河岸の風景 (ボゴロツコエ)


崖の上の建物 岸のそば住居群


 波止場の前後の河岸の風景。河から見て桟橋より左側は小高くなっていて白いアパートのような建物が並んでいた。逆に右側は戸建て住宅の集落であった。   (2002年8月撮影)


   前のページへ   次のページへ   目次へ戻る




道 (ボゴロツコエ)


牛のいる道 木道


 村の道。やはり舗装はされてなくて、ここでも放し飼いの牛がのんびりと歩いていた。歩道部分が木道になっている道がこの村にもあった。    (2002年8月撮影)


  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




村の風景 (ボゴロツコエ)


村の風景


 ある民家の敷地の中から眺めた村の風景。    (2002年8月撮影)


  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





干魚 (ボゴロツコエ)


干魚


 その民家の外壁に吊されていた干魚。アムールで釣り上げたものであろう。それにしてもロシア人も干物を作るということを初めて知った。私は塩漬けばかりだと思っていたのだ。   (2002年8月撮影)

※ ロシアに留学経験をお持ちのLENIさんとおっしゃる方からメールをいただき、ロシアでも魚の干物は珍しくないとのことでした。電車で旅行すると停車駅のプラットホームにおばさん達が売りに来るそうです。ビールのおつまみ用だとか。



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る




文化会館 (ボゴロツコエ)


文化会館


 村の文化会館。たいていの村にこういう施設があるから、おそらく日本での公民館のような役目をしていると思われる。   (2002年8月撮影)


  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る