(太さが1㎜)・鈴
  
全体象 (制作の手順)
①アルミの針金に鈴を通し、ラケットの網の目にアルミの針金を縛り付けるだけです。

※鈴は小さいものよりも大きいもののほうが、シャンシャンといい音が出ます。



イラスト   木のキューブのパズル
 100円ショップで売っている工作材料の木の立方体(30×30×30㎜)とボンドだけで作れる木のキューブのパズルです。ボンドで貼るだけなので、小学生でも簡単に作れます。本物は、木を1個1個正確に立方体になるように切って作るのですが、こちらは貼るだけでOK。100円ショップの立方体は完全に立方体ではありませんので、組み立ててから紙やすりで表面を磨いてキューブに近づけます。それが大変な場合は、やすりで磨くことはしなくてもほぼキューブ状態になるので、手作りのおもちゃですからそこでOK。 
100円ショップの立方体(道具・材料) 
100円ショップで売っている立方体(3×3×3㎝)を3袋、ボンド、紙やすりか布やすり、接着のために重しにする本など
9枚を3段にしてみるボンドで貼り合わせる接着したパーツ(制作の手順)
①立方体を3×3個を3段並べてキューブを作って見ます。

②数個ずつ立方体をボンドで接着します。どういう形にするかは自由です。すぐにはつかないのでしばらく指で押してはがれない程度につけます。立方体と立方体がずれてくっつかないように気をつけます。

組み立てる重しをのせて接着
③1段ずつ作っていったら、一度組み立てます。

④キューブの形になったら、重しとして本など載せて接着させます。本は5分位のせたら、別の面にのせていきます。


キューブ状になるとパズルの完成⑤キューブになった状態で、紙やすりで表面を磨けば完成です。パズルとして遊んでみます。
 イラスト  キューブ作りが簡単にできる方法
100円ショップの手作り枡枡の側面を使う枡の直角の部分を使う枡の側面を上手く使う2段目も同じように枡の側面を使う 木の立方体を2個以上貼り付ける時にずれが出ないようにするのは、障がいのあるお子さんでは難しい場合があります。そんなときには、100円ショップで大きな枡を買ってきて。枡の内側にボンドをつけた立方体を置いて、枡の壁に沿うようにしてぎゅっと押しつければ、ずれが殆ど出ないで立方体同士を貼り合わせることができます。横に2個・3個でも縦に2個でも、ずれないで貼ることができますよ。



   折り染めで作るきれいな箱
作品作りの見本の箱生徒の作品生徒の作品 中学部の美術の授業で行ったものです。「折り染め」で作ったきれいな和紙(障子紙)を100円ショップの色々な形の箱に貼って、自分だけのきれいな箱を作りました。左側は完成見本で真ん中と右側は、生徒が作ったものです。生徒は14名いるので、14個の形と色・柄のの異なるきれいな箱ができました。  
(道具・材料) 100円ショップで売っている箱(形は色々)、ポスターカラー、絵筆、お皿、障子紙(ホームセンターで売っている無地のもの)、のり(アラビックのり)、はさみ
折り染め (制作の手順)
①障子紙を適当な大きさ(例:縦の長さは障子紙の幅、横の長さは箱に貼りやすいように30㎝弱)にはさみで切り、折り染めができるように折っていきます。

②ポスターカラーを皿に取って水で濃いめに溶かし、折り込んだ障子紙を浸していきます。取り出したら障子紙を広げて乾燥させます。

③障子紙を適当な大きさに手でちぎって、のりで箱に貼っていきます。(白い障子紙を貼っておかないと、箱の色や模様が見えてしまうからです。)

④折り染めした障子紙を箱に貼っていきます。ボンドを水に溶かしたもので貼ってもいいのですが、それだと箱の紙がゆがみやすいので、アラビックのりなどのほうがいいでしょう。

⑤箱のふたと周囲に貼れたら完成です。※必要に応じて、ボンドを水に溶かした濃いめの液を塗るとつやが出て補強効果もでますが、その辺は自由です。

ページのはじめへ

TOPページへ



イラスト    紙飛行機の発射台
紙飛行機の発射台 紙飛行機を投げて飛ばすことのできない児童・生徒でも、簡単に飛行機を飛ばして楽しむことができないかと考えて制作したものです。作るにあたっては、できるだけ材料代がかからず、材料が手に入りやすいもので簡単に作れるものにしました。まだ、紙飛行機は写真のロケットタイプ(?)のものしか試していませんが、室内でやってみると思っている以上に凄いスピードで遠くまでビューンと飛んでいきます。紙飛行機を投げて飛ばすことのできない児童生徒でも、これで簡単に遠くへ飛ばすことはできるようになります。発射の仕方は、手前側に引っかけてある輪ゴムを上にずらすか、発射台の板(床に着いている両側の板の部分)を左右に広げるだけです。今後、更なる改良を行っていく予定でいます。
(※「肢体不自由のお子さんでも簡単に発射できる発射台」は、0からはじめるおもちゃ作り6のページに載せてあります。) 
PP発泡シート(道具・材料)
100円ショップのPP発砲シート(サイズ 260㎜×370㎜ )、定規、赤鉛筆等のペン、輪ゴム4本、はさみ、布ガムテープ 
寸法図はさみで切っていきます。裏側にガムテープを貼ります。表側の様子(制作の手順)
①PP発泡シートを図面のように赤鉛筆かサインペン等で線を引いて、大きめのはさみで全て切ります。



②切った板を切る前と同じように並べ、裏返しに輪ゴムを通す所をはさみで切る輪ゴムを切った部分に挟み込みます。輪ゴムを手前の引くして並べます。端から順に隣り合った板を布ガムテープで貼っていきます。全部貼れたら表側にして、写真の右側のように山を2つにします。

③山を2つ合わせて輪ゴムを引っかける部分にはさみを入れます。切る長さは1㎝位。(輪ゴムは4本使い、2本ずつにして輪を通して結びます。)


輪ゴムを引っかける。紙飛行機を台に乗せる④切った部分に輪ゴムを挟み込みます。はずれないように写真のようにガムテープで固定します。

⑤輪ゴムを手前側に引っ張り、手前の山の所にかければOkです。

⑥紙飛行機を乗せればいつでも飛ばせます。

※発射は、手前の山側にひっかけてある輪ゴムを上にずらすか、床面に着いている左右の板部分を両手で持って、左右に広げれば紙飛行機が飛び出していきます。 ゴムの威力があるので、紙飛行機は3~4回飛ばすと飛行機の背中側のゴムの当たる部分が折れてしまうので、新しい飛行機に変えなければならないのが、今のところ課題です。



