富貴蘭古新聞台ゴケ法

作成2016年7月9日
作成:厳島静吉
IS_engei 掲示板

富貴蘭を育成するうえで、一つ画期的な富貴蘭の植え方を紹介したいと思います。

誰でも簡単にできる方法で、かつミズゴケの節約もなるという一挙両得の栽培方法なので皆様にも公開します。ただし誰の棚にも合うかどうかは保証できません。

紹介する植え方は、これまでの富貴蘭のミズゴケで作る台ゴケを古新聞に変えるという画期的な方法です。

今後この方法が富貴蘭栽培の主流になるかどうかは分かりませんが、多分一部の方には、この栽培方法も受け継がれていくことになるのではと思います。

それほどに画期的(?)な「富貴蘭新聞台ゴケ法」を考案しました。(と、自分では思っています)

本当は教えたくないのですが徐々に私の所から広がって行って、いつの間に、かいったい誰がこんなことを考えたのか分からなくなるといけないので、「富貴蘭古新聞台ゴケ法」を敢えてここに公開します。

本当は、本当に教えたくないんですよ(笑)

古新聞台ゴケ法は、乾いている新聞紙で作ります。

新聞紙台ゴケを作る時に新聞紙を濡らしてはいけません。濡らすと程良い隙間が新聞紙と新聞紙の間に作れません。植えるときにミズゴケの湿ったので濡れるのは大丈夫です。

まず古新聞全紙の半分を利用します。 (画像は右回り)

全紙半分の新聞紙を上下に二つ折りにします。

二つ折りにした新聞紙をくしゃっとしながら、左右三分の一ずつ折って熨斗のようにします。

縦長になった熨斗状態を今度は、上下で同じく三分の一ずつやはり熨斗のように内側に折り曲げます。

半紙を左右から内側に三分の一折り曲げ、今度は上下に三分の一折り曲げるわけです。これを雑にくしゃくしゃっとした新聞紙でやるわけです。

土台が出来たら植え替え棒の出番です。植え替え棒で古新聞を押さえ、右手で古新聞に手をあてながらひっくりかえします

植え替え棒の先程の新聞紙を、手でぎゅぎゅと握りしめ固目の台ゴケのようにします。 この際に握りしめるのはかなり強めですが、それでも新聞紙同士が圧着しない感じの強めです。予め古新聞をくしゃくしゃにして、古新聞の中に空間部分が残るように熨斗にしたわけなのです。

植え替える富貴蘭です。 ミズゴケの台ゴケを使用しています。次にミズゴケが乾くまではどうしてもやや多湿となります。

多湿となると蛾の幼虫が産卵にやって来て、その幼虫がミズゴケの葉を食害し、ひいては富貴蘭の根や新芽を齧ることもあります。 ごく細い糸くずに芋虫の糞が絡みついている感じが画像で分かるかなと思います。このステージコバエの幼虫ではなく、間違いなく蛾の幼虫が侵入しています。

黒い小さなコバエが鉢の周りに飛びかっていたり、ミズゴケの上で動き回っているのは産卵のためにやってきているようです。卵が羽化すると小さな蛆となってミズゴケの葉を食べて成長しています。いつの間にか羽化してしまいますが、羽化すればまた産卵されるのでかなり繰り返しこのサイクルが繰り返されます

コバエの幼虫が蛾の幼虫かと思っていましたが、蛾の幼虫のステージはまた違うようです。

コバエの蛆状態がいつの間にか蛾の幼虫の芋虫にすり替わっているみたいで、どの段階で蛾の卵が産み付けられたのか実際には良く分かりませんが、蛾の幼虫は最終的にはミズゴケの表面ががぼろぼろになるまでミズゴケの葉を食べやがてはフウランの動いている根も齧ることもあります。コバエではここまでの食害はないでしょう。

コバエの幼虫と蛾の幼虫の区分けが難しいのですが、蛾の幼虫は大きくなって羽化迄までを実際に飼育して確認してあります。コバエの幼虫の蛹はまだ見たことが無いのですが、コバエの蛹を見ていないのは観察不足なだけかもしれません。

いずれにしてもコバエが発生するのは富貴蘭への水やりが多過ぎるにつきます。もっと乾湿のメリハリをつけましょう。ミズゴケの芯が乾いてから1-3日後に水をやる。その程度で良いのです。

