八木重吉のこころ、

   そのままのような、ほうっとするやさしい作品を

   書きたいと願っていました

   今まで撮ってあった写真を和紙に加工してその上に

   好きな詩をのせてみました 

   詩と 写真と 書とのハーモニーを楽しみながら   

   詩のこころをどこまで表現できるか試みの作品です   

   やさしさのうちにも 凛としたもの 品良くを心がけました 
   

  
重吉の詩の中の
    
  
わがよろこびの頌歌(うた)はきえず  から
  

   わがよろこびの 筆の頌歌はきえず と

おもい

 
                                              
                                              
                                                 

                                            

                                              




























                              次へ       トップへ