イラスト    工作用紙の紙飛行機の発射台
(道具・材料)
100円ショップで売っている工作用紙(5枚入り)1枚、ペン、定規、はさみ、両面テープ、輪ゴム2本、ビニールテープ
 
寸法図4㎝幅で折って行きます。(制作の手順)
①左の寸法図のように工作用紙を4㎝幅に線を引きます。これで10の面ができます。

②線に定規を当てて工作用紙を折るときれいに折れます。全部の線に沿って定規を当てて折ります。

③山折りになる部分(②と③の間、、④と⑤、⑤と⑥、⑥と⑦、⑧と⑨の間の線)は工作用紙を裏返しにするとすでに折れ線ができていてわかるので、その線を目安に折れば山折りになります。
両面テープを貼ります。ゴムがはずれやすいように角をカット。
④両面テープを②と④と⑥と⑧の裏側に貼り、左の寸法図の写真のように4つの山を作ります。

⑤4つ山ができるので右側の山2つと左側の山2つ間に両面テープを貼り、くっつけて山を左右の2個にします。(山の部分はゴムの力が最もかかるところなので、山2個を貼り合わせて強度のある山1個にしています。)


⑥発射台の手前側の角をはさみで切り落とします。こうすることで発射の際に輪ゴムはずれやすくなります。
輪ゴムが滑りやすいようにテープを貼ります。輪ゴムを取り付けます。
⑦山のところにビニールテープを貼ります。(輪ゴムが引っかからないようにするためです。)

⑧発射台の先側にはさみで1㎝ほど切り込みを入れ、そこに輪ゴムをはさみこみます。輪ゴムははずれやすいので、ビニールテープを貼って固定します。
輪ゴムを手間へに引いてひっかけます。紙飛行機を乗せます。大きい飛行機でもOK
遊び方・・・輪ゴムを手間へに引きカットしてある部分の下側にひっかけます。紙飛行機(大きいものも小さいものでもOK)を手前側の山と山の隙間に乗せます。発射台の左右の羽の部分を両手で持って手を広げれば、ビューンと凄い勢いで紙飛行機が飛んで行きます。
 



  野菜のスタンプツリー  
(道具・材料)
ピーマン・蓮根・ニンジン・ジャガイモ等の野菜、色画用紙、黒い画用紙、カッターナイフ、包丁・まな板、ポスターカラーや絵の具絵筆、パレット  
黒い紙に下絵を描いて切り抜く切り抜いたもの野菜に色塗り(制作の手順)
①黒い画用紙にツリー等下絵を描き、カッターナイフで切り取ります。

②野菜を横に切ります。


③ポスターカラーなどを絵筆で野菜の切った断面に塗ります。濃く塗ったり、水分筆で野菜に色塗りするピーマンに色塗り色画用紙にスタンプするスタンプ下絵の上にツリーを置く下地が薄いピンクのものを増やして薄く塗ったりと変えると、スタンプしたときに違いができます。

④色画用紙に野菜をスタンプのように押していきます。色や使う野菜を変えておこないます。

⑤スタンプ下色画用紙が乾いたら、ツリーを切り取った黒い画用紙をのせれば、完成です。のりで貼っても良いし、黒い画用紙に裏をつけて袋状にして、中に差し込むスタンプ下色画用紙を代えられるようにしてもいいと思います。



イラスト ステンドグラス風の飾り1
アクリル板を使ったもの 中学部3年の美術の授業で行う「ステンドグラス風の飾り」作りの見本です。生徒は14名で障がいの重いお子さんから、比較的軽いお子さんまでと幅は広いのですが、重いお子さんの割合が多いです。美術の授業では、基本的に大事にしていることとして「余り費用がかからない・個々の生徒の個性が出る・生徒が工夫した様子がわかる・障がいの重い生徒でも制作できる」ということが挙げられます。この「1」の方の問題点は、アクリル板を割る・切る時にアクリルカッターで切っていては時間がかかることから、ペンチを使った関係で、割れたアクリル板の面が鋭くなってしまうことです。四角・三角等の形ではなく、とがった部分がどうしても多くなってしまうので、取り扱いが難しくなります。尖った部分はやすりで丸くしないと生徒によっては危険になるかもしれないのが問題点ですが、「2」のプラスチックボードよりもガラスっぽく見えるのがいい点になります。 
(道具・材料) 
100円ショップで売っているアクリル板(赤・青・黄色・白)・カラーボード(黒色)、タオル、ペンチ、ボンド
生徒がペンチでアクリル板を割っているところ(制作の手順)
①アクリル板をタオルで包んでから、ペンチでアクリル板の端から割っていきます。大きさや形は、ペンチをはさむ部分を変えることで調整できます。

※ペンチで割ると欠けたピースは鋭角になりやすいです。よほどのことがない限り触ってけがをすることはないと思いますが、心配なときはやすりで特に尖ったところをまるめていけば安心です。アクリル板を切る時は、アクリルカッターを使う使うのですが、10人異常の生徒の分を作るのはたいへんなのと、授業ではアクリル板を割ることも体験させようということに担当者の話合いで決まったので、生徒でも簡単にできるペンチを使っています。

②カラーボードはそのままでは大きいので、半分とか1/4とか適当な大きさに切ります。(定規とカッターナイフ)

③アクリル板の大きいものからカラーボードにボンドで貼っていきます。

④大きなアクリル板の間に小さなアクリル板をボンドで貼っていきます。この際に、アクリル板同士がぴったりくっつかないようにします。ステンドグラス風にしたいので、わざと隙間を作って下のカラーボードの黒い色が見えるようにするわけです。これで完成。

※下地になるカラーボードは黒色のものを使いましたが、授業では黒・青・黄・赤のカラーボードを生徒に提示して、好きな色を選んでもらいました。
 



イラスト  ステンドグラス風の飾り2
プラスチックボードを使ったもの 「1」の見本を作っていた時に感じた、アクリル板をペンチや電動ジグソー・電動糸鋸で切ろうとすると、板が割れてしまい鋭角な形になってしまうことの危険性を回避する材料を使ったものです。アクリル板を使わないで、100円ショップに売っているカラーのプラスチックボードをカッターナイフやはさみで切って形を作ってあります。はさみでも好きな形に切れるので、生徒にはこちらのほうが活動も多く・安全で作りやすいでしょう。ただ、「1」のほうがステンドグラス風に見えるのに対して、この「2」のほうは、余りステンドグラス風には見えないのが大きな欠点です。どちらを使うかは、美術の担当者で相談して決めていきます。  
カラープラスチックボード(道具・材料)
 100円ショップで売っているカラープラスチックボード(赤・青・黄色・灰色)・カラーボード(黒色)、はさみかカッターナイフ、ボンド
(制作の手順)
①カラープラスチックボードは、はさみで簡単に切れますので、四角や三角・円など自由に切っていきます。