実際には春の芽出し時などは水を多目に与えたいのですが、そうするとコバエも発生する。結構悪循環なことかもしれません。

しかし、富貴蘭のミズゴケの乾燥が早ければコバエも蛾の幼虫も発生しません。その面でも「富貴蘭古新聞台ゴケ法」はミズゴケの乾きが早くて優れているのです。

植え方の続きです。

古新聞台ゴケの上に富貴蘭の根を広げておきます。 f0352803_20141459.jpg 古新聞台ゴケ法で、古新聞台ゴケにミズゴケを被せ、古新聞をミズゴケで覆うと思った方もいらっしゃるでしょうがそうではありません。

この後は少し厚めにミズゴケを巻いてやります。これまでの「三角掛け巻」や縦横四方向から巻く「井桁巻」など好きな方法で巻いて構いません。

古新聞台ゴケで植え終わった富貴蘭です。 古新聞台ゴケは硬くてしっかりしているので、植えこむときもがっちり植える事が出来ます。

実際にはこの「富貴蘭古新聞台ゴケ法」を考えるまでに数年程期間があります。 先ずは5年ほど前から山野草をヤフオクで送料を安く送るために、富貴蘭の植え替え時に出る古ミズゴケを利用して、小型山野草などを根巻きして古新聞包み栽培を行ってきています。

山野草はこの植え込みで1-2年問題なく栽培できます。

こうした山野草の植込みをほどくと、根が新聞紙の周りまで張り付いていることがあり、新聞紙が好きなんだなあと思ったことがあります。植物の根は基本的に広がって行き、結果的に鉢の内側(鉢内の鉢縁)に集まってしまいますが、新聞紙だと同じ植物繊維だからより受け入れやすいというのもあるのかなと思います。

ここから応用して一度富貴蘭を新聞紙で巻いて栽培できないかと考えて、3年前に試に二鉢やってみました。 この状態で三年目になります。

一年程で古新聞は一回り以上縮み鉢と古新聞の間に空間が生まれました。結果的に生育の悪さも、反対に無駄な徒長もありません。試に二鉢やっていたもう一鉢は、今年の春先にそのまま貰われて嫁にいきました。

鉢から出してみました。 どうでしょうか、可もなく不可もなくです。

これ古新聞全紙の半分で、ふんわりと根を巻いただけですよ。その他何も使っていない。それで枯れもせずに今年で三年目です。

新聞紙で巻いただけでこんな風に可もなく不可もなければ、それは管理次第でどうにでもなるってことです。ちょっと工夫すればより以上の効果が得られる可能性がこの栽培にはあったのです。それが「富貴蘭古新聞台ゴケ法」です。

今年、私の棚のほとんどの富貴蘭は、今回の「富貴蘭古新聞台ゴケ法」で植えこんでいます。一部根の我先に出た室内越冬の鉢は、6月になって「富貴蘭古新聞台ゴケ法」で植え替えしました。ミズゴケだけの植え方だと、乾きが悪くて我慢できませんでした。

「富貴蘭古新聞台ゴケ法」は良く乾燥するので、今年は富貴蘭の根の出が大変良いことを実感して感じています。乾燥するのでと言っても、だらだら水をやるのではなく、乾燥させるまで水は与えないのは基本です。

富貴蘭を乾かすというのは口では簡単ですが、行うのは実に大変なことなのです。鉢それぞれに乾くまでの時間差もあります。均しく乾いてはくれないのです。

全ての鉢が乾燥しきるまでに一週間かかるとすれば、早く乾く鉢は何日も前から乾燥に耐えてなければなりません。

乾き過ぎた鉢が可哀想だからと少し水やりを早くすれば、乾きの遅い鉢はいつまでも湿っぽいミズゴケのままで過ごさなければならないのです。

「富貴蘭古新聞台ゴケ法」で植えても乾きに当然むらは出ます。

ですが全体的に乾きが早いのでその乾きにむらがあっても、最終的に2-3日で乾ききってしまうのです。これが乾きが良いことの利点なのです。

全部ミズゴケでしっかり植えてあるほど富貴蘭は乾きにくくなり、水を与えてから乾くまでの期間が長いのも、しっかり乾かしたとしても乾燥までの間が長ければ富貴蘭にとっては多湿気味と何ら変わりありません。

