臨時切手 (ロシア)


ロシアの臨時切手


 これも証紙なのか臨時切手なのか微妙なところだ。ことに同じようなものが一方は紙片で、もう一方は押印されているので余計に悩ましい。これもさきほどと同じ理由で臨時切手と私は判断したがどうなのであろうか。1995年3月にロシア北方のアルハンゲリスク市から受け取った手紙。

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る







加刷切手 (アゼルバイジャン)


アゼルバイジャンの加刷切手
 写真のアゼルバイジャンの切手は当初左上に印刷されていた額面を書きなおしていることがわかる。
アゼルバイジャンの加刷切手2

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る







加刷切手 (ロシア)


ペテルブルクの加刷切手
 これは1カペイカの数字を消して(消し線〜がずれているところがやはりロシア!)500カペイカ(=5ルーブル)にしてある。どういう事情なのかよくわからないが、金額だけでなく「サンクト・ペテブルク」の文字も加刷されているのがわかる。まさか、独立や自治を主張したわけではないだろうし....。1992年6月にペテルブルクから受け取った郵便。


前のページへ
次のページへ
目次へ戻る







ウクライナの切手


ウクライナ

 独立後のウクライナの切手。額面を数字で表記してないのはおそらく前に説明した事情。

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る