②カラーボードはそのままでは大きいので、半分とか1/4とか適当な大きさに切ります。(定規とカッターナイフ)

③カラーボードに色々な形に切ったプラスチックボードをボンドで貼ります。初めに大きなものを貼り、貼ったものの間や隙間に小さなものを貼っていきます。ステンドグラス風にしたいので、わざと隙間を作って下のカラーボードの黒い色が見えるようにするわけです。これで完成。

※取り扱いが楽で安全面も問題はありませんが、できあがりがステンドグラス風には見えないのが、最大の欠点です。小さいお子さん向きです。



  ステンドグラス風の飾り3
ステンドグラス風の飾り3生徒がペンチでアクリル板を割っている様子 「ステンドグラス風の飾り1・2」を作ってから、台にあたるものをカラーボードではなく、黒色のアクリル板にしたらどんな感じになるのだろうかと思ったので、あらためて黒のアクリル板使って作ったものです。ガラスではなくアクリル板なので、光を通して色を際立たせるということはできませんが、カラーボードより黒がしっとりした感じで、こちらのほうがよりきれいです。材料代は「1」よりも100円アップしますが・・・。
(道具・材料)
 100円ショップで売っているアクリル板(赤・青・黄色・白・黒 1枚210円)、ペンチ、タオル、ボンド 
(制作の手順) 手順は、「ステンドグラス風の飾り1」と同じです。



   おはじきの飾り
おはじきの飾り 透明のアクリル板におはじきを貼ったらきれいかな?・・ということで試しにやってみたものです。確かに簡単できれいですが、このままでは作品として一工夫がたりない感じです。空にかざすと光が通ってきれいですが、もう一工夫と言うことで、「おはじきの飾り2」「3」を作りました。  
(道具・材料)
 100円ショップで売っているアクリル板の透明のもの、おはじき、ボンド
 
(制作の手順) おはじきにボンドをつけて、透明のアクリル板に貼るだけです。



イラスト  おはじきの飾り2
正面から おはじきの飾りの板を青い色の透明感のあるアクリル板にして、100円ショップで売っているフォトスタンドに入れたものです。窓側に置いて外の光をあてるといい味がでます。アクリル板をフォトスタンドの大きさに切ること以外は簡単に作れてしまうので、特別支援学校の工作や美術には向かないかもしれません。
 (道具・材料)
 ホームセンターで売っているアクリル板の青い透明のもの、おはじき、ボンド、100円ショップで売っているフォトスタンド、アクリルカッター
、ボンド
(制作の手順)
①アクリル板をフォトスタンドの写真を入れる部分のサイズよりほんの少し小さめにアクリルカッターでカットします。②カットしたアクリル板が入るか確認をします。
③アクリル板におはじきをボンドで貼ります。
④アクリル板におはじきがついたら、フォトスタンドにはめ込み完成。 



  おはじきの飾り3(屏風風)
屏風風の飾り上から見るとW 透明のアクリル板を4等分にし、アクリル板専用の接着剤で屏風風に貼り付けたものです。速い人なら10分くらいで完成してしまいます。
アクリル板用の接着剤アクリダイン (道具・材料)
100円ショップで売っているアクリル板の透明のもの、おはじき、ボンド、アクリル板の接着剤(ホームセンターのアクリル板のコーナーにあります。) 
 
アクリルカッターで板を4等分に切る4枚の板を貼る(制作の手順) 
①アクリル板をアクリルカッターで4等分に切り分けます。(6等分や8等分でもOK)
②アクリル板にボンドでおはじきを貼ります。
③アクリル専用の接着剤でW字のように貼り付けます。乾いたら完成。(アクリル板とアクリル板をつけて、接着剤に付属している注射器で接着剤を少し入れると浸透圧ですっと接着剤が入ります。)
  おはじきの飾り4
 
カードスタンド(道具・材料)
100円ショップで売っているT字型のカードスタンド(大きさや形で数種類あります。)、おはじき(100円ショップで売っていますが、発色がいいのはトイザらスに売っているもののほうです。)、ボンド

 (制作の手順)
①おはじきをボンドで貼るだけです。


ページのはじめへ

TOPページへ


イラスト  紙飛行機の円形タイプ
投げ方後ろから見たところ  普通の紙飛行機ではなく、円形のタイプです。制作時間は5分位ですぐにできます。特に羽の部分の長さなど決めずに作って見ましたが、問題なくスーットときれいに飛びました。投げ方は親指と人差し指で写真のように持ち、前に真っ直ぐ押し出すように投げます。外よりも家の中でやったほうがよく飛ぶと思います。
(道具・材料)
計算用紙やプリンタで使う紙(特別薄くなければどんな紙でもOK。折り紙なども)、はさみ、ホチキス(ステプラー)、定規
、ペン 
紙を正方形に切る紙を2つに折る三角形の下側を折る1㎝幅くらいに折っていく(制作の手順)
①正方形の紙を使いたいので、プリンターで使うような長方形の紙は、定規で測って正方形になるように線を引きます。(折り紙なら楽)写真の紙はプリンターで使っているA4の用紙です。



丸くしてホチキスでとめる②正方形の紙ができたら、半分に折って三角形にします。

③三角形の下側を幅1㎝位で折ります。3回~4回折ります。

④折った部分を円形にするので指でしごいて丸い形にしていきます。

円の形になるように紙をしごいていく⑤折った部分の両端を重ねるようにして円形を作り、重ねた部分をホチキスでとめます。(真ん中と折った部分の両端)

⑥円形になった部分を指でしごいて、より円形になるように形を整えます。これで完成。



イラスト ミニミニ空気砲
シェーカーを使ったミニミニ空気砲ミニミニ空気砲ペットボトルの空気砲風船を引っ張る ミニミニ空気砲は、ポテトチップスの円柱状の紙の容器で作ることが多いですが、ポテトチップをわざわざ買うのも面倒ですし、健康志向の方は、余りポテトチップは食べないようですので、今回使う材料は、風船と100円ショップで売っている容器やペットボトルを使います。段ボール箱で作る空気砲と違い威力があまりないのが玉にきずですが、小さなお子さんが手に持って小さな的を倒すくらいには使えそうですね。 
(道具・材料)
100円ショップで売っている風船・容器(または、ペットボトル等)、はさみ、布ガムテープかビニールテープ、カッターナイフ、
 