乾きが悪いと多湿気味で根先が悪くなることもあります。また蒸れでより根が傷むなんてことも発生しやすくなります。植物って根にも酸素が必要なので、多湿でも新しい水分で酸素供給がされているうちは根の伸びが良かったりします。それにミズゴケが生き返って繁ったりするのは、これはもう一種の水耕栽培です。

富貴蘭のミズゴケ植えで一種の生ミズゴケ水耕栽培に近い栽培方法は、これは危険との隣りあわせです。

太陽の熱線照射で簡単に焼け死んでしまいます。

まして近年の盛夏の異常状態は、そういった多湿環境に大打撃を与える可能性があります。対策としては強送風と強遮光が必須要件となるでしょう。

というより富貴蘭は色々な環境で栽培される可能性があるので、殖えた植物を他の方に譲るような可能性がある方は、このような特殊な栽培をしないことが肝要かなと思います。

この「富貴蘭古新聞台ゴケ法」とプラ鉢の組み合わせはさらによく乾きます。早く乾くために鉢ごとに乾く時間差も感じないほどです。

屋上の屋根のない棚では、晴天時には2日でからんからんに乾きます。その為水やり後一日目は、葉水をかけて与える事が出来るようになりました。

ミズゴケ単用では同じように植えているつもりでも、一鉢一鉢ミズゴケが多かったり少なかったりしているものですから、乾きも植えてある個体によっても違ってきます。そして均しく乾くまでの日数に相当の差が出ます。「富貴蘭古新聞台ゴケ法」では乾くまでが早いので、鉢ごとの乾きの差が最短となります。

「富貴蘭古新聞台ゴケ法」の利用は、楽鉢や素焼鉢などでさらに工夫して応用してください。素焼鉢など小型の苗の時はより小さな古新聞紙を丸めてミズゴケで包んで台ゴケとして使っています。

古新聞を丸めてミズゴケの中に入れて台ゴケにする植え方はアグラオネマ・ピクタムを植えるときに始めました。ダンボールがウチョウランの実生などに良い頭話は古くから知られていたので、同じパルプなら古新聞でも生育に良いのじゃないかなあと思ったからです。

アグラオネマ・ピクタムなどの多湿環境では古新聞はどろどろ状態になって黒くなっていますが、それでもアグラオネマ・ピクタムなどは元気に育つ気がして、今は植え替えで必ず古新聞を丸めたものをミズゴケで包んで、それに根をはわせて植えこむようにしています。

「富貴蘭古新聞台ゴケ法」に行きつくまでに、山野草のミズゴケ植え新聞紙巻、アグラオネマ・ピクタムのミズゴケ植え時に新聞紙の丸めたものを入れる植え方、そして富貴蘭新聞紙巻いただけ植込みまでの時間の流れがあるのです。

その古新聞を利用した植込み方から考案した「富貴蘭古新聞台ゴケ法」を今年から実践しています。 本当に根の出が良いのです。根が良く出ることは作上りに繋がります。

ですがこの「富貴蘭古新聞台ゴケ法」で欠点が今のところ一つあります。

濡れた古新聞はなんとナメクジの大好物です。

濡れた古新聞はナメクジの大好物ということは、「富貴蘭古新聞台ゴケ法」はナメクジをおびき寄せる効果もあるということです。 鉢底から見た「富貴蘭古新聞台ゴケ」です。この鉢はナメクジに襲われ、古新聞と富貴蘭の根を食害されました。

濡れた古新聞がナメクジを呼び寄せ濡れた古新聞も食べるけど、ついでに箸休めとばかりに、出始めた富貴蘭の根も食べて行きます。

これを知ってから、ナメクジ掃討大作戦を展開しました。

棚の足にはナメクジの嫌う銅のテープを巻く。銅のテープは百均の園芸コーナー辺りで手に入ります。銅線も百均で購入した方が安いです。

ハイポネックスのGSナメトールの散布。

GSナメトールも効果あります。

深夜の見回りでナメクジ捕殺。

それでやっと最近はナメクジをほとんど見る事が無くなりました。

何しろ屋上の富貴蘭栽培をしている隣が家庭菜園なので、そちらにナメクジがいるのです。

まだナメクジの卵が地中に残っている可能性が間違いなくあるので、時間差でGSナメトール散布と、夜間の捕殺が必要になると思います。

ということで残念ながら「富貴蘭古新聞台ゴケ法」は、ナメクジの出る棚では利用できません。

「富貴蘭古新聞台ゴケ法」を試すなら、まずナメクジ対策でナメクジ退治薬散布と、棚の足にナメクジ対策の銅テープを巻いて、ナメクジの進入を止めるなどの対策をしっかりして下さい。

