作品



     

                ちかきなる相武の小野にまつられし日本武尊のみやしろをゆく


       




  


        秋仕舞岸へにながるけむりかな 暮れづむ小野玉川の岸の邊に地蔵かこみてさく曼珠沙華






 

          残りたる一本の松りんとして宙へつらぬく冀望の星に  試練受く廃墟のまちに桜さく












                     雪月華 終に三世の契哉  蕪村句




















































↑の写真をクリックすると大きくなります




2012年毎日展作品





2012年関東女流展作品





2012年吹筆会展


























トップへ