風船をはさみで切ります風船をかぶせた様子(制作の手順)
①風船をはさみで切り、空気を入れる口のほうは、結んでしまいます。

②切ったほうをシェイカーやペットボトルにかぶせます。(ペットボトルは、カッターナイフで底の方を切り落としておきます。切る位置は、自由です。)

③風船をかぶせると結んだ部分を引いてもはずれませんが、心配な方はビニールテープやガムテープでぐるっとまいてください。

④穴の砲を的に向け、風船の結んだ部分を手前に引いて放せば、口側から空気が飛び出していきます。段ボール箱と違い、威力は小さいです。
 


ページのはじめへ

TOPページへ



  紙の箱の楽器
たこ糸を引っ張って指ではじく箱の全体象 紙の箱の底側にたこ糸を固定して糸を手前に引き、引いたたこ糸を指ではじいて音を出すものです。箱はたこ糸を手前に引っ張ると動いてしまいますので、誰かに軽く押さえてもらって動かないようにするか、何かに引っかけて動かないようにします。誰かに持ってもらうか軽く押さえてもらうかするのが手っ取り早いですね。
たこ糸を指ではじくとビーンとかボーンとか音がします。はじく場所をたこ糸を持っている手の近くにしたり箱に近づけたりすると音の高さが変わっていきます。
(道具・材料)
紙100円ショップで売っている紙の箱・たこ糸・布ガムテープ、定規、千枚通し、カッターナイフ
 
千枚通しで穴を開け、たこ糸を通す楊枝とたこ糸を結ぶガムテープで楊枝を固定(制作の手順)
①紙の箱の底側の中心に千枚通しで穴をあけます。


②たこ糸を穴に通します。(千枚通しで押し込んでやるといいです。)

③楊枝とたこ糸を結んで、ガムテープで底に貼り付けます。(なるべく隙間ができな箱の中心に穴をあけるカッターナイフで切る蓋をガムテープでふさぐいようにします。)

④蓋の真ん中あたりをカッターナイフで切って穴を開けます。

⑤蓋を箱にして周囲をガムテープで貼って固定します。完成
 



  竹返し
手の甲に鉛筆を乗せます手を手前に引いてパットつかみます 本来の竹返しとは遊び方は違いますが、適当な名称が浮かばないので、竹返しとしておきます。年配の方なら、子どもの頃に多分誰でもやったことのある遊びです。手の甲に竹(ここでは鉛筆)を10本くらい乗せて静止し、その状態から手を手前に引いて甲の上に乗せた竹(鉛筆)を素早くぱっとつかむ遊びです。本来は竹をさいて棒状にしたものを使いますが、竹自体がすぐには手に入らないので、竹の代わりにすぐに手に入る鉛筆を使っています。運動神経が試される遊びですね。私が小学生の頃は、手の甲に10円玉をたくさん乗せてなっまい落とさずに取れるか、友達と競ったものです。
(道具・材料)
100円ショップで売っている色鉛筆(本来は竹をなたで裂いて棒状にしたものを使います。) 
 (制作の手順)
工作なし。



イラスト  紙コップのボウリング
紙コップのボウリング ご家庭で簡単に作れる紙のボウリングピンです。ペットボトルと違って大きな音が出ないことや収納に困らない点などがご家庭用としてのメリットになります。ボーールは、100円ショップで売っている小さいボールを使うとピンも壊れません。10個(紙コップ20個)ピンを作ればボウリングができます。1個作る時間は、5分位です。 
ボールセット(道具・材料)
100円ショップで売っている紙コップ・ボール各種・ビニールテープ、はさみ
 
ビニールテープでコップをつなぐビニールテープをぐるりと巻く(制作の手順)

「お母さんのための教材作りの部屋」をご覧ください。
  


TOPページへ


イラスト  くるくる回りん棒
くるくる回り棒模様のかんじ  転がしてきれいに模様が見えるのを楽しむおもちゃです。材料さえあれば、15分位で作れます。小さなお子さんがくるくる回る棒の模様のきれいさを喜んでくれるでしょう。平らな床で転がしてみてください。
100円ショップの紙の筒キラキラスター包装紙 (道具・材料)
ラップの芯か100円ショップの紙筒(ラップの芯は細いので、中に鈴などは入りません。)・鈴・布ガムテープ(3色)かビニールテープか100円ショップの包装紙(今回は包装紙を使用。4色入っていて紙の筒の長さとほぼ同じ幅があるので使いやすいです。)
包装紙を紙筒の蓋と下の筒の長さに切る紙筒に両面テープを貼る包装紙を巻いていく (制作の手順)
①包装紙を筒の蓋の部分と筒の下側の部分の長さにはさみで切る。

②両面テープを筒や蓋の部分に貼り、包装紙を巻いていく。

③別の色の包装紙を3㎝位にはさみで切り、裏側に数カ所両面テープを貼って筒や蓋に貼ります。
筒と蓋の部分に包装紙を巻いたところ巻いた包装紙とは別の色の包装紙を切って巻く4色の包装紙を巻いたところ
④鈴があれば筒の中に鈴を入れてもいいでしょう。(余り音は聞こえませんが・・・。

⑤完成したくるくるまわりん棒を床に転がすとくるくるまわって模様がきれいに見えます。



イラスト   迷 路
迷路  100円ショップで売っている透明な箱(ファイルホルダーA4)と仕切りプレートを使って簡単に迷路(アビリンス)が作れそうだという発想から作ってみたものです。工作の道具が、はさみだけですので気軽に作れます。仕切りが動くようならボンドで固定します。
ファイルホルダーA4仕切りプレート (道具・材料)
100円ショップで売っているファイルフォルダーA4・仕切りプレート(高さが4㎝のもの2セット。仕切りプレートは2枚入りなので、それが2個。)、大きいはさみ、ビー玉
 (制作の手順)
①ファイルフォルダーに四角に組んだ仕切りプレートを入れます。箱の中で仕切りプレートががたつかないようにするために、箱の内側一杯になる大きさの四角にします。これがないと仕切りが動いてしまうので・・。

