BACK
TITLE





木、鉄
直径120×60cm 、40×38×150cm


 この作品は一本のクルミの木が枯れ死んだ時から始まり、木が生きてきた形成をたどるとなんと大きなツルにまかれ苦しめられながら成長してきた事がわかる。その部分のみが腐っていた訳だが死んだ木の腐りを取り除いてやると苦しみながら振り向く女性の様に見えた。彼女(クルミの木)は光りを求め生きそして今では彼女がもたらした数々のクルミは立派な木として森の緑となっている。

BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN BOUTAN
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13