TITLE Mai___2007 BACKボタン

2006年フランス・フ−チュ−ロスコープ-パーク内でのランドアートプロジェクトに参加してから既に、10ヶ月がたちやっと他の作家達の作品も出来上がり、全作家の作品が揃い、2007年5月にお披露目となりました。
( これは、このパーク内の各場所と異なった時期に作家達が徐々に作り上げて行ったもので、一斉に作った物ではなく、スズキは先発で去年、既に作品は、作り終えていました。)
尚、今回は開園20周年記念の春を迎えると共にそれに重ねた特別企画の記者会見及 び作家の紹介取材レセプションの為出席しました。

スピンを制作して以来早10ヶ月ぶりとなる自己作品との対面は少々不安と期待に満 ちていた。
それは数回にも及ぶ暴風雨に見舞われていたゆえ、此処フ−チュ−ロスコープでの自然災害による作品のダメージを想定していたからである。
しかし作品は予想とは異なり大地に食い付いてしまったかの様な健在な姿を見せてくれた。

また作品表面の表情も時間の経過と共に自然のパッティネーションが施されその場と風景に馴染んで来た感じがした。

スピン内部は観客が座り異空間を感じる様想定していたが枝によるレース状の木陰とその間を通過する風は日中の直射日光を凌ぐ心地良い空間となっていた。

人々が此処で何かを感じ何かを対話し合えるものであれば幸いである。

20周年を迎えたフ−チュ−ロスコープでのこのLand Art特別企画は2008年の12月まで行われる予定。

T. SUZUKI
INSTALLATION-SPIN
http://www.futuroscope.com/
PRESSE-http://presse.futuroscope.com/photos-parc.php
  ENGLISH



上記のイメージと同じ紹介プレートが設置されている。

左-作品の中に入った状態と右-作って10ヶ月経過した作品
 

BACKボタン