秋山タイジ:official web


秋山タイジ[ミュージシャン/コンポーザー]のオフィシャル・ページです。
デフェール その先の今
デフェール その先の今
全5曲¥750
2013.06.12 Download Release!
1 サキ、ヒラク
2 カーブの向こう
3 デフェール その先の今
4 声のエチュード
5 忘却のデコヒーレンス

作詞・作曲・アレンジ/秋山タイジ


2013年06月12日ダウンロード発売  [Apple Music] [Spotify]

いつか、消尽した先には、まだ目立たない芽のような新しいものがあるだろうけど、その手前に立っている雰囲気というか。そこは、ゆるやかにカーブした場所で、ほの暗い翳りに包まれている。デフェールとはフランス語で「解く」などの意味。Melodicで、後期歌モノ。




1 サキ、ヒラク

- 運動と速度について

うたうのは誰 速度:スピードのない
たった1mも動かない
いないのは誰 立ち去った跡
消された者が存在する
TPOはゲームになって at0(@0) 「関係性」が
裂き、開く
(決定不能 .com 模倣 速度:スピードが足りない?

宇宙から来た ぼくの友達
ダンス踊るのがとてもうまい
ある日、彼は決意して
「もう眠る。誰も起こすな」と
よく晴れた 和やかな午後に at0(@0) 「消失点」で
咲き、開く
(抽象具象 .com 事象 運動:モーションが足りない?

例えばここに「海」という文字
問:それが意味するものは?
解:眠り続ける友達の時間

欲望の持つ▲三角の渦
それはxであり得るか?
渦巻く銀河 遠くから来た
街角のいつもの場所で
すれ違う二人の無-関係 at0(@0) 「意味するもの」が
裂き、開く
(決定不能 .com 模倣 速度:スピードが足りない?

+と-
空白の箇所
そこにある名前を呼ぼう「消失点」で
咲き、開く
(抽象具象 .com 事象 運動:モーションが足りない?

あれ以来 そう 友達はまだ
眠り続けてるだろう
約束はきっと いつかの場所で

うたうのは誰 速度:スピードのない
たった1mも動かない
いないのは誰 立ち去った跡
消された者が存在する
TPOはゲームになって at0(@0) 「関係性」が
裂き、開く
(決定不能 .com 模倣 速度:スピードが足りない?

2 カーブの向こう

昨日 息をするたびに古い歌を与え
明日 空を見るために古い歌を集め

たぶんモチーフは少し遅れて繰り返すあと2回

昨日 映画で観たように古い歌をうたう
明日 立ち去ったあとで古い歌をうたう

だけどモチーフはゆるやかにそして弱く曲がるカーブの向こうへ

    (余白には…

※『カーブの向こう』について

この曲は、2曲で1曲のコンセプトでつくりました。さらに2曲目も「2曲で1曲」にしているので、続けて聴くと、短い楽曲が3曲あるという。後半の曲は1曲目のモチーフにつながっていて、メロをデフェール(解体)してつくってみました。

で、一見、それぞれ無関係そうな異なったジャンルの曲が、実は最初の歌モノと関係したつくりになっているという、そういう意図というか、計3曲合わせて1曲という趣旨です。

3 デフェール その先の今

たぶん、彼女はこう言うだろう
「すべて忘れてしまった」

世界の最初のページに
綴られた文字と同じように
名指すための指が 星座を
数えていた、、、どこかで途絶え
そのあとで ここに来た

今日から きみをこう呼ぼう
デフェール その先の今
(劇は ほんの少しだけ
 遅れて 始まる)

※この曲では、非可逆リズム、12音技法などを(曲中一部ですが)初めて使ってみました。間奏の最後の部分が、セリーです。また、曲の途中から、普通の形式(ABA’など)を崩して「自由な展開」にしてみました。「散文的曲形式」と勝手に名づけたんですが…。

4 声のエチュード

そしてこの声を うつろな声で

  曖昧さ、というか

  そしてわたしは 消え去ろうとして
  小さいものの中へ

          (22年前 あの頃はまだ…)

  そんな思い出より

     偶然かけた音楽が鳴る

  呼吸

 が少し乱れても

   旋律よりも 多くの記憶が
             目覚め
 静寂がくる 束の間の
           目覚め

    n-n-n-n-n-n-/

中断された
 ハミング それは今
  波紋のように 余韻を残し
   そっと 薄く
    拡がる

   息

   旋律よりも 多くの記憶が
             目覚め
 静寂がくる 束の間の
           目覚め

そしてわたしは 消え去ろうとして
  銀の匙を投げ
  遠くに迫る雨雲を見て

      (それはエチュードのような)

  声

がいま 響きわたる

         --今度こそ もう繰り返すな

   出発せよ、と。

5 忘却のデコヒーレンス

相手は…もうここにいない…
何か冷たい感触が…肌を…こう…震わせる…

勝負の終わり…立ち去ったあと…テープレコーダーに残された声…
声:「わたしはかつて死神だった」
巻き戻しても…途切れて…ああ…もう…そこには…真っ白な…

穴が開いて拡がる…視界を破(やぶ)くように…
真ん中には…少女が…くるりと向きを変える…
輪郭の歪(ゆが)んだ月のように…
遠くで踊る歌声と…まだ見ない景色の方へ…

十秒間の沈黙のあと…目の前にある「記憶」の文字が…
見えているのに…想い出せない…
突然の影…よけて…傾く…

三番目から気配が変わり…冬の蛾が飛ぶ…散文的な…
未来の海に夕暮れが来て…消えていく雲…
始まりの合図…出逢った…その瞬間(とき)…

少しの沈黙のあと
少しの喧噪のあと
少しの衝突のあと
少しの空白のあと
少しの状態のあと
少しの影響のあと
少しの忘却のあと

時が来て…また…飛び超える…


Sola Aoide Astrolife@Cyberpark UTAPIO VINT CLOUDY LIGHT Singularity C-Model RIKANOID RIKANOIA Butterfly Mode デフェール その先の今 サイクロトロン BLUE SKY IS BLUE〜空は青いとは限らない
↑TOP

Copyright (C) Taizi Akiyama. All Rights Reserved.