TITLE Juin__2011 BACKボタン

RACINES (Monfort-France)
 フランスのミディピレーネ地方ジェールス県(Gers)にある小さな田舎町モンフォー(Monfort)で2011年6月4日から行われるマニフェスタション”プロムナード”はこの町の外周を砦の様に囲む公園をよりみじかに植物とアートを親しんでもらうランドアートプロジェクトです。
モンフォーの風景(手前の緑地帯が公園)

  準備の為4月上旬から3週間現地滞在してインスタレーションを行う。
 その間殆ど雨らしき雨が降らず土地は乾き4月というのに気温は連日30℃を超え真夏日となる異常気象に見舞われた。
30年程前に植えられ今年枯死したニセアカシアの木
(4月5日木々に新芽がふき出す季節)

枯死したニセアカシアとモンフォーの人、後方-右にこの地方特有な昔のピジョニエー(鳩小屋)を望む。
出来る限りその場に存在している物をそのまま利用してトランスフォルムさせるエコロジカルなヴェジタルプロジェクトを行う予定でいたので現地にあった枯死したニセアカシアの木が、今回の作品のマテリアルとなった。
伐採されるこの木を利用し、以前1994年に行ったRACINEを再度このモンフォーの地でインスタレーションする運びとなった。
木の上部は完全に枯れていて不安定で枝落下の危険性がある為、地上部約2.6mのところで切りそこが作品のトップとなった。

制作過程 4月14日

木の場所は平地部と斜面の殆どエッジに近い所にある為、斜面に盛り土を行いながら根の周りを掘り出す作業を行った。

木株の地下部1,3m掘り更に水を張る。
地下の水面が鏡面化し空と根のシルエットが映し出される。
反対の南方角から見る根地下部
水面に根のシルエットを見る。

RACINES (Monfort)20/04/2011 

詳細は下記をクリック!
http://www.ladepeche.fr/article/2011/05/22/1088005-monfort-pour-faire- vivre-le-patrimoine.html

http://www.centre-photo-lectoure.fr/pages_chem11/chem11_rendezvous.html

BACKボタン