②四角い仕切りの中に仕切りプレートを自由に差し込んで、ビー玉の通るところは仕切りプレートをはさみで切っていきます。

③仕切りがどうしても動いてしまうところは、仕切りの下側にボンドを塗って箱に固定します。



イラスト   葉っぱのこすり絵
こすり絵枯れ葉はいまいちのでき  子どもの頃に多分誰でも一度はやったことのあるこすり絵です。葉っぱ以外でも薄手のものならこすって輪郭が浮かび上がります。例えば10円玉や100円玉のような硬貨もいいと思います。鉛筆だと黒く浮かび上がるだけなので、色鉛筆でこするほうが仕上がりがきれいで楽しいでしょう。3色・4色と使うと色のバランスもいい感じになります。
 (道具・材料)
葉っぱ、鉛筆や赤鉛筆(色鉛筆)、白い紙(薄手の方がいいです。)
葉っぱを用意する葉の上に紙をのせる (制作の手順)
①葉っぱ・色鉛筆・白い紙を用意します。

②葉っぱの上に紙を敷きます。

赤鉛筆でこすった絵③色鉛筆で紙の上から葉っぱのある場所をこすっていきます。この時、葉っぱが動かないように紙をしっかり押さえると絵がずれないで仕上がります。



   ビーズのペンダント
ビーズのペンダント  100円ショップでペンダントにちょうど良い「おかず容器」を見つけたので、ペンダントを作りました。容器に紙粘土を押し込んで、そこへビーズを入れるだけですので、誰でも簡単に作れます。ビーズが小さすぎて難しいという場合は、どんぐりなどの大きなものを入れてもいいでしょう。
おかず容器 (道具・材料)
100円ショップのおかず容器・紙粘土・ビーズ、リボンテープ、はさみ、ホチキス
ホチキスで留めたところテープの両端を合わせてホチキスで留めます (制作の手順)
①リボンテープの両端を合わせてホチキス(ステプラー)ど留めます。

②容器の中にテープを入れてから紙粘土を容器に詰めていきます。(紙粘土は、後からビーズを入れるので満杯になるほど詰めなくてもOKです。)

容器に紙粘土を詰める③ビーズを紙粘土の上に置いて指で押し込んでいきます。これで完成。


ページのはじめへ


  紙コップのアナラポス
紙コップで作るアナポリス糸電話のように使います  本来のアナラポスは、金属の缶を使って作りますが、今回はもっとお手軽に紙コップを使ってみました。本来のアナラポスの作り方は、「0から始めるおもちゃ作り1」のほうに載っていますので、そちらをご覧ください。
 紙コップのアナラポスは、糸電話に似ています。糸の代わりに細い針金を使っているだけですので、糸電話のように聞こえますが、エコーがかかったように聞こえてきます。針金を途中のところではじくとボワーンという感じの音も聞こえます。耳に当てて他の人の声を聞くと「えっ?!」と驚きがありますよ。
0.55㎜の針金 (道具・材料)
100円ショップで売っている紙コップ(2個)・針金1本(0.55㎜~0.2㎜。100円ショップで売っているのは0.55㎜で銅線や真ちゅうです。どちらでもOK。長さは2m~3mもあれば十分です。)、鉛筆、はさみ、セロテープかガムテープ、千枚通しかきり
紙コップを2個重ねて千枚通しで穴をあけますコップの底の中央に穴があきました針金を鉛筆に巻き付けます(製作の手順)
①紙コップ(2個)の底の中心に千枚通しで穴を開けます。穴は小さいほうがいいです。

②針金を鉛筆にぐるぐると巻いていきます。バネができます。


③針金の両端を紙コップの穴に通し、くるとまいてからセロテープかガ鉛筆に針金を巻き付けた様子穴から通した針金をガムテープで底に固定底の穴から出ている針金ムテープを貼って紙コップの底に貼り付けます。鉛筆でセロテープをぎゅっとおしてやるとよくつきます。

④バネになっている針金を紙コップの両方を引っ張ることで伸ばしていきます。ある程度伸びたら完成です。糸のように一直線に伸ばしてはダメです。あくまでくるくるとバネ状になっていることがみそです。
 



イラスト     傘袋で作るロケット
袋が1枚と2枚のタイプ簡単にできる傘袋を利用したロケットです。90リットルのビニール袋で作るロケットは長さが3m位あって豪快ですが、こちらの傘袋で作るロケットは、家の中でも手軽に遊べるし作るのも簡単です。材料さえあれば数分でできます。熊谷のおもちゃ図書館の研修会用に作ったものです。  
傘袋 (道具・材料)
傘袋(ホームセンターで売っています。250枚で500円位です。)、布ガムテープ
袋の先端にガムテープを巻く (制作の手順)
ロケットは傘袋を何枚か使って作る長いものと傘袋1枚のものとがあります。何枚か使うタイプのものは、大きなビニール袋で作るロケットの作り方を参照してください。

※こちらは、傘袋1枚で簡単に作れるものです。

①傘袋の底の方(とじてある方)を先端にします。布ガムテープをぐるりと1周貼ります。補強と重しの役割をします。

空気を入れたら袋をねじってテープを貼る②袋のあいているほうから口で空気を入れたら、空気が逃げないように袋をねじります。

③ねじった部分をガムテープで巻いて空気が漏れないようにします。これで完成。

※投げ方は、ロケットの真ん中辺りを持って前に投げます。傘袋1本で作るロケットよりも2本で作るロケットの方が長い距離を飛びますが、1本でも室内であれば10m位は楽に飛びます。
 



イラスト   モシモシホーン
モシモシホーンで声を震わせるモシモシホーンの大型と小型タイプ (材料)ペットボトル(2本)・プラスチックのコップ(または紙コップ)・セロテープ・バネ(または細い針金を棒などに巻いてバネにしたもの。)

(作り方)
ペットボトルの飲み口側をコップの口より小さめに切る。底の方も切る。コップの底にバネを通し、先をセロハンテープでとめる。コップをペットボトルの口側にはめる。バネのもう一方の端をもう一方のコップの底につける。(これが非常に面倒で難しい。子どもが作る為には、もっと簡単にできる方法を考える必要あり。)ペットボトルの両方をつなげてセロテープでとめるとできあがりです。

(作ってみての感想)ペットボトルは小さい方(500ml)のサイズで作った方が作りやすかったです。針金は、太いと工作もやりずらいですし、細い方が工作も容易でエコーも格段にかかりやすいです。バネ(引きばね)はちょうどいいものがなかったので、結局作ってしまった方が探すよりも速いです。家でさんざん息子と遊んだ後、学校に持っていきました。朝の会が始まる前に、子どもたちと遊んでみました。口をつけて黙っている子がいたので、「どうしたの?何かしゃべるか歌を歌ってごらん。」とアドバイスして見ていたら、顔を真っ赤にしだしたので「あれ?」と思って見たら、「んーん」と、息を止めていたことがわかって、他の子が爆笑でした。その子も他の子と一緒にエコーがかかるのを楽しんでくれました。


