トナカイ放牧地


テント


 エニセイ川の下流域でトナカイを飼育して生活を営む人々の拠点。  (1999年8月撮影)
道具と



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る







トナカイ


トナカイ1

 放牧されているトナカイ。  (1999年8月撮影)
トナカイ2
夕陽のトナカイ

 夕暮れ時に逆光で。

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る








苔

 トナカイ飼育者はトナカイの餌となるこの苔を求めて移住して歩く。北方のために植物の生育は遅く、同じ場所がトナカイの餌場として使えるようになるには9年の年月を要するという。  (1999年8月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る







ウスチ・ポルト


ウスチ・ポルト

 エニセイの河口に近いウスチ・ポルトの村。戸数がいくらもない寒村で、魚の工場が一つあるほかはトナカイや狐の飼育で生活している様子であった。村のまわりはもうまったくの草地で、ここに写真は載せてないが荒涼とした風景が広がっていた。  (1999年8月撮影)



港

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る







犬(ウスチ・ポルト)


犬

 この村を歩くと子どもと犬が多いのに気づく。子どもが多いのは大人はトナカイの放牧で村を離れているから。犬が多いのは冬季に橇をひかせるの欠かせないからだそうだ。  (1999年8月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る