すぐに出来る催眠術の実験

ここにはリンクをはらないでください。

 今ここで、あなたにもすぐに出来る催眠術を紹介します。 これは、言わば催眠術のイントロです。あまり派手なことは出来ませんが、 楽しんでやれるはずです。

シベリウムの振り子

 懐中時計などの、振り子状のものを準備します。ペンダントでもいいし、 なければ五円玉にタコ糸などをくくり付けて作りましょう。利き手の親指と 人差し指で鎖などをつまみ、振り子が自由にゆれるようにします。
 それから振り子に意識を集中しましょう。そして、心の中で、 「左右にゆれる、左右にゆれる」と何度も繰り返してみましょう。そうする と最初は僅かに、それからだんだん大きく振り子が左右にゆれてきます。
 次に、また心の中で「前後にゆれる、前後にゆれる」とくり返します。 そうすれば今度は振り子が前後にゆれはじめます。
 これは、観念運動といわれる現象です。指を動かさずにいようとしても 勝手に指が震えてくるのです。人によっては指が動くのを感じないかも 知れませんが、僅かな指の震えが振り子がゆれる事によって増大され 認識されるのです。シベリウム(シュブリエール)が発見した観念運動なので、 シベリウムの振り子と呼ばれています。

ひも

 これは他者催眠の小ネタです。被験者にリラックスさせておいて想像上のひもを握らせます。 そしてそのひもを上に引っ張りあげます。そうすると被験者のひもを握っている手が上に上がります。 コツとしてはまず、充分にイメージさせること。握らせるひもの取り扱いはちゃんと演技しましょう。 また、紐を引っ張ると手が上に上がっていくと事前に納得させましょう。それからひもを引っ張るときは 考える間を与えないで突然引っ張りましょう。うまくいくと被験者の手はあなたの手についてくるように あがっていきます。 小ネタの第二弾は両手にひもを巻きつけるようにしてひもを引っ張ると左右の手が真ん中にくっついてくるというもの。 第三弾として、手にひもを巻きつけてしまい手が開かなくなる、という応用もあります。第三弾は禁止暗示 になるのでいっそうしっかりひもをイメージさせてください。
戻る