ページのはじめへ


 イラスト  どんぐりのコマ
回転するどんぐり  誰でも幼い頃に作ったことのあるドングリコマです。20年ぶりくらいに作りました。秋の山に入るとどんぐりがたくさん落ちていますので、小さな子どもさんと作ってみるといいいですね。どんぐりには色々と種類がありますので、色々な種類のどんぐりで作って見ることをおすすめします。細長いどんぐりよりもおおぶりで丸いどんぐりのほうが作るのも簡単で長い時間回ります。
 (道具・材料) どんぐり、つま楊枝、はさみ、きりか千枚通し
きり・どんぐり・千枚通しどんぐりの中心に穴を開ける楊枝をさす楊枝の長さを1㎝くらいにする (制作の手順)
①どんぐりの上の部分の真ん中にきりで穴をあけます。

②穴に楊枝をさしこみます。

③楊枝を長さが1㎝~2㎝位に折ります。(楊枝が手で折りづらいときには、大きなはさみで切るといいでしょう。)これで完成。



  クリスマスリース2
生徒の制作したリース 中学部の授業で作ったリースです。100円ショップで買ってきたリースの枠に松ぼっくりや木のビーズ、100円ショップの商品の飾りを生徒が自由につけました。私も同じようにやってみましたが、生徒の方が自由にやったにもかかわらず、できが格段にいいのでがっくりです。好きなように左右の対称性など無視してやったほうが、いい感じになるようです。100円ショップで材料を揃えれば簡単ですが、お金がかかるので学校で制作する際には、その辺にあるものをかき集めて作ったほうが安上がりかつおもしろくなると思います。自由にというのが1番いいみたいです。
柳のリース松ぼっくりデコレーション各種(道具・材料)
100円ショップのリース・100円ショップで打っているクリスマス関係の飾りや、拾ってきた松ぼっくり・どんぐりなど、グルーガン
 



  紙コップ釣り
紙コップを釣る上からかぶせてつり上げる紙コップを2個つり上げた  紙コップ釣りは、簡単に作ることができますが、実際にゲームや算数・数学の授業で活用するとなると、児童生徒には結構難しいかもしれません。手や腕のコントロールが上手にできないと釣り竿をから吊した紙コップを釣ろうとしている紙コップにかぶせることが難しいからです・・。反面そういった腕等のコントロールを遊びながら身につけることをねらいとした場合はいいかもしれません。吊す方の紙コップは、1個ですと重さが足りないので、2個をかぶせて重くするといいでしょう。
 (道具・材料)紙コップ(釣り竿につけるのは2個)、たこ糸、千枚通しかきり、布ガムテープ、釣り竿になる棒、はさみ
 (制作の手順)
①紙コップ2個を重ねて底にきりか千枚通しで穴を開けます。

②たこ糸を通し、片方は釣り竿の棒に結び、片方は先端にガムテープを貼ってコップの内側の底に貼り付けます。貼り付ける時には鉛筆等の棒でガムテープを押すとしっかり貼りつきます。これで完成。

※釣り上げる方の紙コップには、好きな絵を描くと楽しいですよ。



  スパゲッティメジャーのけん玉
全体象けん玉の大きさ 
 (道具・材料)
(制作の手順)
ロケットは傘袋を
 

ページのはじめへ

TOPページへ



イラスト   割り箸のけん玉
割り箸のけん玉 紙コップが軽いせいか、カップの口の部分が割り箸の先端にくるようにコントロールするのが難しいです。何回かやってこつはつかめましたが、普通のけん玉の方が簡単ではないのかと首をひねりました。けん玉が苦手な私の言うことですので、余り参考にはなりませんが・・・。 
(道具・材料)
100円ショップで売っている割り箸(家庭にあるコンビニの割り箸でも勿論OK)・輪ゴム・ガムテープかセロテープ・ビニールテープなど・たこ糸・紙コップ1個、はさみ
、千枚通しかきりなど 
輪ゴムで割り箸を固定します割り箸が十字になるようにします紙コップの底に穴を開けます (制作の手順)
①割り箸を十字にして輪ゴムでとめます。留めたら割り箸の位置をずらして十字にします。

②紙コップの底に千枚通しなどで穴を開けます。


たこ糸の先にテープを貼りますたこ糸を引っ張ってテープで糸を固定しますたこ糸を割り箸に結びます③たこ糸を穴に通してガムテープ等で底に糸を貼り付けます。

④紙コップに取り付けた糸を割り箸の十字の交わるところに結びつければ完成。



    ケーキ3
ストロベリーケーキ このケーキは、今まで作ったケーキとは違い箱の蓋をそのまま使って、箱の中にプレゼントが入れられるようにしたものです。作る時に蓋が下の箱のどの部分までくるか印をつけておいて、紙粘土を貼っていくようにします。材料さえ揃えれば、10分位で作れます。100円ショップで一時期は手に入らなくなったイチゴの商品(ストロベリーガーランド)が、最近またお店に並べられているようになりました。ケーキを作ってみようと考えてる方は、なくならないうちに買っておくといいでしょう。大きなイチゴがついているものは、イチゴの数が少なく、小さいイチゴのついているものは、イチゴの数が多くなっています。土台になる箱の大きさでどちらのイチゴを使うか考えます。 
箱ストロベリーガーランド紙粘土 (道具・材料)
100円ショップで売っている紙粘土(白を2袋)・園芸コーナーで売っているストロベリーガーランド・蓋付きの紙の箱(形は好きなもので。)、ボンド、マジックかサインペン
マジックで蓋をした時の位置に線を引きます。イチゴを用意する (制作の手順)
①蓋のできるケーキにしたいので、底の箱に蓋がどこまでくるかわかるように、蓋をした状態でマジックで線を引きます。

②100円ショップで売っているストロベリーガーランドからイチゴだけを引っ張って取ります。(簡単に取れます。)


イチゴにボンドをつけて貼る全体像③紙粘土をちぎり、蓋と底になる箱に押しつけるようにして紙粘土を貼っていきます。
※底の箱に紙粘土を貼るときは、蓋がちゃんとしまるように、初めに蓋の位置を記した線を意識して貼っていきます。
※底の箱の下側(底)には紙粘土は貼りません。見えませんから・・。