魚類の白点病の治療薬として昔は硫酸銅(今も使うのかな?)を使いました。硫酸銅を使用すると水が青くなり、魚類にはそれほど影響がないように見えても無脊椎動物のスネールなどは一発で死にます。海水魚ではイソギンチャクなどがやられてしまいます。

こんな風に確かに無脊椎動物は銅を嫌いますが、陸上ではナメクジの銅テープや銅針金で神話に近いような忌避効果を鵜呑みにはしないでください。銅線を跨いで進んだなんて実例もあります。故に銅製品は忌避効果があるが、絶対ではないようです。

そのナメクジ対策は他にはどうすればいいのか、それは濡らした新聞紙を軽くくしゃくしゃにしてプラ鉢に入れてナメクジの出そうなところに置いておけばナメクジが寄ってきます。それを捕殺します。

「富貴蘭古新聞台ゴケ法」って、なめくじ退治方法にも使えるのです。凄いねえ、とだれも褒めてくれないから自画自賛(笑) 他には飲み残しのビールでナメクジをおびき寄せるなどです。

「富貴蘭古新聞台ゴケ法」は良く乾くと言いましたが、それなもっと良く乾く朴着けの富貴蘭の方が生育が良いかというと、朴着けの富貴蘭の場合も着生してしまえば根は多く出てきますが、草体そのものの生育状況は成績が悪いです。

なぜなら着生蘭にとって乾きが早くなるのは良いことですが、朴着けなどのように水が一定期間保てない状態では、いつも水に渇望していて木が瘠せてしまいます。だからその中間で程良いのが「富貴蘭古新聞台ゴケ法」のなです。

教えたくないと思っている「富貴蘭古新聞台ゴケ法」を公開するからには、是非「富貴蘭古新聞台ゴケ法」を試してみてください。

ただし乾きが早くなるので、その分水やり回数は増えます。水持ちがよく更に乾きが早くなり、水やり回数が増えるのは富貴蘭にとって最高の環境となります。

古新聞台ゴケは最初、乾き過ぎるかもと思うからです。植えつけてしばらくは良く乾きますが、古新聞台ゴケが馴染んでくると、乾きもそれなりになりますが、ミズゴケ単葉よりはやはり早いです。

「富貴蘭古新聞台ゴケ法」は、富貴蘭栽培を多分イージーにさせます。

※2016年12月23日現在、自分は古新聞台ゴケ法でないと植え替えが面倒な感じで、全ての富貴蘭を古新聞台ゴケ法に変えています。なにしろ植込みもごく早く出来るのです。

古新聞台ゴケ法は乾いた新聞紙で作るので、植えこんでいて硬くしっかり植える事が出来ます。水やり後は新聞紙も濡れで柔らか目になるので、鉢底から指を入れて外側に向かって古新聞を圧着させないようにしましょう。これをやると、鉢が乾くとミズゴケが若干縮小したようになって鉢とミズゴケに空間が出来て鉢から抜け落ちやすくなります。ミズゴケ単用でもそうなりますが、その程度が若干高めになります。

更に高価なミズゴケの使用量を抑える費用効果も高いです。

そして「富貴蘭古新聞台ゴケ法」で、富貴蘭栽培の成功を勝ち取ってください。

しかし「富貴蘭古新聞台ゴケ法」では、くれぐれもナメクジの襲来にはお気を付け下さい。今も夜中に懐中電灯片手に家庭菜園にいるナメクジ捕殺をほぼ毎日やっています。フウラン棚にナメクジはいなくなりましたけど、隣が菜園なのでいつ襲ってくるかもわからないので、菜園のナメクジ撲滅作戦実行中なのです。秋口までは続ける予定です。

実験するというのは一種の人柱です。

真似をされて失敗されても当然その責は負えませんので、自己責任で試されるが良いでしょう。またマンションの高層階や風衝地帯では、その環境で風通しが良くてミズゴケの乾きも早く、その結果自然と木(富貴蘭)も詰まって出来るので、この「富貴蘭古新聞台ゴケ法」はミズゴケの使用量削減目的以外には必要ないと思います。


作成2016年7月9日
文責:厳島静吉
リンクにコピーや転載はご自由にどうぞ。ただし出所を明確にすること(^^)b