まずは運転席まわりから


ステアリングが
モトリタのウッドタイプに変更してあります。これは67年シェルビーに使われたものに似せて
クラシックマスタング用(66-72)に作られたもので、なかなか高品質ですし、よく似合います。
中央にはコブラマーク。この写真は15インチサイズのものですが、その後、
14インチに変更しました。
ダッシュ上のディスプレーは
カーナビ。ダッシュボードの中央のくぼみにうまく収まるものを選びました。

このディスプレーの位置は非常に見やすいです。運転にも邪魔になりません。本体は運転席の下にあります。

 


国内で
本革シートに張り替えました。クッションもランバーサポートを強化してあります。
この写真はフロアマット(ループパイル)が黒ですが、その上の写真ように今は赤に変更。
コンバーティブルは、夜にドアを開けると足元が照明されるので、赤だと引き立ちます。

 


こちらは
リヤシートです。座っているのはジャガー君。ジャガーディーラーに通った時の名残です。
XJSにオープンがあればな・・・。前席のウッド風アームレストも、うちの家内には好評です。

 


前・後席のシートベルトです
前席用はELR(緊急時ロック)式3点式ベルトを装備。
サイドの灰皿を殺してその穴から出しています。安全にかかわる部品なので認可を含め結構大変な改造です。
69年型からは3点式がオプションで存在しましたが、コンバーチブルには設定されていませんでした。
屋根からベルトをつるせないからです。この改造ではシートの肩部にフックをつける改造を行っています。
リヤのシートベルトはオリジナルとは形が違うリプレース用品です。リヤシートの横に丸く見えるのは
リヤスピーカ

 


デラックスインテリアの標準品だった
時計ですが、見た目オリジナルながら、中身は最新クオーツ
米国のファンからも「どこで手にいれたの?」と問い合わせがありましたが、これは特注品。
でもね、これって位置的に運転席からは見えないのよね。フォードはなに考えてんだろ?

 
というわけで、運転席前のガラスに反射させる方式の時計として
VSDを装備。
時計の回りはタコメータとして動作しますが、目盛がないので実用にはなりません。
タコとしては以下のようにデジタルタコメータDSM340を装備しています。

 


メーター類です。スピードメーターはkm/hに修正。
中央にあるのは
デジタル・タコメーターDSM340で、オーバーレブ警告付き。

 

 オーディオは、旧規格のラジオベゼルを変更して、現代のDINオーディオを収めています。機材はKenwoodのCDレシーバー、E303です。CD-R/CD-RWに加え、 MP3、WMAの圧縮フォーマットに対応しています。なお、これに変更前は、旧規格で製造されていた米国仕様のKenwood製カセットレシーバをFM周波数バンド変更用コンバータ併用で使っていましたが、AMの周波数は正確に合わず、ノイズが入って不便でした。

 


さらに
12連装CDチェンジャー(JVC製)と6連装MDチャンジャー(SONY、MDLP対応)を搭載しました。
総音楽容量は約47時間!オーディオとはFM帯のRFコンバータで繋がっています。
ちょっと複雑ですが、音質、FMの感度とも問題は発生しませんでした。

 

 


シフトレバーの後にうまく収まっているのは
デジタル電圧計(右の写真)。
これは電流計よりずっと役に立ちます。電圧低下や過充電も音で警告。

 


ペダル類です。ゴムやステンレス・リムとかもNEW。ブレーキ中央の丸はディスクブレーキ仕様の証。
左奥に
ディマースイッチが半分見えてます。上は補助冷却ファンのスイッチ
右に先だけ見えているのは
間欠ワイパーのコントローラ(米国製)

 


この車には
キーレスエントリが装備してあります。これはとにかく非常に便利です。(詳細

こんな風に、ドアにもリモコンを貼りつけてあって、自動で施錠開錠が可能。
この方法ですとドア内部の配線本数を2本まで簡略化できます。
左に見えているスイッチは
パワーウインドウで、米国で移植したクーガー用です。
69マスタングのパワーウインドウ仕様は米国でも稀ですが、パワートップなのに窓が手動
なんてわけにはいかないというのが私の考えで、かなりこだわってパワーにしました。
ドアを開くと窓が数cm下がり、ドアを閉めると数cm上がって、トップとの隙間を
しっかり密閉する新機構
も追加してあります。
右上に見えるのはサイドミラーのリモコンレバー。メカニカルタイプです。

 


クルーズコントロールも装備し、快適な高速長距離ドライブが楽しめます。
これは米国市販の汎用品。結構付けるの大変でしたが、性能と信頼性は現在車の
純正品と比べても遜色なしです。車検はOK。写真はハンドル脇のタップスイッチ。(
詳細

 

こういった装備のスイッチ類はステアリングコラム上に設置して操作性を高めました。

 


これは
69マスタング専用ドリンクホルダー。シートベルトバックルを差し込むところにはまります。

 

 

マスタングのトップページへ