④蓋のほうにイチゴをボンドで貼り付けます。

⑤蓋をしてみて、底の箱と蓋の間にすき間ができている所に紙粘土を貼っていきます。※蓋ができるように貼りすぎないこと。これで完成です。


ページのはじめへ


    洗濯ばさみの綱引き
洗濯ばさみの綱引き:縦洗濯ばさみの綱引き:横 2対2でやる場合(人数は、2対2、3対3というように同じ人数で勝負します。)、「よーどん」と掛け声を掛けられたら、一斉にひもを引き、先に洗濯ばさみが全部とれたグループの方が勝ちになります。一瞬で決まってしまいますので、審判役が公平に勝負を判断してあげる必要があります。また、3対3でやる場合、真ん中の子の洗濯ばさみだけ先に取れた方の勝ちというのもいいでしょう。3人チームでよく話し合って、どの程度ひもを引っ張るか引っ張らないかを相談するとチームプレーができます。これも結構難しいかも。
まな板シート:ガチャピンムック(道具・材料)
100円ショップで売っているまな板シートや下敷きなど・洗濯ばさみ(ピンチ)、ひも(たこ糸など)
 
 (制作の手順)
①まな板シート(下敷きでもOK)にひも(たこ糸等)のついた洗濯ばさみをはさむだけです。これで準備OK。



イラスト    洗濯ばさみの綱引き:紙バージョン
洗濯ばさみの紙の綱引き 遊び方は、2人でやるならば新聞紙等の紙の左右に1人1個(場合によっては2個でもOK)ひものついた洗濯ばさみをはさんでひもを持ちます。「よーい、どん」の掛け声で互いにひもを引き合うのですが、ひっぱて紙を破いてしまったら負け。難しいですが、先に紙を破らないで、洗濯ばさみを引き抜いた方が勝ちです。これは結構難しい
 (道具・材料)
(新聞紙など)、ひものついた洗濯ばさみ(4人でやるときは4本、6人なら6本、8人なら8本用意します。)
(制作の手順)
①計算用紙や新聞紙などの紙にひも(たこ糸)のついた洗濯ばさみをはさむだけです。これで準備OK。



    洗濯ばさみの塔
洗濯ばさみの塔 洗濯ばさみを塔のように上へ上へ立てていく遊びです。1人でやっても難しいからおもしろいのですが、これは2人以上でやったほうがおもしろいです。洗濯ばさみは、1人20本というように数を決めて配ります。時間を3分などと決めてスタートしたら、タイムアップ後に1番高く洗濯ばさみをくみ上げた人が優勝です。組み立て方は自由ですが、土台部分にあまり洗濯ばさみを使ってしまうと高さが出せません。一方、土台をおろそかにすると、途中で塔が倒れてしまいます。大人がやっても結構難しいですよ。
カラーピンチ (道具・材料)
100円ショップで売っている洗濯ばさみ(ピンチ)
洗濯ばさみは、買ってみないとわからないのですが、ぎゅっとはさんでいられるものとすぐに取れてしまうものがあります。すぐにとれてしまうようなものですと塔お作るのは難しいですが、それはそれで工夫次第です。
(制作の手順)
特に工作はなし。


ページのはじめへ

TOPページへ



イラスト   洗濯ばさみリレー
洗濯ばさみリレー スズランテープなどのひものついた洗濯ばさみを下敷きやまな板シートにはさみ、シートの上に洗濯ばさみを10本乗せます。カラーコーン等を置いそこを回って次の人に手渡すか、左右にチームの人を置いてシートを交互に運んで次の人に渡します。最後の人が早く着いたチームには20点、2番目は18点、3番目は16点という風に得点を与えますが、シートを運んでいるときに洗濯ばさみを1本落とす事に1ポイント減点していきます。早く洗濯ばさみを落とさないチームが勝ちになります。1番早く最後の人までリレーできても、シートに乗せた洗濯ばさみが落ちていると計算するまで順位はわからないというところがみそです。体育館等でやるといいでしょう。
まな板シート:ガチャピンムック (道具・材料)
100円ショップで売っている下敷きやまな板シート・ひもつき洗濯ばさみ(わっかのついているものです。)・ひも(たこ糸やスズランテープ等)※これをチーム分だけ用意します。3チームなら3セット。
(制作の手順)
①洗濯ばさみにひもを結んで取り付けます。ひもの長さは2m位(長さは自由ですが、余り長いとやりずらいです。)

②ひもが結ばれた洗濯ばさみを下敷き等にはさみます。

③下敷き等の上に洗濯ばさみを10本乗せます。これで準備OK。
 



イラスト  簡単輪投げ
簡単輪投げ 輪の方は、紙皿の真ん中を円に切ることのできるカッター(ホームセンターのカッターの売り場にあります。)で切ってテープで貼ればOK。輪投げの棒のほうは、100円ショップで売っているスリッパ立てをそのまま使えます。とても簡単に輪投げの完成。

※100円ショップのスリッパ立ての組み立ては、台座の部分に棒状のものを差し込むだけです。1分くらいでスリッパ立てはできます。
スリッパ立て組み立てたスリッパ立て円を切るカッター円を切るカッター (道具・材料)
100円ショップで売っているスリッパ立て・紙皿・ビニールテープ、ホームセンターで売っている円を切るカッター
紙皿を2枚重ねて円を切る円を切ったところ紙皿2枚を合わせる (制作の手順)
①紙皿を2枚重ねて円を切るカッター(上の材料・道具の写真の左側のほうが切れ味がいいカッターです。右の一般的なカッターより値段は高くなります。)で円を切ります。

②円を切った紙皿の表側を向かい合わせてビニールテープで貼り合わせます。これで輪投げの輪ができました。いくつか作ります。

ビニールテープを貼っていく輪投げの輪が完成
③100円ショップのスリッパ立てを組み立てて完成。



イラスト    安全なクラッカー1
安全なクラッカー 子どもたちの「お誕生会」やクリスマス会・お正月の遊びなどで、景気よくクラッカーをポンと鳴らしたいと思っても、実際は危なくて使わせることも大人が使うこともありません。このクラッカーは火薬なしで、しかも材料も紙コップと輪ゴム、紙吹雪、ビニールテープ(または、ガムテープやセロテープ)だけでできるので、お金もかからずみんなで楽しめます。紙吹雪は余りたくさん入れないで、ほんの少しのほうがいいようですが、その辺は入れる量を変えて試してみるといいでしょう。音の方は、ポーンと結構すごい音がします。透明のプラスチック(?)のコップは、静電気がおきてしまうからか、紙吹雪がコップの内側にくっついてしまい、外に飛び出しません。紙コップですと、30㎝位の高さまでポンと紙吹雪が飛び出していきます。ただ、飛び出し方は思っていた程ではなかったので、期待しすぎないように・・。また、かなり大きな音が出るので、大きな音が苦手なお子さんのいるところでは使えません。

※このクラッカーは、余り紙が飛び出してくれないので、改良版を作りました。改良版は、コップの中の紙が全て勢いよくパーンと飛び出します。また、音が嫌いな子用に「音が静かなバージョン」も作りましたので、下の「2」「3」をご覧ください。
(道具・材料)
紙コップ、ビニールテープ、輪ゴム(少し太めのもの。ホームセンターに売っています。)、はさみ、折り紙(紙吹雪になります。白い紙でもOKです。)
カップと輪ゴム輪ゴムの端をテープでとめる輪ゴムをコップの底にぐるりと回す(製作の手順)
①コップは紙コップと透明コップがありますが、紙コップのほうがいいです。(プラスチック?のコップは、静電気がおきてしまうからか、紙吹雪がコップの内側にくっついてしまい、外に飛び出しません。)

②輪ゴムの両端にビニールテープを巻きます。(巻いてあると紙コップに取り付ける時に楽だからです。)

輪ゴムの両端をテープでとめる③輪ゴムの端の一方をビニールテープで紙コップに貼りつけます。

④輪ゴムがコップの底をまたぐようにして、固定していない方の端をテープでとめます。(輪ゴムはゆるすぎないようにぴんと軽く張っているくらいにします。)

⑤輪ゴムが簡単に取れないように、ビニールテープをぐるぐると巻いて輪ゴムを固定します。これで完成です。

コップの中に紙吹雪を入れる輪ゴムを引っ張って放す⑥折り紙等を細かく切ったものをコップの中に入れます。輪ゴムを引っ張って放すと「ポーン!」とか「パン!」とか大きな音がして、紙吹雪が飛び出します。紙吹雪の量は少ない方がいいのですが、結果として出る量も少ないです。音だけはすごく大きいのですが・・・。



イラスト  紙コップのクラッカー2
紙コップのクラッカー2底側の仕組みコップの中には折り紙を切ったもの 随分前に紙コップのクラッカーを作りましたが、それは本に書いてあったようには中の紙はたくさん飛び出してはこないものでした。作ってみて少々がっかりしたり、こんなものかなと思った記憶があります。
 今回は、カップの底に貼る輪ゴムがカップの底を叩く力が上がるように木の球をとりつけて改良したものです。本に書いてあったコップのクラッカーとは違い、中に入れた折り紙を切ったものが勢いよく全てパーンと飛び出します。まさにこれこそクラッカーです。 
木のブロック (道具・材料)
100円ショップで売っている紙コップ(大きさは自由)・輪ゴムの太めのもの・木の球・折り紙、はさみ、ビニールテープか布ガムテープ
輪ゴムをはさみで切る木のy球にぐむを通すテープでぐむを留めます (制作の手順)
①輪ゴムをはさみで切ります。

②木の球の穴にゴムを通します。

③輪ゴムの片方の端をテープで留めます。もう片方の端は、長すぎないようにはさみで切り、テープで同じようにコップに貼ります。木の球がコップの底に当たるか当たらないか位の長さにします。大体で大丈夫です。
テープをぐるりと巻きます
④テープをコップのまわりにぐるりと貼ります。これで完成。コップの中に入れる折り紙は、はさみで細かく切ったものです。余り入れすぎないほうがいいでしょう。



イラスト    紙コップのクラッカー3(音が静かなバージョン)
音の静かなクラッカーコップの底に紙粘土を貼ってある 紙コップのクラッカーは、ゴムを引いて底に当てると「パーン」とかなり大きな音が出ます。景気づけ(?)にはいいのですが、障がいのあるお子さんや小さなお子さんですが、その音が怖かったりすることがあると思います。そこで作ったのが音が静かな「3」です。こちらは、「パーン!」ではなく「ポク」という位の落としかしませんが、木の球がコップの底を叩く威力はそんなに「2」とかわりません。勢いよく中に入れた紙(折り紙を小さく切ったもの)が全てぽーんと飛び出しますので、音が苦手なお子さんでもOKです。 
 (道具・材料)
100円ショップで売っている紙コップ(大きさは自由)・輪ゴムの太めのもの・木の球・折り紙、はさみ、ビニールテープか布ガムテープ
 (制作の手順)
①作り方は、上の紙コップのクラッカーと同じです。紙コップのクラッカーのコップの底に紙粘土を詰めるだけです。



イラスト    紙コップの星空
千枚通しで穴をたくさんあける部屋を暗くしてコップに懐中電灯を入れるこの光を壁に向ける壁に星雲 左の写真は星に見えませんが、これはカメラの性能の問題で、実際には壁に星が広がって見えます。暗いので写真に撮るとこんなしょぼい状態ですが・・・。紙コップに懐中電灯を入れたら、壁に向けて近づけたり遠ざけたりして、はっきり見える距離を見つけるのがこつです。懐中電灯は、できるだけ明るく光るものを使いましょう。実際にやってみると「うーん・・・」という感じ。小さいお子さんなら喜んでくれるかな? ちょっと期待倒れ気味でした。
 (道具・材料)
紙コップ・黒の絵の具や墨など、筆、千枚通し、懐中電灯紙
 (制作の手順)
①紙コップの外側も内側も底も黒く塗ります。一度に全部は濡れませんので、外側・内側を塗ったら底という順番でいきます。底からでもOKです。

②千枚通しで適当に穴を開けていきます。これで完成。



イラスト  CDの虹色コマの木のタイプ
木のCD虹色コマ虹色の見え方  虹色コマを見た先生から、校外宿泊学習の時に中1~3年の生徒達にCD虹色コマを見せてあげようと言うことになり、木のタイプを作りました。CD虹色コマは台座部分が段ボール板でしたので、カバンに入れたりすると壊れてしまいそうでしたので、そこの部分をシナベニヤ板にすることで、安心して持って行けるようにしたものです。
 (道具・材料)CDを乗せる円盤が段ボール板からシナベニヤ板に変わっただけです。
 (制作の手順)「0からはじめるおもちゃ作り1」の「CDの虹色コマ」をご覧ください。


ページのはじめへ

TOPページへ